さまざまなバルコニー

バルセロナの建物で、100年くらいたっているものは、大体小さなバルコニーがついています。幅がほとんどなく、せいぜい植木鉢を置ける程度。少し広めで幅1~1.5mほどなので、テーブルを置いて食事ができる広さがあるところはあまりないようです。
場所によっては、バルコニーにいろいろものを置いてはいけない制約があるところもあるようで、なにも置いてないところもたくさんあります。

バルセロナのさまざまなバルコニー、さまざまな窓と同じようなものですが、見てください。
以前とダブるものもあります。

1.
b0064411_6384544.jpg


2.お花がいっぱいで、ここだけ輝いていました。
b0064411_6394218.jpg


3.
b0064411_6412238.jpg


4.
b0064411_642518.jpg


5. お皿がいっぱい飾ってあるのもスペインぽくて楽しいですね。
b0064411_6433683.jpg


6.ここはかなり古そうで、壁画が痛むから植物を置いてはいけないのかな?
b0064411_6454641.jpg


7.Pasaje de Credito
b0064411_6463128.jpg


8.周りの重厚な感じの装飾とは対照的な椅子とテーブル。Gran de Graciaで
b0064411_6474922.jpg


9.車庫代わりにしている家も多かった
b0064411_649762.jpg


10.ルーバードアの青が効いてる
b0064411_6502828.jpg


11.狭いバルコニーでもこんな大きなバナナの木←バナナじゃないみたいです
b0064411_6512285.jpg


12.昔の洗面台が・・・
b0064411_65253.jpg


13.歴史がしみついてるような・・・
b0064411_6534297.jpg


14.こういう強烈な色には何も置けないかも
b0064411_655827.jpg


15.これも
b0064411_656288.jpg


16.かなり控えめに鉢を置いてますね
b0064411_658372.jpg


17.ここも・・・ Calle Cal
b0064411_721598.jpg


18. エンジェルズトランペットがたくさん咲いています。 Gracia地区で
b0064411_702430.jpg


19.ここは広そうですね。表通りに面したバルコニーには、洗濯物干しは禁止されているんですけどね。住んでいるのは外国人かもしれません。
b0064411_74548.jpg


20.多肉植物がいっぱい。ほとんど外に垂れているほうが多いみたいです
b0064411_755650.jpg


21. きれい
b0064411_77896.jpg


22.ここは奥行きがありそうですね。
b0064411_784286.jpg


23.
b0064411_7113319.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by daikatoti at 2008-07-08 07:33
バルコニーと共に、壁面の装飾も楽しませていただきました。
ほんとに手の込んだものばかりですね。20番はバルコニーの下にまで彫刻が施されていますね。 1番はすばらしくきれいな色だなぁ。
19番、すごい彫刻の立派な建物に、いやに現実的な洗濯物、これは止めていただきたいものです^^
Commented by imagesource at 2008-07-08 09:07
gyuさん、ご無沙汰しています。
これすごく勉強になります。
壁・窓・バルコニー、こんなにいろいろなスタイルが一度に見れて楽しいです。
大通りには洗濯物干すの禁止なんですね。確かに干してあったら頭痛くなりますよね。
個人的には12番のシンプルなバルコニーが好きです。
Commented by dada at 2008-07-08 10:00 x
楽しいですねえ~♪それぞれに個性があって!
#11はバナナじゃなくて クワズイモかもしれませんね。多肉も切り戻しをしたらもっと こんもりとなるのですが こんな朽ちた感じもまた良いかも。日本ももっと古い建物を大事にしたらいいのに・・と思った日記でした。いつも素敵な写真で 癒されます。
Commented by seedsbook at 2008-07-08 14:45 x
バルセロナは色々な窓やバルコニーがありますね。楽しいです。
今度ドイツの窓バルコニーシリーズを撮って、Gyuさんの記事に添えましょうか(笑)
Commented by gyuopera at 2008-07-08 14:47
♪ totiさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
壁面の装飾は見事なものが多くて、それも近年どんどん修復されて蘇っていますから、街を歩いていても楽しいです。バルコニーの下まで装飾が付いているのもよく見られますし、下の面がタイルになってとてもきれいなのも多いです。最近の建物(この60年くらい)はこんな凝ったものは作りませんが、実用的ではあります。
洗濯ものを干すのは禁止になっているんですけれど、どうどう干していますね。ずいぶん遠くから丸見えなんですもの。ここは大通なので、とても目立つんですよ。
Commented by gyuopera at 2008-07-08 14:54
♪ imagesourceさん、おはようございます。コメントありがとうございます。何かご参考になりましたでしょうか。
バルセロナは、バルコニー自体、壁や手すりが装飾たっぷりで、きれいに花を咲かせている家はたくさんないんです。制約があるのかな、と思いますが、ドイツやスイスに行くと、窓辺いっぱいのお花で楽しいですね。
バスクやガリシアに行くと、花でいっぱいの窓辺を見かけますが、湿気の問題もあるかも・・・?
Commented by gyuopera at 2008-07-08 15:00
♪ dadaさん、いくつもコメントありがとうございます。
こうやって並べてみると面白いですね。
確かに! バナナとは葉っぱの形が違いましたね。クワズイモっていうんですね。 
多肉植物を植えている家が多いけれど、みんなほったらかしなので、下にだらんとさがって、上のほうはたぶんしょぼしょぼ・・・ 手間がかからないからということで植えているのかなぁ。
少し新しい建物になると、ベランダが奥行きもありずーっと壁面いっぱいに広いところが多くなるので、食事したりのスペースが持てるのですが、古いところは人が一人か二人たったらいっぱいです。
住むのには、新しい建物のほうが内部も明るいしいろいろ便利なんですけどね。
Commented by gyuopera at 2008-07-08 15:03
♪ seedsbookさん、おはようございます。バルセロナは建物が華やかな模様のついたものが多いから、見ていて飽きないですね。
でもドイツやスイスに行って、どの窓やバルコニーからもお花があふれるように咲いているところを見ると、なんてきれい、と思ったものです。
旧市街では窓辺を花で飾っているところが極端に少ないですね。
新市街の建物は、少し前まで、ベランダの花は、判で押したように赤のゼラニウムと決まっていたものです。
Commented by yoko at 2008-07-08 15:37 x
ベランダにたくさんのお花は憧れます
花を付けないグリーンだけというのも涼しげでいいですね
3,13,20なんかがとても好きです
Commented by yasasin at 2008-07-08 15:48
かなり見応えのあるものでしたね、今回のバルコニー特集。
にしても、バルセロナは集合住宅の割りに個人個人が個性のある楽しみ方をしていて素敵ですね。
外壁のお洒落、憧れます、ものすごく。日当たりのない路地裏に面しているバルコニーでも、きちんとそれに対応できる植物が窓辺に飾られているのがとても印象的だったのを思い出します(4月のバルセロナ探訪の際ですが)
Commented by gyuopera at 2008-07-08 16:18
♪ yokoさん、おはようございます。コメントどうもありがとうございます。
バルセロナはベランダにたくさんのお花を咲かせているところは、案外少ないんですよ。これはちょっと意外でした・・・。 私の住む新しい建物の並んだ地区ですと、かなり見かけるのですが、旧市街はせいぜい多肉植物が圧倒的に多いです。確かにベランダの植物は本当によく枯れてしまうのは、気候のせいなのでしょうか。窓辺にあふれるように、というのは素敵ですよね。グリーンだけもいいですね。
イギリスでは、グリーンと花を素敵な組み合わせで植えてあるところがたくさんあっていいなと思いました。
Commented by gyuopera at 2008-07-08 16:22
♪ yasasinさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
まだたくさんあるので、追加でまた書くつもりですが、バルセロナはお花を植えているところが少ないと思います。こういった、市のリストに載っている古い建物はどの程度の規制があるのか分からないんですが・・・
日があまり当たらない狭い路地では、多肉のような植物が多いのですが、多肉って本来日が当たるのを好むらしいですね。
Commented by tripper_01 at 2008-07-08 20:17
22が好いかな、暑い時なんかも影になって楽かな、なんて感じ。
なんか突然思い出しましたが、マドリードの小さな宿にはバルコニーがありました!
住宅街で周囲の家の中まで見えてしまうし、怪しい東洋人がベランダに居るのも目障りだろうと思ってあまり出ませんでしたが。
外から見るより良いものだったなぁ!
Commented by gyuopera at 2008-07-08 21:13
♪ tripperさん、こんにちは。 バルコニーがあると、部屋がちょっと広く見えていいですね。 少し植物など置いてあると、本当に雰囲気が和らぎます。マドリッドはどのあたりに泊まられたのかしら。
スペインの人は、家の中に日の光が入ると家具やじゅうたんが焼けると言って嫌がります。ルーバードアの日よけなど閉めると、かなり室内が暗くなりますね。でも暑い国のこと、日を避けるというのはとても必要なことなのですね。
Commented by ウルコ at 2008-07-08 22:58 x
あれ?我が家では洗濯物干してるな。。。って思ったんですが、そういえば表通りに面してないから心置きなく。
でも、他のお宅のバルコニーが沢山見えるので あんな風にしたいなぁとか、こっそり勉強してます。
14番のグリーンは、グラシア地区の広場ですよね。見覚えがあります。
Commented by gyuopera at 2008-07-09 04:45
♪ ウルコさん、こんばんは! 昨日はお疲れ様でした。 今日は早速焼きそばにしました(笑)。
早々、表通りに面しているバルコニーは洗濯もの禁止なんですよね。我が家は一本入っているけれど、正面玄関に面しているからいけない規則ですが、洗濯ものを干すためのpatio de luzがあるので、ここに干しています。
14番、そうそう、グラシアの広場に面していますね。ひょろっと立っていて、なんか不安定のような。それにしても誰がこんな色に…初めからそうだったのでしょうか。日本人の感覚から言ったら、極悪趣味ですよね。
Commented by grappa-tei at 2008-07-09 07:53
gyuさん、初コメ。地中海周辺の国々にお住まいの日本人のブログを中心に読ませています。気づいたらスペインが一つもなく、とりあえずgyuさんのを読ませていただこうと。バルセロナは愚亭にとって忘れえぬ街。44年前、フランスの船でイタリア留学の途次、最初に寄港したところでしたから、強烈な印象を残しています。その後、仕事(旅行業)で、何十回と出張したところで、スペインでは最も好きな街の一つ。この記事、すばらしいベランダ特集。よくこれだけ集めましたね。それにしても、一つ一つ意匠を凝らしたものと感心しきりです。
Commented by gyuopera at 2008-07-09 16:23
♪  grappa-teiさん、おはようございます。コメントをありがとうございます。バルセロナでブログを書いている人、たくさんいますよ~。
44年前と言ったら、バルセロナはどんなだったのでしょう。24年前は暗く、汚い危険な町でした。今の変身ぶり、目を見張りますね。
何度もバルセロナにいらしていらっしゃるのでしたら、よくご存じですね。
ベランダの写真はまだまだ山ほどあるんですよ。どれを載せようかと選択に時間がかかります(笑)。何も置いてないところが多いので、そうなるとアイアンの手すり特集になっちゃう・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2008-07-08 07:12 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(18)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera