カテゴリ:バルセロナ案内 Barcelona( 615 )

サリアの街並み

ビア・アウグスタ通りを渡ると、旧サリア村。

ビア・アウグスタに面して、こんなマシア(古い石造りの家)がまだ残っています。
ひとがすんでいるのかな?

b0064411_01374245.jpg


b0064411_01374343.jpg

こちらはぐっと庶民的な小さな家が多い。
b0064411_01374375.jpg

b0064411_01374317.jpg

ここには1931年の年号が入っています。
b0064411_01374388.jpg

なんとなく、かわいい感じ。
b0064411_01374396.jpg

タイル装飾の付いた水飲み場があったり
b0064411_01374321.jpg

日時計も。
b0064411_01374274.jpg


18世紀と書かれています。
b0064411_01374300.jpg


建物の下にあるトンネルを入ると、向こう側の通りに抜けられます。
b0064411_01374280.jpg

b0064411_01431122.jpg


初めの建物が終わったところで一旦外に出ます。
b0064411_01431180.jpg


真ん中にある建物は前庭の付いた家が並んでいる。
b0064411_01431131.jpg


あのベージュ色の建物の最上階の左側、いつも洗濯物が外に干してある。気になります。
b0064411_01431199.jpg


白い花が咲いています。
b0064411_01431261.jpg


今くぐってきたところを振り返る
b0064411_01431022.jpg


もう一度トンネルに入って出ると、向こうの通りに抜けられます。
b0064411_01431181.jpg

外から見ると、ずーっと家が立ち並んでいるのですが、真ん中は緑があ、日が当たって明るく、静かでりトリの声がします。
このあたり、古い家は車庫が無いので、どこかのパーキングを借りているんでしょうか。それは少し不便かもしれませんね。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-04-13 06:35 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)
バルセロナの山の手にある瀟洒なお屋敷を見て歩きます。

こちらは警察署。
b0064411_01252895.jpg

えー、こんな素敵な建物が、と思いますが、パトカーがたくさん停まってます。
b0064411_01252869.jpg

こちらは養老院

b0064411_01252889.jpg


b0064411_01252890.jpg


モデルニスタの建物。
b0064411_01252847.jpg

b0064411_01252898.jpg


すっきりした、かつエレガントな窓
b0064411_01252937.jpg

この建物、以前は白かったのに
b0064411_01252859.jpg

b0064411_01310888.jpg

塀を壊しているけれど、あれはお隣の塀かな?
b0064411_01310989.jpg

ここはそんなにきれいな家ではないけれど、いつもツタに覆われて素敵に見える。
冬はツタが落ちるので、汚い家が丸見えだけれど、今ちょうど新芽が出始めて、綺麗に変身しつつある。

b0064411_01334554.jpg
b0064411_01334528.jpg
b0064411_01334444.jpg
つづく

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-04-12 06:23 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)
バルセロナの山の手は、かつてバルセロナがもっと小さかったころ、別荘地として、週末は街中に住む裕福階層の人たちが週末を過ごすために大きな別荘を建てたところでした。大きな古い建物は維持が大変なので、ほとんどは学校やオフィスや病院となっています。それでもそういう建物を見て歩くのは楽しいので、散歩がてら、目についた建物の写真をパチパチ(小さなコンデジですから)。

散歩といってもわざわざ行ったわけではなく、2か月前からの咳がまだ止まらないので、またテクノン病院に行ったのです。

内科の先生と、耳鼻咽喉科の先生に見てもらった結果、レントゲンにも肺の異常はないので、前ひいた風邪の菌が残っているらしく、洟を止める鼻用スプレーと、うがい薬を処方してくれて終わり。まあ、よかったんですが、どうして咳がいつまでも残るんでしょうね~。

b0064411_01024878.jpg

テクノン病院は、ちょうど山の手にありますから、周りはこんなお屋敷がいっぱい。



b0064411_01024890.jpg


これはもっと素敵な建物だったのだけれど、改装してモダンにした部分がみっともなくなった学校。
b0064411_01024877.jpg


ちょっと人の顔に見えません?
b0064411_01024876.jpg

フェンスも素敵なのが多い。
b0064411_01024972.jpg


塀越しにちらりと見える大きなお屋敷。大体は改装済み。
b0064411_01024821.jpg

こういう大きな家の、全く改装してない家の内部を一度見たことがありますが、お風呂場や流し、キッチンなどそれはひどいもので、だだっ広くて寒々として、とてもひとが住めるようなところではありません。そこに住んでいた方は、二階の小さな部屋に、ストーブを置いてその部屋だけ使って住んでいました。今はどこかの会社のオフィスになっています。
こんなような感じの家でしたっけ。もうどれか覚えていない。
b0064411_01132165.jpg


アールヌーボーの素敵なのぞき穴のあるドア。
b0064411_01132135.jpg
b0064411_01132107.jpg


この家は、上階に住む人のために、別に外に階段を作っていますね。3家族が住んでいるのでしょう。
b0064411_01132192.jpg


b0064411_01132193.jpg


b0064411_01132156.jpg


b0064411_01132136.jpg


b0064411_01132170.jpg


b0064411_01132146.jpg


藤が咲いています。
b0064411_01132112.jpg

あるお宅の庭の藤が並木と電信柱に絡まって花をつけているのですね。
b0064411_01214446.jpg
もう藤が咲く季節。

つづく


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-04-09 06:48 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

夜のバルセロナ

夜はあまり出て歩かないのですが、暗くなって明かりが点くと、建物の内部がよく見えて楽しいもの。

ここはバールかしら

海の中みたいな青い照明の中に、クラゲが泳いでいるみたい。
b0064411_03411677.jpg


b0064411_03411622.jpg


写真ではわからないけれど、とても素敵で人目を惹きました。
b0064411_03411634.jpg


こちらはレストラン。墨絵のような…?あら、日本レストランかしら?
b0064411_03411678.jpg

若い人が好きそうなバール
b0064411_03411695.jpg

b0064411_03411643.jpg

b0064411_03411583.jpg


b0064411_03411617.jpg

ちょっと素敵なアンティークショップ
b0064411_03411565.jpg


変わった薬壺だこと
b0064411_03462518.jpg

b0064411_03462510.jpg

気になる~。
b0064411_03462420.jpg

b0064411_03462452.jpg


b0064411_03411613.jpg
バルセロナの夜は静かに更けて1ゆきます。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-04-08 06:38 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

早春のペドラルべス宮

夏時間になって、日の入りが遅く、日が長く感じられるようになりました。
たまには近くにあるペドラルべス宮でも散歩しよう。

b0064411_00381323.jpg

入り口にきれいな紫の帯。スミレが植えられているのです。

b0064411_00381203.jpg

b0064411_00381385.jpg


b0064411_00381383.jpg


b0064411_00381387.jpg


b0064411_00381375.jpg


b0064411_00381449.jpg


今日はこんな小さな泉水も水が勢いよく出ています。
b0064411_00381419.jpg


b0064411_00381232.jpg


誰もいない。
b0064411_00381282.jpg

b0064411_00421349.jpg


b0064411_00421353.jpg


ヘラクレスの泉(ガウディ設計)もひっそり
b0064411_00421380.jpg


b0064411_00421497.jpg


竹藪
b0064411_00421455.jpg


b0064411_00421477.jpg


b0064411_00421409.jpg


b0064411_00421238.jpg


b0064411_00421398.jpg

パーゴラ(ガウディ設計)も誰もいない
b0064411_00425866.jpg


b0064411_00425850.jpg
今日はこんな素敵な庭を独り占め。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-03-30 06:36 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)
ラバル地区のCCCB(バルセロナ現代カルチャーセンター)の隣の建物は、かつてこのあたり全部を占めていた「慈悲の家」の一部で、現在IEC(カタルーニャ語研究学院)の建物。

b0064411_04590411.jpg

ここは時々回廊部分が公開になるので、今回もたまたま開いていて、中を見させていただきました。
受付のおじさんは、しつこく「パティオだけ」と念を押し、見張っていてちょっと入ろうとすれば注意します。以前、上の階や、その庭園も見学できたのに、残念。

b0064411_04524796.jpg


b0064411_04524854.jpg


b0064411_04590533.jpg


b0064411_04524837.jpg


b0064411_04524877.jpg


昔の建物って、いろんな秘密が隠されていそう。
b0064411_04524843.jpg


b0064411_04524787.jpg
b0064411_04524758.jpg

b0064411_04590426.jpg


b0064411_04590483.jpg


b0064411_04590497.jpg


b0064411_04590410.jpg


b0064411_04590420.jpg

この建物の入り口にあるタイル画は、聖パウロの生涯と殉教を描いたもので、1670年のもの。
b0064411_04524716.jpg


生々しい絵にドッキリ。
b0064411_04524748.jpg
この全体の写真をこちらで見ることができます。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-02-27 06:36 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

聖ジュスト教会

聖エウラリアのお祭りで、聖ジュスト教会広場で温度計風のライト点滅を見た後

b0064411_05500768.jpg

開いていた礼拝堂に入る。
この教会は、紀元4世紀からあったとされていて、ローマの時代および6世紀の西ゴート時代のバシリカがあり、現在の建物が建設されたのは14世紀。
最近、西ゴート時代の遺跡が祭壇地下付近から見つかり、更に次々発掘されたり見つかったり。

b0064411_05581227.jpg

まっすぐ、地下の西ゴート時代の遺跡がガラス越しに見えるところに行く。

b0064411_05500874.jpg

b0064411_05500979.jpg

まあ、これだけではあまりよくわからないんですが。

b0064411_05595821.jpg

祭壇の後ろに階段があって、上まで登って近くで見られるようになっている
b0064411_05595929.jpg

でも聖母様は椅子の後ろなんだから、近くによってもお顔は見えない
b0064411_05595923.jpg

階段を上ったところに、等身大の男の子の像が、お賽銭箱をささげている。
b0064411_05595966.jpg


b0064411_05595976.jpg

b0064411_05595928.jpg

b0064411_05595913.jpg

下りたすぐそばにある、天国と地獄
b0064411_06022502.jpg

b0064411_05595850.jpg

b0064411_06022486.jpg

b0064411_06022458.jpg


b0064411_06022402.jpg

b0064411_06022507.jpg

b0064411_06022530.jpg

b0064411_06022589.jpg

b0064411_06022553.jpg

b0064411_06022575.jpg

b0064411_06061711.jpg

b0064411_06061746.jpg

b0064411_06061718.jpg

b0064411_06061760.jpg

b0064411_06061865.jpg

b0064411_06061672.jpg

b0064411_06061896.jpg

b0064411_06061766.jpg

b0064411_06061783.jpg

b0064411_06061794.jpg
信者ではないけれど、教会の雰囲気が好き。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2016-02-17 06:46 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

テクノン病院

薬を飲むのも、病院に行くのも大嫌いな私。
その私が、先週から病院に行ってばかり。

一月の終わりころから、頭の一部分が激しく傷み、以前から時々ある痛みだったので、心配しなかったのですが、その痛みが何日も続くので、とうとう近くのDexeus病院の救急に行きました。
ここは大病院で設備もいいのですが、待つこと3時間半、検査は無く、血圧と体温のみ、結果は「なんともない」ので、鎮静剤の注射を打つというんです。
鎮静剤なんか体に入れてもらいたくなかったので拒否(笑)、錠剤をのまされました。
その後延々待たすので、最後の医者の処方ももらわず帰ってきてしまいました。
ただ、血圧が高い、と言われたので、家で測ったら230くらいあってびっくり。普段より100くらい高いんです。痛み止めの薬はあまり効かなくて、傷みは継続。

夫が、「segridad socialの病院は悪くないから見てもらったら」というので、予約を取ったらすぐその日に取れました。
もらった住所が違っていて、40分も捜し歩き、最後に親切な受付の先生が調べてくれて、正しい住所をもらってタクシーで着いたらもう予約時間の30分遅れ。でも理由を説明したら、初めは不機嫌そうだった先生もだんだん親切にしてくれました。
ここで血圧を測ったら、やっぱり200あります。そりゃ40分もあちこち駆け回って探したんですから。それでその場で血圧を下げる薬を飲んで30分くらいじっとしていたら、168まで下がりました。
血圧を下げる薬を処方してもらい、それを飲んで翌朝になったら127まで下がっていたので、その日はもう薬は飲まなかったんです。
でも頭の痛いのは取れません。ガツンとぶつけたような鋭い痛みで、歩くのにも困るほど。
それで土曜日、Teknon病院の救急に行きました。
こちらは受付に20分かかりましたが、ほどなく診察してもらえて、採血を2度、電気で心臓の機能を調べる検査と、TACもやってもらい、頭のほうはOK.でも血糖値が350もあって、糖尿病の恐れあり、ということでインシュリンを2本注射、点滴を2本。血糖値が下がるまで、結局5時間も救急の診療室にいたのです。
月曜日はエンドクリノの先生の診察を受け、今朝は12時間絶食後血液検査。
結果は来週まで出ません。

ということで、病院ばかり行っていたのです。
あちこち行って、やっぱりTeknon病院のほうがちゃんと見てもらえると思いました。

今朝のテクノン病院。正面の門から入ったところ。
b0064411_04312938.jpg


昔建っていた建物の前庭部分はそのまま使われています。
b0064411_04312923.jpg


入り口まで遠い。
b0064411_04312952.jpg


真ん中の建物が、外側だけオリジナル。
b0064411_04312943.jpg


広い植え込みがあって、手入れが行き届いています。
b0064411_04312929.jpg


b0064411_04313007.jpg

b0064411_04313077.jpg


内部はモダンで、どこも明るい。
b0064411_04313076.jpg


窓からの眺め。高級リゾートホテルみたいですね。
b0064411_04313051.jpg
また何度か行かなくてはならないけれど、まあ、仕方ないですね。
それにしても、頭痛が早く治るといいんだけれど。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2016-02-12 20:36 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(10)

バルセロナの山の手の家

バルセロナの山の手は、かつて別荘がたくさんあったところ。
週日は市内の集合住宅に住み(といっても300平米も400平米もある大きなアパートです)、週末は馬車に乗って郊外の大きな別荘で友人や家族と過ごす、そんな時代の名残。
現在もたくさん残された大きな別荘は、個人では維持がとても大変なので、今ではそのほとんどが病院や学校になっています。

b0064411_05291318.jpg


b0064411_05291367.jpg


b0064411_05332551.jpg


b0064411_05291361.jpg


b0064411_05291304.jpg


b0064411_05291386.jpg


b0064411_05291468.jpg


b0064411_05291258.jpg


b0064411_05291200.jpg


b0064411_05291396.jpg

b0064411_05332357.jpg


b0064411_05332401.jpg


b0064411_05332427.jpg


b0064411_05332439.jpg


b0064411_05332460.jpg


b0064411_05332409.jpg


b0064411_05332483.jpg


b0064411_05332467.jpg


b0064411_05352573.jpg


b0064411_05332402.jpg

b0064411_05352641.jpg

b0064411_05352680.jpg

b0064411_05352538.jpg


b0064411_05352548.jpg
今では周りはみんな建物が建っていますが、昔はきっと野原だったんではないでしょうか。当時は、今ではすっかり枯れて姿を消した小川もいくつもあっただろうし、のどかな風景が広がっていたことでしょう。
想像すると楽しい。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

by gyuopera | 2016-02-09 13:27 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

聖アガタの礼拝堂

王の広場に面して建つ、聖アガタ礼拝堂(1302年建設)。
鐘楼の上の部分は、王の礼拝堂であることを示す王冠の形をしています。
b0064411_04522906.jpg

b0064411_05060969.jpg


内部は案外広い
b0064411_05060973.jpg


b0064411_05060947.jpg


b0064411_05060949.jpg


b0064411_05060918.jpg


b0064411_05060940.jpg


b0064411_05061023.jpg


b0064411_05061069.jpg


b0064411_05061057.jpg


b0064411_05060929.jpg

b0064411_05075519.jpg


以前はこの扉から続く階段を上って
b0064411_05075641.jpg


電気が点いている上の通路から、総督の館まで登れたのです。
b0064411_05075602.jpg



b0064411_05075630.jpg


b0064411_05075657.jpg


天井が美しい
b0064411_05075683.jpg

b0064411_05075654.jpg


先ほど立ち寄ったティネルの広間の入り口
b0064411_05075631.jpg


王宮の紋章のある南側の入り口
b0064411_05075556.jpg


b0064411_05171490.jpg

この広場の夜景は本当に素晴らしいと思う。
b0064411_05171441.jpg

b0064411_05171505.jpg


b0064411_05171427.jpg

b0064411_05171436.jpg

b0064411_05171446.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2016-02-08 13:01 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera