2017年 05月 31日 ( 1 )

前日お会いした友人のお勧めの練馬区立美術館に行きました。
「19世紀パリ時間旅行」 という展覧会を開催中。これはフランス文学者・鹿島茂氏の 「失われたパリの復元」をもとに、改造以前の19世紀パリの様子をるというもの。

b0064411_07003809.jpg
練馬区立美術館というのは初めて行きましたが、結構立派。

b0064411_06554556.jpg


b0064411_06554649.jpg


b0064411_06554623.jpg


とてもリアルなトンボの彫刻
b0064411_06554669.jpg


b0064411_06554576.jpg

b0064411_06554526.jpg

館内は撮影禁止なので、画像はお借りしています。

鹿島茂氏のコレクションと合わせて、あちこちの美術館や個人像のものまで300を超える点数が展示されていて見ごたえがありました。

ナポレオン三世の命によって行われたパリ大改造以前のパリは、ほとんど迷路状態だったそうで、その曲がりくねった細い小路や喧騒の様子が描かれた版画、地図、ポスター、また当時の衣装も展示されていました。ドーミエやガヴァルニの風刺画もたくさんありました。


b0064411_07152249.jpg

b0064411_07152136.jpg

b0064411_07115816.jpg


b0064411_07152131.jpg

b0064411_07152206.jpg
b0064411_07120026.jpg

b0064411_07115867.jpg


1870年、改装後のパリの様子は、多くの画家によって描かれ、今も描かれ続けています。
b0064411_07115994.jpg

b0064411_07115988.jpg


b0064411_07115983.jpg


b0064411_07115821.jpg


b0064411_07115878.jpg


b0064411_07120031.jpg
b0064411_07120084.jpg

b0064411_07152213.jpg

見終わるとちょうどお昼時間だったので、入り口の横にあるレストランへ。

入り口のトンボがよく見えます。
b0064411_07243576.jpg

レストランは嫌に素人っぽい感じの食堂で、スープと
b0064411_07243458.jpg

メインはこれなんだったかしら、覚えていないくらい印象薄いお料理。
パンは無くてご飯だけ。これもへんね。洋食なのに?
b0064411_07243449.jpg

夜は目白駅の近くの中華レストランへ。何にも写真を撮らなかったけれど、まあまあおいしかったです。
窓から学習院の大学の生徒たちがぞろぞろ帰宅しているのが見えて、ちょっと驚いたことに、スカートとホットパンツ以外の人はみんなガウチョパンツ。いくら流行りだからって、みんながみんな… 面白い国ですね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
by gyuopera | 2017-05-31 07:55 | 日本 Japon | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera