夕暮れのバルビドレラ

昨日はクワルテットのリハーサルでした。
リハーサルは、ビオラ・ダ・ガンバを弾くラリーの家でやるのですが、彼女の家にもチェンバロがあるし、音響がなかなかいいので、4人ぐらいで演奏するにはちょうどいいのです。

ラリーの家は、前も何度かブログに書きましたが、バルセロナの北にある小さな山の中の町、バルビドレラにあります。

始まるのが5時半、ちょうど夕日のころでした。

かなり遠い所に車を停めて、てくてく歩いていると、夕日を浴びた家たちがそれは素敵に見えたのです。

b0064411_3115252.jpg


b0064411_312232.jpg


b0064411_3124727.jpg


b0064411_313922.jpg


丸窓のルーバードアに注目
b0064411_315417.jpg


b0064411_313273.jpg


b0064411_31692.jpg


この家のポーチ、素敵
b0064411_317264.jpg


夕日の時間はバラ色の光に包まれて・・・・

サン・ジョルディのタイル画がかかっています
b0064411_3181291.jpg


ポーチからの眺めも絶景・・・
b0064411_3192559.jpg


b0064411_3195585.jpg


さあ着いた。ラリーの家は、この右の門をはいったところ。下に広い庭があるんです。いいなぁ。
b0064411_3205184.jpg


それからばっちり3時間、みっちり演奏。 へぇ~疲れた・・・・ 

でも、おかげ様で、風邪がかなり良くなった感じ。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by woodstove at 2008-11-18 05:50
gyuさん こん**は。
 毎回、バルセの家々を拝見させていただき感謝しております。
特に鉄と建築の見事な融合に気持ちを奪われてしまいます。
 以前は、ボクもヨーロッパの鉄の仕事に憧れて、見て回りました。
そしてそれを日本でやろうと考えましたが、そのしつらえが日本の風景
には似合わない事に気がつき、あれはやっぱり本場でないと美しく
ナイと思うようになりました。 そのかわりと言ってはなんですが、自分の
好きなスタイルを模索するようになりました。(時々、今でもヨーロッパ
で見る鉄のデザインを要求されますが。。。。)

 またバルセロナに鍛冶屋さんなどありましたら、お散歩のついでに
画像をお願いします。。。。(ちょっと遠慮が無いですけど)(^^;)
Commented by ogosyu at 2008-11-18 06:31
gyuさん、こんばんは。この前は温かいお見舞いの言葉、本当にありがとうございました。すっかり元気になり、なんだか輪をかけて明るくなったような、、でも元気でなによりです。
お家素敵ですね~。私が好きなのはNo15 (ラリーの家ではないのかな?)のステキなポーチ、二人用のアイロンのカフェテーブルを椅子もあって眺めが最高。
ああ~、こんなところに住めたら、ホリデイなんていらないですね。お家でのんびり本読んで絵でも描いてるかも、私。上手になったらご近所さん呼んでアウトドアのカルテットコンサートもできるかも!
お風邪ひどくならないといいですね。管楽器に風邪はつらい。。。。でも楽しいことの後っていつもスッキリして、体がなんとなく軽くなった気になるのよね。。お大事になさってくださいね♪
Commented by gyuopera at 2008-11-18 07:03
♪ woodstoveさん、こんばんは ♪ 相変わらず朝がお早いのですね。「鉄の仕事屋」放映、うれしかったことでしょうね! 
おっしゃる通り、建築物とアイアンは、大体が同じ建築家が設計・デザインするのですから、トータルの仕事ですね。それをアイアン部分が素敵とまねても、やっぱり日本のスタイルの家とはしっくりいかないのは当然です。日本に帰って気になるのは、建築物でもなんでも、「西洋まがい」です。それは全部ではなく部分的にまねしてあるので、本物とはどうしても違って、私にはなんだか安っぽく見えるのです。

woodstoveさんはまねでなく、日本の風景に合うスタイルを模索する、それでああいう美しいストーブができたのですね。素晴らしいと思います。
こちらで鍛冶屋さん・・・う~ん、どこにあるんでしょう? 見たことないんですよ。

Commented by gyuopera at 2008-11-18 07:19
♪ ogosyuさん、こんばんは。 びごしゅちゃん元気になってなによりです。そういう手術って、痛くないのかな?

今回の家たちは、みんな急勾配の坂の斜面に建てられています。ですから、門が道に面してあるけれど、底を入ると階段を下りて玄関に入る、または、すぐ階段を上がって家の入り口まで行く家ばかり。
広いポーチのある家も、門は上にあって、白い手すりのついた階段を下りてポーチへ、その奥の玄関へ、となるわけで、ポーチの先は崖、で向こうがよく見えるわけです。建てるのは大変だけれど、目の前が開けていて素敵ですね。
ここは山の上なので(ここまで行くには、急カーブを何十とくねくね登っていかなければならないんです)バルセロナより涼しく、昔は別荘地として人気のあるところでした。ですからほとんどの家が、夏を過ごす家として風通しよく作られています。今ではみんな一年中住んでいますが、別荘を持つ身分の人たちの家ですから、大きくおしゃれな家が多いですね。
でも、住むのは大変です。まず買い物が不便、というのが一番のネック。何でもバルセロナに降りなければならないから大変です。そんなに遠くはないとはいえ、やっぱりね、住みたくはないですね。
Commented by yuu. k at 2008-11-18 09:53 x
gyuさん こんばんは
スペインでは車の個人的駐車場が少なく、道に停めているのが多いのに驚きました。写真の建物も駐車スペ-スが見えないような....。
風邪も治り、音楽を楽しめるようになられよかったですね。
Commented by surrrrround at 2008-11-18 15:44
gyuさん!こんにちは☆

本当に色がキレイ(^^)
家の持っている雰囲気と、この夕日の色合いは、この土地ならではのものでしょう♪
秋や冬の夕焼けって、なんとも懐かしい感じがして、家に帰りたくなりますね!
夏の夕日は、さて!これから遊びに行くぞ!っていう感じ。
(勝手な想像ですけれど・・・・)
このまさに秋の夕焼けは、あったかい気持ちになって家に帰りたくなる気がしました♪
Commented by gyu at 2008-11-18 16:44 x
♪ yuuさん、おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
スペインの古い町並みは、100年くらい前のものですから、当時は自動車など持っている人もいなかったし、駐車場を作るということはかんがえられていなかったんですね。このバルビドレラという町は、山の斜面に家が建っていて、それに合わせて道ができていますから、くねくねしていて細いです。各家で道路に駐車していますから、脇は車が一台通るのがやっと。でもこの街では車がないと暮らせませんから、家が増えるごとに車も増える。今後も大変だとおもいます。
Commented by gyu at 2008-11-18 16:48 x
♪ surrrrroundさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
夕焼けの色、本当にあったかくて、普段見ている風景がとても素敵に見えますね。冬は5時半頃だけれど、夏は9時頃。どんどん日が短くなって、ちょっとさびしいです。
この街の家、何軒も見せてもらいましたが、いずれも山に沈む美しい夕陽がよく見れて、それは素晴らしいです。
Commented by emilia2005 at 2008-11-18 23:54
gyuさん、こんにちは。
今日の写真といいボナノバ散歩の写真といい
抜けるような青空が目にしみます。
だから刻々と移り変わる夕陽の色も格別に美しいのですね。
こちらはどよよーーんと灰色☆ 週末は寒気団が到来といってます。

窓やバルコニーや正門の鉄柵のアイアンの使い方が
とってもお洒落で、こんな模様のものが1つわがやにもあったら
嬉しくなってしまいます。風邪、引き続きお大事に。
Commented by gyuopera at 2008-11-19 07:30
♪ emiliaさん、こんばんは。 素敵なプレゼントをありがとうございました。大切にさせていただきますね。
イタリアの曇り空がスペインのほうに流れてきたのか、今日はまた曇りデーでした。
今日はサンタ・セシリアの日でしたね。音楽学校でコンサートがあり、30分近くも演奏していました。疲れた~。風邪、だいぶいいです。ありがとうございます。
Commented by a-monly at 2008-11-19 11:54
とにかく、とにかく、凄くキレイ!!!
少しだけ、その場所に実際行った気持ちになりました。
gyuさん、素敵な写真をありがとうございます☆
Commented by Bon at 2008-11-19 12:56 x
始めまして。
gyuoperaさんの琴線が、私の琴線に触れ始めて、もう一年以上読み逃げで申し訳ありません。
レース、ガラス、草花、窓、家具、こんなに趣味がピッタリな方がいらっしゃったとは・・・。
感動でした。
若いブロガーの多い中で、年齢の近い方(私の方がだいぶ上かも)のブログは励まされ、毎日の楽しみになっております。

今日の夕景の写真に心洗われて、思わずコメント入れてしまいました。
本当に美しい!! やはり空気が違うのでしょうか?
カメラの腕でしょうか?
いつかこの夕景を見にバルセロナに行きたいです。
Commented by gyuopera at 2008-11-19 16:00
♪ a-monlyさん、おはようございます。 コメントありがとうございます。
この街は山の中なので、斜面に建ったほとんどの家から素敵な夕陽が眺められるようです。ビオラ奏者のラリーの家からも、それは素晴らしい夕陽が見れました。うらやましいですが、昔の別荘地ですから住むにはやっぱり不便かな・・・と。 
このあたりの写真は何度も撮って載せているのですが、夕日に輝く家の素敵さに、思わずまたシャッターを切ってしまいました。
Commented by gyuopera at 2008-11-19 16:04
♪ Bonさん、おはようございます。コメントをありがとうございます。
コメントは私も書くのが苦手ですから、あちこちのブログを拝見してもそんなに書けないんです。義理で書くのも嫌だし(笑)。ですから読んでくださっている方がいるというだけでうれしいです。
私から私の上の年代は、パソコン苦手な方が多いですよね。私の姉もまるで駄目…。できればスカイプなど使えるのに、と残念です。
この街は山の上ですから、空気もきれいなのだと思います。
カメラはコンパクトデジカメですから、腕がいいとは思いません。
いつかぜひバルセロナにおいでくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2008-11-18 03:22 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(14)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera