<   2006年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

音楽学校のコンサート

一昨日のフルートレッスンのときのこと。

この次のアリマニーのマスターコースで吹く曲を選びました。候補はUndine, Grand solo, Schubertの Trockne Blumen など考えましたが、最終的には Poulencのソナタと、Gebauerのファンタジーに決めました。

Gebauerなんて聞いたこと無いでしょう? このファンタジー2番は、テーマ曲がよく知られている曲なんです。つまり、文部省唱歌に入っている歌。きっと、これはドイツの民謡なのだと思います。たとえば、「チョウチョ」とか「チューリップが咲いた」なんかもドイツの民謡ですが、小さい頃から童謡として耳に入っているので、日本の歌かと思ってしまいますね。
これもそうで、よく耳慣れた「レーミレド シ・ソ・ソ ラ・レ・レ シ・ソ・ソ」 という曲なのですが、タイトルが思い出せません。

ところでその後、先生が、
「明日のコンサートは、マルクとマスミのデビューコンサートだから絶対来なくちゃだめよ」
というので、患者さんに日を変えてもらってコンサートに駆けつけました。

Virtelia音楽学校には先生や卒業生たちのオーケストラがあって、今度チェコに演奏旅行するのです。それで、いつもトリオでやっていたマルクとマスミがデュオのフルートで参加、旅行前のコンサートで、オーケストラのソリストとしてデビュー、というわけです。

指揮者はFransec Llongueras, 校長先生ですが、指揮者としてもかなりのキャリアを持っています。
b0064411_1534273.jpg

↑これがFransec。
b0064411_1543483.jpg

曲はフルートコンチェルトのクアンツ以外は現代作曲家。
一曲目のBaumannは6楽章からなり、一楽章はバロックのようですが、2楽章からブリテンを思わせるような曲で、なかなかよかったです。

さて、2曲目はフルート協奏曲。
b0064411_1585464.jpg

b0064411_1581356.jpg

二人ともちょっと緊張していたのか、練習のときのほうが上手だったけれど、でもとてもよかった。オーケストラが大きな音なので、tuttiのときはフルートの音などぜんぜんかき消されてしまうのがちょっと残念。
終わると先生のモンセと祝辞を述べに舞台裏に行きました。
チェコの演奏旅行には実力を発揮してくれたらいいなぁ。

他のオーケストラの曲は、Monsalvatge, Killmayerでしたが、あまり好みではありませんでした。弦の音がにごっているように思えたからです。でも、ポピュラーな曲を演奏したら、すぐさまアラが目立つよりいいかな!? 

いずれにしても、2人の仲間のデビューはうれしいことでした。

先ほど歯医者から戻ると、フルートの先生モンセから電話。
「あなた今度の日曜日暇?」
「えーと、はぁ、暇ですが」
「飛び入りコンサートよ。ホテルで演奏するんだって。マスミとデュエットやってね。モーツァルトの魔笛の、以前やったことあるでしょ」
おいおい、勝手に決めてくれちゃって… まぁ、いいけど。

ったく、モンセっていつもこうなんですよ。日本じゃ考えられないでしょう、この突然さ。スペイン風なのかな。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-31 02:11 | オペラ、コンサート musica | Comments(9)

工事中

今日、カタルニァ広場近くを歩いていたら、
b0064411_112533.jpg



大きな鳥が目に飛び込んできました。
b0064411_174413.jpg


エッ、これ何?
b0064411_184241.jpg


よく見たら、絵に描いた鳥でした。
鳥というより、これは恐竜じゃないですか。
b0064411_195582.jpg


建物の修復工事中でした。工事の間、見苦しくないように、完成予定の絵を描いて、それにちょっとユーモアを加えたんですね。

カテドラルでも修復工事のときは、絵を描いてこのように貼ってありましたけれど、ごく普通の絵でしたっけ。もうずいぶん昔だけれど、パリのマドレーヌ寺院に行ったときもやっぱりこうやって絵が描いてあり、本物は見えませんでした。

このちょっと加えたユーモア、楽しいな、と思いました。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-31 01:17 | 日々のこと cotidiana | Comments(2)

玄関扉

バルセロナはほとんどが集合住宅。これはもうずっと昔からのことで、人々はその生活になじんでいます。 日本ではアパートというと安っぽく聞こえるらしく、マンションなんて呼びますが、これはとてもおかしいと思います。 アパートというのは、一つの建物が何軒かに区切られていて別の家になっていることを指すわけですから、高級であれ安アパートであれ、同じです。

バルセロナのアイシャンプル地区は、およそ100年ほど前にきちんと碁盤の目に区画整理して、そこに装飾たっぷりの美しい建物を競って建てました。その後、年とともに車の量が増えるにつれて、排気ガスをかぶった建物はみんなどす黒く見る影も無かったのですが、オリンピック前後から、一つ一つの建物に足場を組んできれいに洗い、市でも補助金を出して修復がすすみましたから、この15年で町は見違えるほどきれいになりました。と同時に、周辺都市も次々きれいになり、活気を帯びてきました。

バルセロナを歩いて一番目に付くのは建物の美しさだと思います。パリのような華やかさは無いのですが、よく保存されている建物が目立ちます。

今日はほんの一部ですが、扉に目を向けてみました。アパートの正面玄関です。

どっしりした木の扉。立派な彫刻が施されています。
b0064411_159851.jpg

b0064411_1595143.jpg

木にアイアンを組み合わせたものが多いですね。
b0064411_202546.jpg

b0064411_21744.jpg

b0064411_214733.jpg
b0064411_22376.jpg
b0064411_221838.jpg
b0064411_223461.jpg

こんな風にアイアンの門が付いている家もたくさんあります。
b0064411_225744.jpg

100年くらいのアパートは正面玄関の扉がとても大きいのですが、馬車に乗ったまま入ることが出来たのでしょうね。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-30 02:16 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(9)

歯と足の指の関係

ちょっとお恥ずかしいのですが、これは私の右足の小指です。
b0064411_5331874.jpg

爪に縦にひびが入っているでしょう? この爪の右のほうはよく見えないけれど、生え際まですっかり割れた小さな爪が付いているのです。この小さな割れた爪はもう何ヶ月も前からで、真ん中に出来たひびは最近です。

実はですね、2週間ほど前、ナッツを食べていたら、左の一番後ろの奥歯がわれてしまったのです! この歯は、もう何年も前に虫歯になり、真ん中をほじって詰め物をしてあったのですが、周りの歯が薄いので、とうとう耐えられなくなって割れたようです。

すぐ歯医者に行って、われた部分をとってもらいました。これではねじを2つ埋め込んで、上からすっぽりかぶせる治療法しかないので、500ユーロかかります、といわれました。

ショックですが、仕方ありません。家に帰ってから、やわらかい物を食べていたら、もうひとかけら,ぽろっと取れてしまいました。まぁ~、ひどい。元の歯は、いまや全体の8分の1くらいしか残っていません。次の診察のとき、取れてかえってよかった、といわれました。内心、もっとお金がかかるようになるかとひやひやしていたのですが。
型を取り、この次の治療で全部終わるそうです。

ところでどうして私の足の指の写真などを載せたかといいますと、足の小指は、ちょうど私のわれた奥歯の反射ゾーンになるのです。以前から爪がわれていたということは、前から歯にひびが入っていたに違いありません。新しくできたひびは最後にわれた部分なのかもしれません。

実は、この指の外側にはタコがあって、ここは私の親知らずが歯茎の中に生えているのです。
歯が割れたとき、この足の小指の外側が赤く腫れ、とても痛かったのですが、反射ゾーンがあまりにもぴったり合っているので、本当に人間の体はよくできているなぁと感心してしまいます。

あなたがどこか歯が痛かったら、足の指と指の間をよくマッサージしてみてください。
虫歯や割れた歯は、葉医者に行かなければ治りはしませんが、一時的に痛みをやわらげてくれるでしょう。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-29 05:55 | ツボ puntos | Comments(8)

我が家の君子ラン

毎年この時期、我が家のベランダの君子ランが咲きそろいます。
b0064411_6155939.jpg

近くで見ると、あんまり趣のある花ではないけれど、
b0064411_6164271.jpg

とにかく華やか。
b0064411_6172654.jpg

満開になると、オレンジのボールのようになるので、花のほとんど無い今の時期にはテラスが明るくなります。
b0064411_6181948.jpg

このごろ昼間は初夏のように暖かい。ベランダのデッキチェアに座りながら、花を眺めるのも悪くありませんね。
b0064411_620529.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-28 06:21 | 花・植物 plantas | Comments(8)
バルセロナでは一年中あちこちでアンティックフェアが催されますが、一番大掛かりなのが春のモンジュイックのフェア。会場も広く、参加するお店はスペイン国内はもとより、フランス、オランダ、ドイツからも多数あります。
b0064411_4482162.jpg

毎年忠実に招待券を送ってくれる業者がいるので、今年も見に行きました。

スペイン広場に行くと、大変な人出。 今日はバルセロナ・マラソンをやっていて、選手たちが到着し始めていたのです。
b0064411_4475297.jpg

走者が近づくと、皆拍手で迎えていました。

いつものアンティックフェアの会場入り口に行くと閉まっています。今年は入り口を反対側にしたので、大回りしなくてはなりませんでした。エンタシスの柱が青空にそびえています。
b0064411_449515.jpg

今年の入り口はこちらを左に入るんですって。
b0064411_4515313.jpg

入り口ではアストン・マーチンとジャガーの展示をしていました。
b0064411_453066.jpg


さて、アンティックの展示会。
b0064411_4541297.jpg

多分撮影禁止だと思うので、こっそり撮りました。
b0064411_4542627.jpg

タペストリー専門店があるんですよね。
b0064411_4544113.jpg

いつも中国の素晴らしい骨董品を出品するオランダの骨董屋。
b0064411_455281.jpg

ドイツの骨董屋で、アールデコの見事な家具をそろえていた業者。
b0064411_51563.jpg

この椅子が素敵でした。
b0064411_53658.jpg


絵は素晴らしいものがたくさんありました。私の好きなGrau Salaの楽しい絵, Joaquin Mirの美しい山の絵(彼にしては珍しい絵です), Josep Amatの紫をちょっと入れた海辺の絵, そしてAntonio Claveの若い頃の繊細な作品。Opissoの素敵な絵もたくさんありました。
家具では、16世紀の素晴らしいウォルナットのチェストがありました。素朴で、一緒に暮らしたくなるような家具です。お金とスペースがあったら、欲しい。ブロンズや小物には目が行かなくなりました。飾るものはもう何も欲しくなくなったのです。

2時間あまり見てから外に出ると、まだマラソンの選手たちがつぎつぎ到着してきていました。
b0064411_591255.jpg

b0064411_16274266.jpg

「ほげ~疲れた…」

あとで新聞で見たら、6000人もの参加者があったそうで、トップの人は2時間12分あまり。最終の人は… 5時間以上かかったのでしょうね。
b0064411_510584.jpg

本当に素晴らしいマラソン日よりでした。
b0064411_5114296.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-27 05:12 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(5)

Can Sentmenat公園

バルセロナの環状線ロンダの出口11番あたりに、三角屋根が2つ付いた建物が見えます。
ここがJardin Can Sentmenat。

b0064411_20432090.jpg

場所としては、オレネタ公園の東隣になります。
中に入ってみると
b0064411_2044135.jpg

建物は内部がきれいに改装され、今は美術学校として使われています。

b0064411_2047226.jpg

この建物にはさまざまな紋章が幾つも付いています。

b0064411_2153333.jpg


b0064411_2161118.jpg


b0064411_2163372.jpg


b0064411_2165855.jpg


ここの庭はきれいに造成されていますが
b0064411_2174331.jpg

石像のいくつかは首が無くてちょっと不気味

b0064411_218422.jpg


建物の横の階段を上がると、正面玄関の前と、その横にも庭があります。
b0064411_2113545.jpg


今はちょっと荒れた感じなのですが、この庭の奥、ほとんど人目の付かないところに
b0064411_21134144.jpg

こんなゲートがありました。何度もこの公園に来ていたけれど、今まで気が付かなかったのです。

わくわくしてそこを通り抜けると、そこはもうコルセローラの山に通じる自然公園でした。

そして、あたりに一面咲いていたのは、私の大好きなビンカ!
b0064411_21153710.jpg


b0064411_21155989.jpg

うれしくって、ずいぶんたくさん採りました。

そこでひょいと目に入ったのは

b0064411_21165397.jpg


ぼけてるけどわかりますか?野生のアスパラガスです。
春の山ではたくさん見つけることが出来るので、皆これを採りに山に行くくらいです。こんなところで見つかるとは。
これはちょっと開きすぎね。
b0064411_2118083.jpg


やっと12本採れました。後はいくら目を凝らしても見つからない。う~ん、一人3本ね(笑)。
サラダに入れようか、今日は野菜のパエリァにしようかな。

ということで、楽しい散歩でした。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-25 21:20 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(8)

楽しい陶器屋さん

カタルニァ広場からPuerta del Angel通りに入って一本目を左に曲がると、Comtalという通りに入ります。ここは昔から楽しいお店がびっしり並んでいます。
ファッション関係のお店もたくさんありますが、ユニークなのは「干ダラ屋さん」とか、「ハチミツ屋さん」なんていうのがあります。 私の大好きな大きな文房具屋さんもここにあり、二階に上がると、実にいろんな種類の紙があります。

この通りのおしまいに近いあたりに、陶器のお店 Villegas があります。
以前は食器類がかなりあったのですが、最近は可愛いマスコットや飾り物で一杯です。
スペイン全国の100人以上もの陶芸家の作品を集めて販売しているのだそうです。
あんまりたくさんあるので、全部見るのには時間がかかりそう。
お願いして写真を撮らせてもらいましたので、一緒に見てください。

額に入っている、スペインの家はかなり忠実にできています。もちろん陶器。その下には小さな本棚があって、小さな陶器の本が一杯入っています。
b0064411_636546.jpg

なぜかここの人はヤモリ、トカゲ、ドラゴン(大きなトカゲをここではドラゴンと呼んでいます)の類が好きのようです。
b0064411_6391711.jpg

楽しいマスコットが一杯。
b0064411_6395262.jpg

b0064411_6401534.jpg

こんな風に天井からつるして。楽しい。
b0064411_6405246.jpg

ユニークな飾り物。
b0064411_6412547.jpg
b0064411_6413859.jpg

まだ奥にも部屋があります。
b0064411_6421866.jpg

この小皿気に入っちゃった。買わなかったけれど。
b0064411_6424548.jpg

ヴェラスケスのメニーナスを意識して。
b0064411_6433685.jpg

魔女のお家!クリスタルのボールを前になにやらやっています。
b0064411_644386.jpg

このお城、天空のラピュータを連想したんだけれど、ランプになっているんです。
お城の屋根が取れるようになっていて、電球を入れられます。
b0064411_6452441.jpg

お店のウィンドーにあった陶器の本には、バラが付いています。ここに好きな文章を書いてくれるそうです。
b0064411_6463334.jpg

陶器のお土産はちょっと重くてかさばるけれど、ここにはちっちゃいものもたくさん。お土産探しにいいかもですよ。

Villegas c/Comtal 31 Tel. 93 317 2493

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-25 06:50 | ショップ tiendas | Comments(4)

モデルニスモ

カタルニァのアールヌーボー様式をモデルニスモといいますが、バルセロナの町中、モデルニスモの建物で一杯です。特にアイシャンプルと呼ばれる、カタルニァ広場の北に広がる地区は、きちんと碁盤の目になった整然とした町並み。そこのかなりの建物がこのモデルニスモ様式です。
歩いていると思わず目を奪われてしまいますが、この建物もそんな一つ。
b0064411_19343398.jpg

碁盤の目のようにきちんとしたとおりに面した部分は、いずれも隙間無くびっしりと建物がくっついて並んでいますが、内部は日が入るように開いています。
b0064411_19345021.jpg

ちょっとうるさいくらいの装飾ですね。
b0064411_19351098.jpg

でもきちんと手入れされているのを見るのは気持ちがいい。

かのガウディも当然この時代の人です。これはガウディの塀。ガウディさんが立っています。
b0064411_19422482.jpg

こちらはちょっとデコ様式が入っていますね。
b0064411_19434842.jpg

b0064411_19452939.jpg
これは有名なガウディのカサ・バッティヨ。


エントランスの天井はこんな風になっているところも多い。
b0064411_19465358.jpg

グラシア大通りの街灯。
b0064411_1948516.jpg

町のあちこちにある像。
b0064411_19485144.jpg

この子の捕まえているのはカエル。
b0064411_19493041.jpg

バルセロナはモデルニスタの町。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-24 19:39 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

老人ホームの友人

ドイツ人の友人は、今老人ホームで生活しています。
彼女はバルセロナの中心街、カタルニァ広場からもグラシア大通りからもすぐのところに素敵なマンションを買って、定年退職された旦那様とお二人で住んでいたのです。最上階で、内部は3階になっていて、眺めもとてもよく、静かで、モダンなホテルのようにきれいでした。

2年ほど前、旦那さまは突然ガン宣告を受け、手術をして1年ほどは良かったのですが、去年突然悪化して亡くなられてしまったのです。
とても仲むつまじいご夫婦だったので、友人のショックはそれは大きく、すっかり食欲をなくし、体力が弱って入院してしまいました。たった一人のお嬢さんはドイツに住んでいるので、誰も彼女の世話をしてくれる人もなかったので、退院したあと、住んでいるマンションを貸して、自分は老人ホームに入ることに決めたのです。

入居するときはいろいろ大変だったそうですが、今はすっかり気に入っているようです。
そのホームは比較的我が家からも近くて歩いてゆけるので、毎週一緒にお食事をし、その後マッサージをしています。

そのホームはホテルのようにきれいで、エントランスホールも明るく広々しています。お部屋も5つ星ホテルのようです。
b0064411_710335.jpg

彼女は自分の家具もいくつか持ってきたので、他の人より広い部屋に住んでいます。
b0064411_7105059.jpg

使っていたソファやビューロー、机などを持ってきたので、住んでいた自分のマンションの雰囲気が残っています。彼女はイタリアに8年住んでいたこともあり、センスも抜群です。

ホームの食事は時々口に合わないこともあって、毎週一緒に食事をするのをとても楽しみにしてくれているので、今週はイタリアン、次は日本レストラン、と、お昼の定食メニューがあるところをあちこち食べ歩いています。

今日のレストランはホームから歩いてすぐ近くのレストランに行きました。壁一杯にワインが置いてありました。
b0064411_745282.jpg


食事を済ませてホームに戻ってきましたら、エントランスホールがとてもにぎやかです。
tunaのグループが演奏をしていたのです。
b0064411_719574.jpg

tunaの始まりは12世紀、貧乏学生たちがお金を稼ぐために、宴会などで楽器を演奏したり踊ったりしたのが始まりで、若いお兄さんたちが、黒装束に黒いマントを羽織って、ギターやタンバリンなどを演奏しながら楽しい歌を歌います。
ホームの人たちの中には、もうすぐ踊り出す人たちもいました。
b0064411_7202448.jpg

ここのホームは、プールや体育館、映画館もついているというかなり豪華なホーム。
皆とても親切、と友人は満足げです。

ところで、友人の足は、非常に目立った外反母趾です。さらに、飛び出た親指の付け根が晴れ上がってそれはひどい状態です。どうしてこんなになってしまったのでしょう? 彼女は若いとき、とても高いヒールを毎日履いていたのだそうです。私はこういうひどい外反母趾の足を何度か見たことがありますが、皆若いとき高いヒールを履いていた、といいます。

親指の付け根の外側部分は首の反射ゾーンがあるのです。友人は今、首の細い骨に傷があって、首が回せなくなっています。病院に行っても、これは治らない、といわれたそうです。
首が悪くなったから反射ゾーンの足の指の付け根が腫れたのか、外反母趾がひどくなったから首にきたのかわかりませんが、これは大変なことです。

もしあなたが高いピンヒールを履いているなら、私はすぐおやめなさい、と勧告しますね。 年取ったとき、その付けを払わなければならなくなるかもしれないからです。

↓クリックしていただけると励みになります。


by gyuopera | 2006-03-23 07:36 | 日々のこと cotidiana | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera