<   2006年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

レストランCan Travi nou

パトリシアとルイスのコンサートの後、みんなで車でレストランに行きました。

そこは昔の古い家Masiaで、入るとブーゲンビリアで覆われた建物があります。
b0064411_7315377.jpg


b0064411_732221.jpg


b0064411_7324278.jpg


緑いっぱいです。
b0064411_733129.jpg


b0064411_7333287.jpg


b0064411_7335157.jpg


b0064411_1484281.jpg


食事するところはちゃんとした屋根があります。 壁は無く、すだれがかかっています。

b0064411_7343439.jpg


今日は真夏のように暑かったのに、ここは風が通り抜けてとても涼しい。

まずはシャンペンで乾杯。今日はソプラノのパトリシアのお誕生日なのだそうです。
それからおつまみを何種類か取って、メインは
b0064411_7365635.jpg

arroz negro、イカ墨のパエジャです。 いい味でした。

これはトイレの窓b0064411_7375534.jpg



この雰囲気、田舎に行ったようでとても気に入りました。

Can Travi Nou Final c/Jorge Manrique s/n
tel. 934 280 301

楽しいおしゃべりの後、家に帰ったのは5時。

8時からはオペラAriodanteを見にリセウ劇場へ。

今日はバルサがヨーロッパチャンピオンで勝ったのです!!ランブラスのあたりは大変な騒ぎ。今夜はうるさくて眠れないでしょうね。バルサ、よくやった!

明日から日本に一時帰国です。2週間ほどブログの更新はできないと思います。
また帰りましたらいらしてくださいね。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-18 07:47 | レストラン、バル restaurante | Comments(22)

Parque de Laberinto 迷路公園

今朝は朝9時半から眼科医の定期健診でした。
最近とみに視力が弱くなり、6月早々にレーザーで近視の矯正手術を受けることになりました。それでいろいろな検査をやったのですが、何かの手違いで散々待たされ、病院を出たのは12時15分でした。

12時から友人のソプラノ、パトリシアとピアニストのルイスのコンサートがあったので、もうとてもだめだと思いましたが、場所が Parque de Laberinto、迷路公園といって、バルセロナでも一番古く一番美しい公園なので、タクシーを拾って行きました。
タクシーの運ちゃんも道を間違えたりして、着いたのは12時半過ぎ。

入り口に立派な建物が。これはTorre Subiranaといって、1200年に建てられたもの。
b0064411_6522970.jpg

ここは18世紀に建てられたLlupia公爵の宮殿で、庭が10ヘクタールほどあります。
どこでやっているのか公園の中をうろうる。とにかく広いのですもの。
b0064411_6552138.jpg

ここには有名な迷路があります。

b0064411_6561315.jpg


b0064411_6563380.jpg


b0064411_710346.jpg


あちこちに、愛をテーマにした美しい像が
b0064411_657519.jpg


b0064411_6581687.jpg


b0064411_65845100.jpg


噴水もいたるところに
b0064411_6591748.jpg


ずっと上ってゆくと
b0064411_70937.jpg


小さな建物があります。
b0064411_712799.jpg

誰かが窓辺に立っています。 あっ、パトリシア!

「エツコ!よくきてくれたわね!」
彼女はとても喜んでくれました。ピアニストのルイスも、東南アジアに4ヶ月も旅行して帰ってきてから初めて会ったのです。

そこは素敵な場所でした。
b0064411_742296.jpg


b0064411_744186.jpg


b0064411_751049.jpg


b0064411_752686.jpg


天井にも一面に美しいレリーフが
b0064411_761610.jpg


b0064411_771412.jpg


さらに奥に池と噴水があります。
b0064411_782071.jpg


b0064411_785326.jpg


b0064411_791663.jpg


コンサートは終わっていました。でも私のために、一曲歌ってくれたのです。
b0064411_711844.jpg


そのあとルイスは、今度の日曜日のコンサートに弾くモーツアルトやドビュッシーを弾いてくれました。
b0064411_712153.jpg

彼はすばらしいピアニストです。弾いているのを見ていると、まるで手の動きがマッサージしているように見えます。本当によく楽譜も見ないで弾けること!!
彼は時々、窓の外の美しい景色を見ながら弾いていました。

素敵な場所で、音響もよく、本当にうれしかったです。

その後、みんなで素敵なレストランに行きました。そのことはこの次に。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-18 07:18 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)

バラの花びら

初めて買ったバラの鉢は2本長い茎がついていて、一本に真っ赤なバラが付いていました。
ずいぶん長いこと咲いていてくれましたが、この間手で触ったら、はらはらと花びらが全部落ちてしまいました。

この花びら、どうしようか・・・・?

手に取ると、ほのかに甘酸っぱい香りがします。

たった一日だけでも、香りを楽しみたい・・・・

それでガラス鉢に入れて、台所に置きました。

b0064411_623647.jpg


この日は通りかかるたびににおいをかいでいました。

その前、バラ公園で拾った花びらも

b0064411_6234642.jpg


やっぱりガラス鉢に入れて、その日一日、香りを楽しみました。

開ききったバラは、もうドライフラワーにするにはちょっと遅いけれど、でも香りをこんなに楽しめるなんて。
また、朝早く公園に行って、落ちた花びらをもらってこよう、と思いました。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-17 06:19 | 日々のこと cotidiana | Comments(4)

セルバンテス公園の今年のバラ、もう少しご紹介させてくださいね。

Ada dent par
b0064411_21202.jpg


Amesist
b0064411_2123060.jpg


Bolchoi
b0064411_2133846.jpg


Crocus rose
b0064411_2143070.jpg


Elizabeth Harkness
b0064411_2152425.jpg


Fritz Nobis
b0064411_21292514.jpg

b0064411_21294919.jpg


Gaudi
b0064411_2175557.jpg


Gertrude Jekyl
b0064411_2183367.jpg


Golden wings
b0064411_219454.jpg


Jacarque
b0064411_2195027.jpg


名前がついていない新種
b0064411_21112140.jpg


b0064411_21115467.jpg


b0064411_21122033.jpg


b0064411_21125685.jpg


b0064411_21133825.jpg


b0064411_21141276.jpg


b0064411_21145121.jpg


b0064411_21154432.jpg


b0064411_21161487.jpg


b0064411_21172271.jpg


San sousi
b0064411_21185886.jpg


Suni
b0064411_21203095.jpg


Teasing georgia
b0064411_2124848.jpg


the Prince
b0064411_2125613.jpg


Perdita
b0064411_2126769.jpg


この季節はどうもバラブログになってしまうけれどお許しを。
セルバンテス公園の新種バラコンテストは、インターナショナルなので、世界中から新種を受け付けています。日本からでもどうぞ! ここに出ている新種は去年受賞したバラたちです)

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-16 21:27 | 花・植物 plantas | Comments(4)

San Feliuのバラ展示会

San Feliuは バルセロナの外に隣接した小さな町ですが、この週末、スプリング・フェスティバルをやっていて、ばらの展示会があるというので、行ってみました。

展示会場になっているFalguera宮のある公園は、先に書いたハーレイのオートバイが集合して大変な騒ぎ。そこを通り過ぎてさらに行くと、美しい宮殿がありました。こんな郊外の町に、とちょっと意外でした。
b0064411_7143135.jpg


この宮殿は17世紀にJauma Falgueraによって建てられた建物で、1995年に市が買い上げ、2800平米の宮殿は展示会場として、また1.5ヘクタールの庭園は公園として市民に開放されています。

b0064411_7193298.jpg


b0064411_7205334.jpg


b0064411_7212961.jpg


b0064411_7215057.jpg


b0064411_7221111.jpg


バッカス神の像



内部は改装されていますが、天井はオリジナルのようでした。
b0064411_7244717.jpg


そこにはこんなバラのアレンジが。 あんまり好みじゃないんだけど。

b0064411_725527.jpg

b0064411_7261152.jpg
b0064411_7262399.jpg
b0064411_7263668.jpg

b0064411_726581.jpg


建物の後ろ側の礼拝堂はとてもきれいでした。
b0064411_7282165.jpg
b0064411_7283464.jpg
b0064411_7284948.jpg
b0064411_729460.jpg
b0064411_7291770.jpg
b0064411_7293749.jpg
b0064411_7295686.jpg

b0064411_72749100.jpg

b0064411_7302095.jpg


建物の前に大きなテントが張られ、そこではバラの展示会をやっていました。
b0064411_731534.jpg
b0064411_7361153.jpg

b0064411_7333011.jpg

たくさんのバラが出品されていました。
b0064411_734561.jpg
b0064411_7341939.jpg
b0064411_7343611.jpg

b0064411_7345921.jpg

b0064411_7352198.jpg


盆栽展もありました。
b0064411_7442885.jpg


これはなんだろうと思ったら、
b0064411_7372311.jpg

よく見ると、バラずくしのようです。バラの模様のお皿にバラのジャム、バラのお酒、バラの座布団カバーetc. クロスにもう少し気を使えばいいのに。あんまり素敵には見えなくてちょっとおかしかったけれど。

このフェスティバルで、200種、15,000本のバラが使われたそうです。私はやっぱりバラ園に咲いているほうがいいな~。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-15 07:31 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(6)

Harley Davidson集合!

よく晴れた土曜日、コンサートの後友人とSan Feliuに行きました。
目的はバラの展示会だったのですが、会場近くに行くとものすごいエンジンの音。

b0064411_1917367.jpg

b0064411_19175628.jpg


Harley Davidsonのオートバイが勢ぞろいしています。
私はオートバイには興味がないけれど、これだけ並んでいると壮観!
b0064411_1919575.jpg
b0064411_19191729.jpg
b0064411_19193112.jpg

このオートバイに乗るにはそれなりの服装も必要らしい。
b0064411_19201471.jpg
b0064411_19202723.jpg


b0064411_19204170.jpg


大きい~。後ろに黒ヒョウが乗っています。
b0064411_19205870.jpg

b0064411_19222261.jpg

b0064411_19224269.jpg


b0064411_1923866.jpg


カーボーイハットにウェスタンブーツ、ジーンズの人たちがハーレイダンス(?)をやっていました
b0064411_1924365.jpg

みんないい体格ですね。ハーレイに乗るにはまず体力が必要かな?

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-14 19:28 | Comments(2)

セルバンテス公園の中でも特にお気に入りのバラ、ロココです。

b0064411_18411189.jpg


b0064411_18412767.jpg


b0064411_18415430.jpg


b0064411_1842643.jpg


b0064411_18422765.jpg


b0064411_18425312.jpg


b0064411_18431351.jpg


b0064411_18432674.jpg


このバラは本当に貴婦人のようなバラ。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-14 18:45 | 花・植物 plantas | Comments(2)
今年はモーツアルト年で沢山のイベントやコンサートが催されていますが、私の行っている音楽学校も、ささやかながら色々なイベントがあります。

学校の玄関ホールには、モーツアルト関連の色々な記事や写真が展示されています。ホント、ささやかですが。
b0064411_743589.jpg


b0064411_7432545.jpg


b0064411_7445767.jpg

モーツアルトの絵本もあるんですね。この学校の生徒は小さい子が多いからね。

b0064411_746130.jpg

b0064411_7465310.jpg



そして今日はモーツアルトのマラソンコンサートでした。
マラソンコンサート、と言うのは、朝から晩まで、ずっと誰かがいつも演奏しているという指向のコンサートです。
朝10時から、夜は何時までやっていたのか、わかりません。だって、私はトップバッターでしたから。
朝9時半に行くと、まだステージの用意もできていませんでした。
一人でフルートを吹いていると、やがて先生のモンセがやってきました。そして校長先生も来ると、まだ何も準備してないステージを見るなり怖い顔をして、ぶつぶつ言いました。
私たちはピアノを動かしたり、要らない椅子やテーブルを楽屋に片付けました。

ピアノのホコリを払っているモンセ↓
b0064411_7524717.jpg


そうこうしているうちに10時になってしまい、伴奏のピアノと一緒にリハーサルできませんでした。 
ヴァイオリンの先生のスタニスラがやってきて、
「オラ~、君が真っ先に演奏するのかい」
と調音しながら聞きます。
聴衆がぞろぞろホールに入ってきました。私たちはステージの横で待ちました。

校長先生が結構ながながとコンサートの趣旨やどんな曲の演奏があるかを述べたあと、私たちはステージに出て行きました。
朝10時からなんて誰もこないと思っていましたのに、結構来ているではありませんか。
初め、「魔笛」から3曲。 
夜の女王のアリアのとき、先生ちょこちょこ間違えて、不協和音になってひやひやしました。三曲目の「試練のマーチ」ではいやに遅くなるし。 先生はずっと忙しくて、練習する暇が無かったので、先生のために木曜日も2時間半リハーサルしたんですが。

ソナタK13を演奏したときは、先生かなり苦しかったようでした。これはフルートよりピアノのパートのほうがずっと大変なのです。メヌエット2を演奏するとき、ピアノが先に始まるのにちっとも聞こえてこない!ままよ、と私は吹きはじめ、すぐモンセも気がついて後は大丈夫でしたが、困る~。

終わったあと、モンセが舞台の袖で、
「メヌエット2、忘れちゃった」
とささやきました。
サンクガットから駆けつけてくれたソプラノのパトリシアが、楽屋に入ってきてくれて、
「良かったわよ、とてもいい音だった」
と言ってくれました。
私たちは連れ立って外に出ました。
「あなたがピアノを救ったわね」
さすがモンセの前では言えなかったのでしょう。
フルートのパートは何度も演奏したものでしたし、比較的易しいものでしたから問題は無かったのですが、ピアノのパートはかなり大変だったようです。

それでも終わってホッ、でした。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-14 08:10 | フルート flauta | Comments(2)
来週早々、私たちの結婚記念日があるのですが、夫は例によって出張になるので、少し早く記念日を祝いました。レストランは、我が家からもっとも近くて、いつだって行きたいレストランの筆頭に来る、ネイチェル。

ネイチェルは年に一度がせいぜい。でも行くときは、きちんとした服で行きたいレストランです。
レストランは9時から。この時刻、バルセロナはちょっと肌寒いので、薄手のスーツの上に軽いコートを羽織って行きました。 
家からたった3分くらいの距離なのに、それにしょっちゅう前を通っているのに、実際に行くとなるとわくわく。

レストランの扉の外にはドアマンが立っていて、さっとドアを開けてくれます。本当はドアの外のキャンドルの飾りの写真を撮りたかったんだけれど... かろうじて、夫が先に入ったところを撮りました。
b0064411_654346.jpg

因みに、顔はちょっといじってあります。
突き当たりはバーになっていて、待ち合わせをしたり、始まる前ちょっと引っ掛けたりできるところ。壁に描かれた木が、天井にまで伸びていて、とても素敵です。

早速席に案内されました。 

b0064411_683984.jpg


高級レストランですが、比較的シンプルで、ごてごてしていないのも気に入っています。

b0064411_693429.jpg


店内は、開店早々だからまだ3組しかいないけれど、ほど無く満員になりました。

アペリティフはシャンペンを軽く一杯。メニューはDegustacion, お試し料理、というか、日本の会席料理のようなもので、少量ずつ沢山の種類が出てくるのです。

b0064411_613454.jpg
テーブルの上に用意されていたおつまみは、長い粒のお米を揚げたもので、おせんべいの変形。かりっと美味しい。



ワインはシャトーヌフ・デュ・パープを選びましたが、初めのオードブルや魚のために白ワインをグラス一杯頼みました。  
b0064411_6165049.jpg


初めは長ネギの一口スープ。上にあわ立てたクリームが乗っていて、とても上品で美味しい。
b0064411_618113.jpg

夫はあまり好きでなかったらしく、私のほうによこします。それで2杯飲むことに。

次はタコのピンチョと、後ろはサーモンのたたきにアルファルファをかけたもの
b0064411_620190.jpg

一口ずつっていうのがとてもいい具合です。どれも美味しくて、もうちょっと食べたいな!と思わせる。

次に出てきたのはフォアグラ付きサラダと野菜のタルタル
b0064411_6215936.jpg


それから真ん中がへこんだお皿に出てきたのは温野菜にエビが乗ったもの。とっても上品なお味です。
b0064411_623210.jpg


次が魚介類をさっと煮て、トリュフのおろしをかけたもの。ここでは珍しい帆立貝が
b0064411_6555632.jpg


次が牛頬肉の煮込み。
b0064411_625262.jpg


また、ここのパンはとても種類が豊富で、自家製。オリーブ入り、ナッツ入り、タマネギ入りetc...こんなに美味しいパンはめったに食べられないので、つい、もう一ついただいてしまう。

食事の後のチーズ。大きなワゴンに30種類くらい乗ってきます。私はヤギのチーズだけを少しずつ切ってもらいました。

b0064411_6281267.jpg


デザートの前の口直しのマンゴーのシャーベット
b0064411_62923.jpg


デザートは、ここの売り物。大きな2階建てのワゴンが2つも出てきて、何十種類あるかわからないほどの沢山のケーキやプリン、ムースなどなど...目眩がしそうです。おなか一杯でもみたら欲しくなってしまう。
b0064411_6305010.jpg


私はムース類だけを少しずつ取ってもらいました。みんな別のソースがかけてあります。
ムース類だけでこれだけの種類があるのです。
b0064411_6321545.jpg


夫は外食が続いているので、賢く果物だけ少しずつ取ってもらっていました。
b0064411_6332328.jpg


おなか一杯! 満足して最後のコーヒーを頼むと、(私はいつもカモミールを頼みます)さらにこんなにいろいろな種類の甘いものが!
b0064411_634433.jpg


それがまた美味しいのです
b0064411_6351398.jpg


どれもこれも全部自家製です。
b0064411_6354324.jpg


スワンの可愛い砂糖入れ
b0064411_6363385.jpg





ここの食事は、あまりにも美味しく、さらに昔からいるメトロディの応対も素晴らしい。
ここに来るたび、いつでも最高の気分にさせられてしまうのです。
このレストラン、今年で25周年だそうです。要予約

Neichel HP http://www.neichel.es/

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-13 06:52 | レストラン、バル restaurante | Comments(12)

サリア地区の聖ポンス祭

午前中、Hospital通りの聖ポンスの露店をひやかして楽しんだあと、サリア地区の聖ポンス祭に行って見ました。

午後は土曜日のモーツアルトコンサートのために2時間半のリハーサルがあったので、その後、夕方の6時くらいでした。
まだやってるかな?とちょっと心配でしたが、大丈夫でした。 そればかりか、Hospital通りよりもいろんなお店が出ていてうれしくなってしまいました。

b0064411_16115038.jpg


b0064411_16121624.jpg


b0064411_16123047.jpg


b0064411_16124298.jpg


b0064411_1614292.jpg

おまけに今年は25周年記念だそうで、







買った人にはこんな布の袋までくれるんです。b0064411_16181734.jpg



2メートル四方くらいの大きなガラス張りの箱に、本当の蜂の巣箱が置いてあって、ハチがぶんぶん飛んでいました。
b0064411_1620067.jpg


その横に、防御服(?)が。 お~い、ハチが外にいるよ!!
b0064411_16205688.jpg


ハチ(ミツ)グッズ
b0064411_16214023.jpg


サリアの露店には、手づくりサラミやソーセージのお店が。これ、欲しかった! 
b0064411_1622565.jpg

ここのセニョールが親切で、気前良くみんなちょっと切ってお味見させてくれるんです。やっぱ、買っちゃうわね~。 例の布の袋に入れてくれました。

こちらは手づくりパン屋さん。オレンジやココナッツ入りです。
b0064411_16252521.jpg

このマダムもとても親切。
b0064411_16255836.jpg


そのお店に、自家製モスカテルやリキュール類が並んでいました。
b0064411_1627928.jpg

ビンにはラベルも貼ってなく、白いマジックで字と絵が描いてありました。あまり甘くないのと2本、買わずにいられません!
マダムが、あまり甘くないほうをさして、
「それ、私のお気に入りなんですよ」
ややふっくらした体型でとても素敵なマダムでした。

こちらの店にはトリュフが。
b0064411_16303896.jpg

きのこのムースにきのこの瓶詰めをゲット!

大きい葉っぱのイチゴの植木鉢もいっぱい! つい、2鉢ゲット!もう赤い実がついています。
b0064411_2145674.jpg


オリーブ屋さんも出てました。
b0064411_16351122.jpg


山のような荷物になり、フルートを入れていたリュックにも詰めたけれど、それでもまだ3つも袋が。よせばいいのに、さらに途中の果物屋さんで、ナシやニンジン、キーウィなど買い込みました。果物がないとお弁当にも困るし。
レジでお金を払うとさらに2つの袋になりました。そこに店員さんが、大きなレタスをポンと放り込み、
「これ、おまけね!」
袋だらけになって、家までの長い道のりをよたよたして帰りました。

さて、これらがサリアで買ったものです。

b0064411_16422049.jpg


b0064411_16455870.jpg


左から、手づくり生ハム、きのこの瓶詰め、きのこのムース(キノコ型のビンがかわいいでしょ)、
きのこのアペリティフ、ヤギのチーズ、長いのが手づくりサラミ、黄色いのはチーズのプディング。 2本のワイン。

b0064411_16471458.jpg

あっ、ココナッツとオレンジのパンも両方はんぶんずつ買いましたよ。

黄色いほうが甘いワインのモスカテル。濃い色があまり甘くないガルナック。手で書いてあるのがいかにも手作り風でしょ。
b0064411_1648132.jpg


食べ物を一杯買い込むと、なんて幸せなんでしょう! 私やっぱり食べることが大好き!
ふう...それにしても重かったわぁ。 我が家のエンゲル係数、ものすごく高いと思います。男3人だし。お分かりいただけるでしょう・・・・

追記: イチゴの鉢を2つ買ったのですが、1つには大きな赤いイチゴがぶら下がっていました。ベランダに出しておいたら、今朝、なくなっている! トリが食べちゃったんです。ベランダの隅に、食べ残りが落ちてました。
このイチゴの鉢はトリさんのためか?

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-05-12 17:01 | イベント、お祭り fiesta | Comments(12)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera