2018年 01月 11日 ( 1 )

今年初めての外食!今回は、今ちょうど季節のカルソッツ(焼きネギ)が食べられるという L'Antic de Villarroel に行きました。

b0064411_01003278.jpg

fornというのはかまど(もしくはオーブン)の意味。

お店のトレードマークが昔ながらのかまどの絵。

b0064411_01030924.jpg


1999年創業ですから、そこまで古くはないですが、おそらく改装しているのでしょう。
椅子がちょっと座り心地がよろしくない。
b0064411_01003398.jpg

お昼のランチメニューは毎日変わるので、この日はカルソッツがメニューに入っておらず、別途注文。
前菜は結構ボリュームのあるものも多く、メインはお肉なので、前菜を2種類とることにしました。そういう自由が利くのもうれしい。

大きくあいた窓からキッチンが見えて、ねぎを焼いているのが見えたので、写真を撮らせてもらいました。

b0064411_01003322.jpg


ガス火のようですね。
b0064411_01003428.jpg

初めにパタタ・ブラバが出てきました。お店のサービスらしいけれど、うれしい。
揚げたてのポテトにサルサ・ブラバという、ちょっとピリッと辛いおいしいソースが欠けてあります。
b0064411_01003493.jpg

ついてきたパンがまたおいしくて、外側はかなり固めなのに、中はふわっとしていて味わいのあるパンです。

私の初めの料理はオニオンスープ。大きなパンの切れが2枚も入っていました。

b0064411_01003401.jpg

こんがり焼けたカルソッツが、瓦のようなお皿に乗って出てきました。
ロメスコソースがついています。
b0064411_01003542.jpg

これは周りが焦げていて皮をむくとき汚れるので、エプロンと手袋がついてきました。
b0064411_01003488.jpg


14本もあります。
b0064411_01201272.jpg

葉の部分を持って、根元のほうをつまんで引っ張ると、中身がするりと抜けます。(抜けるはず) それをろめすこそーすにつけて、長いまま上を向いて口の中に入れてゆきます。
b0064411_01201232.jpg

カルソッツを焼くときは、かなり煙が出るので、市内のレストランではなかなか本格的なものは食べられないと思っていましたが、ここのは本格的でおいしかった。

メインとして頼んだナスのお料理も、しつこすぎず美味しい。私にはメインで十分。
b0064411_01201243.jpg


デザートのパンナコッタ。ソースがちょっと私には甘すぎなので、プリンくらいにしておけばよかったかも。
b0064411_01201270.jpg

あとでこのレストランのHPを見たら、タルタルステーキがスペシャリテの一つに入っているのです。この次行ったら試してみたい。

いわゆるカッコイイレストランではないけれど、味はとてもいいので、おすすめです。

L'Antic de Villarroel Villarroel,182 www.lanticfornvillarroel.com


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2018-01-11 07:44 | レストラン、バル restaurante | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera