カテゴリ:オペラ、コンサート musica( 202 )

アウディトリオで、ヘンデルのオペラのコンサート形式「パルテノペ」を聴きに行きました。
b0064411_07444015.jpg


席は前から2列目でしたが、かなり端のほうだったので、チェンバロが後ろから聞こえてきたり。
b0064411_07444053.jpg


b0064411_07444069.jpg


b0064411_07443928.jpg

オーケストラは Il Pomo d'Oro. 指揮と第一ヴァイオリンのミナシ氏がオケから離れたので、指揮はとても若いMaxim Emelyanychevがチェンバロを弾きながら指揮。
ソリストたちは、タイトルロールが Karina Gauvin、Arsace役はジャルスキーがキャンセルでLawrence Zazzo。Armindo役をEmoeke Barath, Rosmina役がKate Aldrich. そのほかテノールのJohn Mark Ainsley, バリトンのVictor Sicard.

パルテノペのカリナ・ゴーヴァンはさすがで、素晴らしい。フォルテからピアノまで、自由自在で色彩豊かな声の持ち主。3mくらいありそうな長いピンクのショールを引きずりながら熱唱。
ソプラノのエメーケさんは、きりっと白いブラウスに黒のパンツでカリナさんと対照的。歌唱も抑え気味で耳に心地よいソプラノ。
コントラアルトのケイトさんも素晴らしいテクニックの持ち主で、CDより良かったし、バリトンもテノールも良かった。
ただ、カウンターテナーのザッツ氏が… 少なくとも私の好みではなかったのが残念。多分、ジャルスキーの代役ということで、頑張ったんだと思うんですが、とにかくほかの人よりやたらとボリュームが大きい。それに発声がビブラートをかけっぱなし。バロックオペラですよ。
一番の山場の「フリボンド」をかなり派手に歌い、高音を思いっきりのボリュームでのばして大喝采を浴びてました。

b0064411_07443918.jpg


b0064411_07444061.jpg


b0064411_07444034.jpg


b0064411_07444082.jpg

今後ももっとバロックオペラが上演されることを願っています。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-01-27 07:43 | オペラ、コンサート musica | Comments(4)
今年もフランセック・ヴィーニャス国際歌唱コンクールが1月16日から24日まで開かれました。
今年は60か国から568人の参加者があり、あらかじめ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、、サンフランシスコ、北京、ミラノ、ベルリン、マドリッド、バルセロナで予選を通過した歌手たちがバルセロナで第一選考を受けました。

568人の歌手は、それぞれソプラノ265人、メゾソプラノ53人、アルト1人、テノール118人、カウンターテナー5人、バリトン83人、バス29人、バスバリトン14人。
その中の160人が韓国人、続いてロシア51人、スペイン30人。韓国人の比率が非常に多い。
賞金が合計103,000ユーロという莫大な金額で、さらに奨学金や入賞者のオペラハウスとの契約などがある、新進歌手にとっては魅力的なもの。

私は今回第一次予選を2日、第二次予選を2日聞きに行きました。
第一次予選のほうが、曲目もバラエティに富んでいて、かなりおもしろかったのですが、最終選考になると、大体ヴェルディ、ドニゼッティ、せいぜいモーツアルトくらいになって、演目も限られてきて残念。
それにしても韓国人のレベルの高さには本当にびっくりです。声量、表現力、いずれも勝っていて、最終選考に残った20人のうち、7人が韓国人でした。

第一次予選は、リセウのコンセルバトリオで行われました。
この建物はかなり最近できたようです。
b0064411_17141261.jpg


b0064411_17141333.jpg


中にはとても音響の良い立派なホールがあります。
b0064411_17141368.jpg


第一次予選の時は、観客は私しかいませんでした。後は審査員。
b0064411_17170614.jpg

でも一番面白いんですよね。
b0064411_17184131.jpg


b0064411_17184199.jpg


この方も
b0064411_17184090.jpg


b0064411_17184082.jpg


b0064411_17184024.jpg


b0064411_17184058.jpg


この方も
b0064411_17184041.jpg


b0064411_17184020.jpg


b0064411_17183919.jpg


この方も最終選考まで残りました。
b0064411_17205848.jpg


b0064411_17205894.jpg


b0064411_17205783.jpg


b0064411_17205813.jpg


b0064411_17205791.jpg
二次予選の19日
b0064411_17223559.jpg


b0064411_17223531.jpg


b0064411_17223481.jpg


b0064411_17223478.jpg


b0064411_17223415.jpg


b0064411_17223497.jpg


b0064411_17223402.jpg


b0064411_17223461.jpg


b0064411_17223450.jpg


このバリトンうまかった。
b0064411_17223462.jpg

二次予選20日
b0064411_17243662.jpg


b0064411_17243683.jpg


b0064411_17243679.jpg


b0064411_17243627.jpg


b0064411_17243507.jpg


b0064411_17243588.jpg


b0064411_17243502.jpg


b0064411_17243590.jpg


b0064411_17243515.jpg


b0064411_17243520.jpg

b0064411_17253289.jpg


b0064411_17253225.jpg


b0064411_17253144.jpg


b0064411_17253157.jpg


b0064411_17253101.jpg


b0064411_17253131.jpg
b0064411_17253128.jpg

ファイナルはリセウ劇場でした。
最終選考に残ったのは20人。
b0064411_17282729.jpg

曲目がほとんどヴェルディかドニゼッティで、かなり辟易。
いまだにボリュームで喝采を期待する歌唱が多くて。まあヴェルディはそういうのが多いから仕方がないかもしれないけれど、耳に心地よい範囲でお願いいたします。
観客は自分の好きな歌手に投票することができます。私が投票したのは男女とも韓国人でした。
ファイナリストは24日に発表でコンサートがありますが、私はマドリッドに行くことにしたので、コンサートはいけなくなりました。
来年は、予選を集中的に聞きに行こうかと思います。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-01-24 16:55 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
久しぶりにカタルーニャ音楽堂でコンサートを聴きました。

カタルーニャ広場で地下鉄を降りて
b0064411_06524340.jpg


ライエタナ通りを横切って
b0064411_06524369.jpg


音楽堂に着きます。
b0064411_06524459.jpg

席は1階の横のほうなので階段を上がっていきます。
b0064411_06524463.jpg


b0064411_06524470.jpg

b0064411_06524424.jpg


b0064411_07011094.jpg

b0064411_06524428.jpg

b0064411_06571100.jpg

b0064411_06524477.jpg


b0064411_06524381.jpg


b0064411_06571114.jpg


b0064411_06571272.jpg

b0064411_06571103.jpg

b0064411_06571181.jpg


b0064411_06571150.jpg


b0064411_06571168.jpg


b0064411_06571177.jpg


b0064411_06571197.jpg

b0064411_07003037.jpg

b0064411_07003091.jpg

b0064411_07011020.jpg

見慣れたとはいえ、ぎっしり装飾を付けられた空間は、素晴らしいというより、ちょっと品位にかけるような気がして。
タイルで覆われた壁や天井は、演奏家に言わせると、お風呂で演奏しているような音になるそうで、あまりよい音響とは言いかねるようです。

この日のコンサートは、カタルーニャが世界に誇るバロックの権威 Jordi Savallと Le Concert de Nations、題して「太陽王の王宮のコンサート」

題の通り、第一部はクープランの典雅な品の良いConcerts Royauxから始まります。
つづいてMr. de Sainte-Colombeの Concerts Rayaux, 3曲目が再びクープランの Concerts Royaux。 エレガントで上品ですが、刺激的なバロックを聴きなれていると、ちょっと上品すぎて物足りないような、生気にかけるような。

後半はクープランの Les Nation, Colombeの Concert le Tombeau a deux violes esgales, 最後に再びクープランの Les Nations.と続き、後半のほうが活気があって素敵でした。特にトラヴェルソがとても素敵でした。
でもやっぱりよかったのはアンコールの2曲。これぞ、本領っていう感じでしたね。
上品な宮廷の音楽は、多分こんなコンサートホールでは大きするのではないかしら。

b0064411_07044406.jpg


b0064411_07044493.jpg

ちょっとどんな音か聞きたい方はこちらに動画があります。


カタルーニャ音楽堂の隅々までアップで見られる面白い写真があります。合成ですが面白い。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-01-20 07:50 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)
12月の終わり、30日に、Esperanza礼拝堂でバロックコンサートがありました。

その前に行ったコンサートとほぼ同じメンバーですが、ビオラ・ダ・ガンバが入って、その奏者が、以前私とクワルテットを組んでいたラリーなので、行かないわけにはいきません。ラリーは、あのジョルディ・サバイに師事していて、カタルーニャ音楽堂でもサバイと共演している人です。

Esperanza礼拝堂は、もう2度行っているのですが、大変音響効果がよくて、ここでrコーディングもされるほどだそうです。

b0064411_04365561.jpg

このマリア様は、上から照明が当たっていて、どうしても綺麗に撮れない。
b0064411_04365733.jpg


b0064411_04365798.jpg


b0064411_04365670.jpg


彫刻に額がついているというか…しかしサイドにあるので、マリア様のお顔が見えない。
b0064411_04365791.jpg

b0064411_04365772.jpg


b0064411_04365624.jpg


b0064411_04365628.jpg

さて、プログラムは

Biagio Marini Passacaglia in sol minore op.22

Georg Philipp Telemann Quartet de Paris no.12

Dieterich Buxtehude  Sonata Op.1. No. 3

Jacques Morel Ciaccona

Jean-Marie Leclair Sonata Op. 2, No.8

Antonio Vivaldi Concert in La menor per flauta, dos violins i bajo continuo
RV 108

b0064411_04452894.jpg

b0064411_04452867.jpg

b0064411_04452898.jpg


b0064411_04452840.jpg


b0064411_04452904.jpg


b0064411_04452928.jpg


b0064411_04452917.jpg


b0064411_04452878.jpg


この中のテレマンのパリ四重奏は、私たちクワルテットがコンサートで演奏した曲で、特に12番は本当に素敵な曲なので、とてもうれしく思いました。
チェロ、ヴァイオリン2台とフルート、いずれも大変上手ですが、やっぱり現代フルートというのが残念。

コンサートが終わって、地下鉄の駅に行くため市庁舎広場を横切ります。

ここにはカタルーニャ政府の建物と
b0064411_04563293.jpg


市庁舎が向かい合って建っているのです。
b0064411_04563264.jpg


b0064411_04563174.jpg


b0064411_04563100.jpg


b0064411_04563184.jpg


リセウ劇場もクリスマスのイルミネーション。
b0064411_04563131.jpg

今年は31日に家族はそれぞれ帰ってしまったので、とても静かな大晦日と元旦でした。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ


by gyuopera | 2016-01-08 07:52 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)
よくコンサートをやるGaieta教会で、この日は「バロック・ダンスのコンサート」、となっていたので、行ってみました。奏者のヴァイオリニストが、よく知っている人だったし。それで下の息子も暇そうだったので誘ってみました。

行きがけに見た、夕方のカサ・バッティヨ

b0064411_18381574.jpg


b0064411_18381572.jpg

観光客がいっぱいのこのあたりで私がカメラを向けると、息子が嫌がる(笑)。

さて、Gayeta教会。

b0064411_18411324.jpg


生まれたばかりの幼子イエス像が置かれていました。
b0064411_18411351.jpg


グループは若い人たち。みんな音楽大学ESMUCを出て、留学していた人たち。
b0064411_18411375.jpg


プログラムは、バロック時代のダンス曲を紹介するもので、アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエット、ジーグを別々の作曲家の作品から取り出して演奏するもので、ダンスごとに説明が入ります。
b0064411_18411306.jpg

途中でヴァイオリンの弦が切れるというアクシデントがあり、曲の順番を替えて演奏
b0064411_18411388.jpg

みんなうまいんですが、フルートが現代のシルバーのフルートで、それもよく鳴り響く、オーケストラ用のフルートだったので、チェンバロのささやくような音にはあまりマッチしなくて、技術はなかなかなのだけれどフルートだけが浮いている感じ。バロックやるには今はトラヴェルソがいいですねえ。
b0064411_18411301.jpg
それにせっかくバロックダンスのコンサートなのだから、実際にダンスを紹介してくれるともっと楽しかったでしょう。多分に実験的コンサートのようでしたから。
短いダンス曲を切れ切れに聞いていると、ちゃんと曲を聞いた感じが薄れて、ちょっと不満続感をぬぐえ切れませんでした。

帰りに見たウィンドー
b0064411_18544244.jpg


b0064411_18544186.jpg


b0064411_18544113.jpg
b0064411_18544188.jpg


これはアパートかな❓オフィスかな?
b0064411_18544196.jpg


b0064411_18544185.jpg


素敵なアパートの入り口
b0064411_18544187.jpg


b0064411_18544192.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-12-30 06:15 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)

リコーダーのコンサート

昨夜はリコーダーのコンサートがありました。
リコーダーを始めてからまだ2か月半、それでもうコンサートにでるなんて!
でもまあ、一生懸命練習してきたし、大勢いるし、コーラスも一緒でしたから、思ったほど緊張はしませんでした。

場所はギナルドという地区の教会です。

ギナルドではバスを降りたところにこんな建物があってびっくり。
どこかで写真を見たことがあったけれど、ここにあったとは。
b0064411_09265670.jpg


b0064411_09265626.jpg


b0064411_09265738.jpg


さて、コンサートをする教会は、この地区の教会で、外見は写真を撮る気にもなれなかったんですが、内部も体育館みたい。
b0064411_09265779.jpg

でもこの礼拝堂は、建て増しで作られたようで、古いほうの礼拝堂でコンサートをすることになりました。よかった。

b0064411_09265719.jpg


b0064411_09265760.jpg


b0064411_09265757.jpg


天井が変わっています。
b0064411_09265784.jpg


b0064411_09265634.jpg

教会の天井じゃないみたい。
ノイシュバンシュタイン城の中のコンサートホールが、ちょうどこんな天井だったのを思い出しました。音響は良いのです。

b0064411_09315539.jpg


b0064411_09315562.jpg


コンサート前のリハーサルが始まります。
b0064411_09315585.jpg


リコーダーは音合わせがなかなか大変。
b0064411_09315597.jpg

コンサートはコーラスと一緒で、コーラス・リコーダー、またコーラスとリコーダーと一緒という具合にやって、無事終わりました。
コーラスがなかなか上手で、あれは指揮者がいいんだろうなぁ。
私は2列目だったし、ナーバスになることもなかったのですが、一度どこを吹いているかわからなくなったことが(汗)。繰り返しの部分でやっと、ほっ。リハーサルの時はほとんどそんなことないのにね。
隣に座っていたサルバが、
「俺はしょっちゅうどこかわからなくなっていたし、音楽をよく知っているはずの隣のフアンが間違えるので、おかげでこちらもつられてしまって間違えた」
なんていうので、新入りの私ばかりじゃないんだ、と安心。
まあ、全体としてはまあまあじゃなかったでしょうか。

誰かが撮ってくれたコンサートの写真
b0064411_02370046.jpeg


b0064411_02370011.jpeg


b0064411_02370081.jpeg


b0064411_02370056.jpeg


b0064411_01293583.jpg


12月20日に予定していたコンサートは、教会に暖房がないので、寒すぎるということでキャンセルになり、まあ、よかったんじゃないですか? あまりにも練習期間が短いですから。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-11-23 09:00 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

カサ・ミラのコンサート

ガウディのカサ・ミラでバロックアリアのコンサートがあるというので行ってみました。
カサ・ミラの地下に、小さめですがコンサートホールがあるのです。柱はガウディですが、あとは普通の感じ。
オリジナル古楽器を使うので、近くで見たくて一番前に座りました。
チェンバロが赤くてかわいいんです。
b0064411_02325718.jpg


バリトンのJosep Ramon Oliveとチェンバロ、ヴァイオリン2台、チェロ、コントラバスとティオルバの構成。
初めはバッハのオラトリオ、続いてモンテヴェルディのオルフェオをメロディーで。
オペラの曲をメロディーで聴くのは初めてだったので、初めの結婚式の場面で「僕は幸せだ~」と歌ったと思ったら、妻のエウリディーチェが蛇に噛まれて死んでしまい、嘆き悲しむアリアへと移り、つながっているのでなんだか変な気がしました。
b0064411_02325704.jpg

このバリトンはあまり好きじゃなかったなぁ。
だって、声の色が無い、いつも大きいか小さいかで一本調子なんです。繊細な美しさなんてほとんど感じられない。バッハは特にダメだったけれど、オルフェオはドラマチックなので少し良かった。でももう少し表現力があったらと思いました。
有料ですから、多分プロだと思うのですがね。

チェンバロはコンサートの途中でも調音していました。
器楽曲だけもヘンデルのトリオソナタを演奏、最近の刺激的な演奏を聞きなれてくると、ちょっと物足りない。
b0064411_02325752.jpg

ヘンデルのオペラからも2曲歌われましたが、このバリトン、あまりバロック向きじゃないかも…?
b0064411_02325830.jpg

コンサートの後は、パティオで夜のペドレラ(カサ・ミラ)を見上げる。
b0064411_02325646.jpg


b0064411_02325746.jpg


b0064411_02325728.jpg


b0064411_02325744.jpg

b0064411_02534015.jpg


b0064411_02534019.jpg


b0064411_02534065.jpg


b0064411_02534091.jpg


b0064411_02534023.jpg


b0064411_02534044.jpg


b0064411_02534058.jpg


b0064411_02533953.jpg


これは帰り道で見た建物の内部。普通のアパートかしらん?
b0064411_02533973.jpg
b0064411_02533939.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2015-11-20 07:30 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
パリのテロ事件は、本当にたくさんの方々が犠牲になり、本当に恐ろしくも悲しい事件でした。

b0064411_03490730.jpg
ちょうどその事件が起こったころ、私は大変美しい音楽を聞いていたのです。

b0064411_03490700.jpg
場所はSant Gaieta 教会。

はじめ違う教会に行ってしまい、その礼拝堂で待っていたら、もう閉めます、と追い出されてしまい、そこで初めて違う教会だったと気づきました。
b0064411_03525936.jpg
外観が似ていたのでこちらだと思っていたんですね。でも教会の方は親切で、すぐ携帯でその教会の場所を調べてくれました。そんなに遠くなかったのでよかった!

b0064411_03490854.jpg

さて、こちらの教会は天井画がとてもカラフルです。
b0064411_03490789.jpg


よく見ると天使の顔がいっぱい描いてあって面白いの。
b0064411_03490857.jpg


b0064411_03490747.jpg


古楽を聞くうえで楽しいのは楽器。

この女性の持っている楽器は、フィドルというらしい。
b0064411_03490781.jpg

後で調べたら、こんな感じの楽器。後のバイオリンやビオラのもとになった楽器です。
b0064411_03562276.jpg


b0064411_03562238.jpg


ヴァイオリンよりも物悲しい音がします。

b0064411_03562262.jpg


で、楽器はこの3人。フィドルと、リュート(もう一つは手で弾くビオラ)、リコーダーです。
b0064411_03562360.jpg

コンサートは15~16世紀のカンツォニエーレと題されて、歌手が2人。
カウンターテナーとテノールです。
b0064411_03562380.jpg

またこのカウンターテナーがとても素晴らしいのです。発声も大変自然で、裏声っぽくありませんし、高音は非常に輝かしく、頭声と胸声の境目も気にならず、胸声は多分テノールだと思うので、そちらも自然で実によかった。
テノールのほうも、後世のオペラを歌う歌手の発生ではなく、抑えた心地よい声で、二人ともビブラートなしのまっすぐな発声はとても耳にやさしく自然でした。
楽器がいずれも大きな音を出すものではありませんから、声と楽器の調和がたいへん素晴らしく、教会という場所にもぴったりで、素敵な時を過ごすことができました。

b0064411_03562326.jpg

b0064411_03562377.jpg

b0064411_03562255.jpg

こういう音楽をこういう場所で聴けるのは本当に素敵だと思いました。

グループの名前は Fortuna d'un gran tempo

プログラム

1. La cort del Magnanim i l'Academia Pontaniana
El caozoner de Montecassino (Guillaume Dufay, John Bedingham)

2. De barcelona a Napols
Benet Garret, Joan Cornago, Serafino Aquilano

3.Isabella d'Este, la Senyora del Renaixement
   Josquin Desprez, Mille Regretz

4.Canzoniere
   Bartolomeo Tromboncino/Francesco Petrarca

こんなコンサートだったらぜひまた聴きに行きたいと思いました。

今バルセロナも警官がたくさん出て警戒に当たっています。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-11-15 03:47 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)
オペラ開演は7時半、霧雨の降る中を早めにシャンゼリゼ劇場に行きました。
劇場の前は人でいっぱい。

b0064411_22284688.jpg


b0064411_22284600.jpg

席に案内されましたが、間違った席に案内されて、あとから案内の人に連れられて人が来て、ここだというのでびっくり。ちゃんと案内してもらったのに、係の人もエキスパートじゃないんですね。それで本来の席に移りました。満席だったので、重複していないでよかった。
b0064411_22284619.jpg


b0064411_22284658.jpg


b0064411_22284607.jpg


b0064411_22284635.jpg


b0064411_22284630.jpg

開演前、指揮者のクリスティが登場。

「これはオペラではなくて、オラトリオです。上演中の拍手やブラボーは控えてください」
静かな繊細なアリアが多いので、拍手やブラボーで上演の妨げにならないようにとの注意です。

「テオドーラ」は殉教のお話で、本来は時代は古代ローマ、キリスト教が禁じられ、信者は見つかり次第処刑されていた頃で、このお話も、主人公の二人が殉教する悲しいお話。

ステージはシンプルながら美しいものでした。
6枚の分厚い壁が左右に動き、場面を次々変えていきます。ライティングがとても効果的。
写真は劇場の物をお借りしています。

舞台は一人のキリスト教信者がつかまって処刑される場面から始まります。
兵隊のディディムは自分も信者であり、その残酷さに反発。怖い上官バレンスに叱り飛ばされます。

b0064411_22450275.jpg


処刑された人たちの写真が壁に貼り付けられてゆきます。
b0064411_22450276.jpg


信者が集まっているところに上流階級に属するテオドーラが来て、華やかなドレスや宝飾品を全部捨て、仲間になりますが、兵隊たちが来て、信者を連れて行こうとするので、テオドーラが、自分を連れて行ってくれといい、彼女は連れ去られます。

b0064411_22303654.jpg


彼女を愛しているディディムは、彼女を救おうと決心
b0064411_22303695.jpg


友人のセプティメを説得して、テオドーラのとらわれている部屋のカギをもらいます。
b0064411_22303621.jpg

この時ディディムの歌うアリア"Sweet rose and lily"がとても素敵です。

b0064411_22303653.jpg



テオドーラのとらわれている部屋に入ると、ディディムは彼女に、自分の服を着て逃げろと言います。初めは拒否していたテオドーラも、説得されて彼の服を着て逃れます。
b0064411_22450208.jpg


b0064411_22303685.jpg



b0064411_22450264.jpg


取り換え事件が発覚、ディディムは有罪を宣告されます。
そこに飛び込んできたテオドーラ、自分が処刑されるべきだといい、友人のセプティメも上官を説得しようとしますが、頑固なバレンスは二人とも有罪だといい、とうとう二人は処刑されるのです。

b0064411_22303618.jpg

この時のデュエットが本当に美しい。

b0064411_22303646.jpg

でも、処刑される瞬間は、壁が左右から出てきて見えないようになっていてよかった。

そして二人の写真が壁に貼られるのです。
最後の大合唱は本当に印象的で素晴らしいものでした。

b0064411_22303669.jpg

あまりにも美しく悲しいオラトリオでした。こうしてステージ化されると、一層悲しみが押し寄せます。これがコンサート形式だと、音楽だけなのですから、派手なオラトリオに感じることでしょう。

壁を動かしての舞台変換が素晴らしく、最後の壁に写真が貼られるとき、悲しみがじわっとわいてくるのです。また、何人も処刑されるのですが、銃声などが聞こえなくてよかった。

このオペラで一番感動的だったのは、コーラスです。教会でオラトリオを聞いているような感じで感動しました。クリスティの目的はそれだったのかな?
オーケストラはクリスティの率いる Les Arts Florissants, オリジナル楽器で、私のほうからはトラヴェルソがよく見えて、デオドーラが捕らわれの身になっているときにたいへん効果的に使われて、悲しみをよく表していたと思います。

歌手たちもそれぞれによかったし、美しい曲が目白押しで、オラトリオとしてはかなり派手かもしれませんが、オペラアリアとしてはどちらかというと地味で、セプティメ(テノール)のアリアがしいて言えばオペラ的。タイトルロールのテオドーラ役はKatherine Watsonで、派手すぎない声でバロックの歌唱をしっかりと踏まえていましたし、可憐な容姿も好感が持てました。期待のジャルスキーは、ステージの奥で歌うときのアリアの中音が多く、若干弱く感じたのですが、一曲一曲心を込めた丁寧な歌唱、非常なテクニックを伴うと思われるところも、それを感じさせないほど軽々と歌うところなど、さすがでした。服を脱いでテオドーラに与えるときのアリアは本当に美しくて、ピアニシモで消えるところなど素晴らしく、テオドーラとのデュエットもいずれもとても良かったと思いました。
セプティメ役のテノール、Kresimir Spicerはかなり難しそうなアリアが多く、ちょっと高音が苦しそうに感じたこともありましたが、とても頑張っていました。テノールでも落ち着いた暗めのしっとりとした声で、演技もなかなかでした。
上官のバレンス役のバス、Callum Thorpeは、リハーサルなど見るとちょっと気の弱そうな感じの人ですが、ステージでは意地悪上官を見事に演じ、勿論歌唱も声もなかなかでした。 信者のイレーネ役のStephanie d'Oustracは、どうも私好みの声ではなくて残念。また、たくさんアリアがある割には、彼女の存在もあまり意味がないように思われました。
英語で歌われたのですが、古い英語であることもあって、あまり聞き取ることはできませんでした。

カーテンコールは熱狂的で、何度やったか覚えていないほど非常に長く続きました。主人公の二人は裸足で下着のまま。寒くなかったかしら?
b0064411_23254064.jpg


b0064411_23244620.jpg

 
日本の方もずいぶんたくさん見かけました。

劇場を出ると、クリスマスのイルミネーション!
b0064411_23340301.jpg


b0064411_23340320.jpg

ふと見ると、目の前のタクシーに、指揮者のクリスティが乗っているではありませんか。相乗りしているようで、奥に誰がいるかはわかりませんでしたけれど、ずいぶん早く出ていらっしゃったようでした。
b0064411_22284649.jpg


そして夜のエッフェル塔!
b0064411_23340388.jpg



もう12時近く。ホテルの近くのレストランで、オニオングラタンスープをいただきました。
b0064411_23380284.jpg


大変なボリュームで、おなか一杯に。ホテルに帰ったら、興奮して眠れないかと思いきや、すぐ眠ってしまいました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2015-10-23 22:08 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)
日曜日の夜、ピ教会(ピ、とはカタラン語で松の木のことです)で、リコーダーとチェロのコンサートがありました。

b0064411_05422638.jpg
ピ教会は1306~1391年に、以前あったロマネスク教会を壊して建てられたものですが、今回のコンサートは、入り口を入って右側にある、小さな方の礼拝堂で行われました。

そちらの礼拝堂は、1486年に建てられたもの。

b0064411_05422555.jpg

早く着いたので、入ってみると、二人がリハーサル中。
b0064411_05422682.jpg

b0064411_05422533.jpg

b0064411_05422671.jpg


b0064411_05422597.jpg


リコーダー奏者は、私が今度入会したリコーダーのグループの指揮者でもあります。
入っていくと、すぐ見つけて手を振ってくれました。
b0064411_05422525.jpg


リコーダーは、アルト、テノール、ソプラノの3種類を使って演奏。
b0064411_05422574.jpg


b0064411_05411041.jpg

聖ホセ・オリオルの像。この礼拝堂で、奇跡的な治癒をしたそうです。
b0064411_05422559.jpg

こちらは1936年の内戦時に焼かれてしまったので、レプリカ。
b0064411_05570862.jpg

b0064411_05570800.jpg

天使がたくさんいます。

b0064411_05570725.jpg


b0064411_05570789.jpg

b0064411_06013867.jpg

15世紀の石の壁
b0064411_05570846.jpg


b0064411_05570868.jpg


b0064411_05570853.jpg


b0064411_05570827.jpg

プログラムは
 Johann Sebastian Bach(1685-1750) Sonata en Fa Major BWV1035

Giuseppe maria Dall'abaco(1710-1805) Capriccio 1 en do menor

Thomas Mancinus(1550-1612) Bicina sobre "Anchor che col partire"

Girolamo Frescobaldi(1583-1643) Canzona per canto solo sopra la Bernandina
Domenico Gabrielli(1640-1690) Ricercare No.3 en Re Major

Jacob van Eyck(1590-1657) Onse Vader in Hemelryck

Benedetto Marcello(1686-1739) Sonata II

初期のバロック音楽ですが、この教会は、作曲された時代よりさらに古いわけですね。ついつい石壁に見とれてしまいました。

b0064411_06013827.jpg


勿論とても素敵な演奏で、このくらいのサイズの礼拝堂では良く響き、とても良かったです。
b0064411_06013829.jpg
アンコールに吹いてくれた曲が、テレマンの12曲のファンタジーのうちの一つだったのです。これは昔フルートで吹いたことがあるので、懐かしくうれしかったです。
テレマンの時代は、現代フルートは無かったのですから、リコーダーやトラヴェルソで吹いたわけですものね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2015-10-08 05:40 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera