石畳

以前は、バルセロナもかなりの道が石畳でした。車が走る時、タイヤが上下して、バラバラバラ…というような音をたてました。

石畳は、表面に見えている石の幅と同じ高さの石を埋め込んで作られています。

時には石の間に草が生え
b0064411_631308.jpg


今の季節は黄色い花びらがいっぱい
b0064411_632456.jpg


濡れた石畳の風情があること
b0064411_6323931.jpg


確かに雨の日は滑るし、上を歩きにくいことはありますが・・・ それだけの理由ででしょうか、バルセロナの石畳がどんどん姿を消しています。
タイルに変えているところと、上からアスファルトを乗せてしまうところも多い。

これでは今に、この風情のある石畳が見られなくなってしまう・・・・

それで、見たとき、写真に撮っておくことにしました。
b0064411_6353776.jpg


zona altaで見かけた石畳
1.
b0064411_6365874.jpg


2.
b0064411_6372881.jpg


3.
b0064411_638447.jpg


Sarriaの市場の後ろで
b0064411_63833100.jpg


ペドラルベス修道院のあたりはさすがちゃんと保存してあります。
b0064411_6392413.jpg


b0064411_6394126.jpg


また探してみます。ご存知の方、教えてください。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by daikatoti at 2008-07-05 07:53
これが過去のものになってしまわないことを祈ります。
どうして、アスファルトにしちゃうんでしょうねぇ、つまんないですよね。 アスファルトって熱持つんですよ。夏はそれだけで暑くなるのにね。   雨に濡れた石畳、ステキです。
Commented by yuu.k at 2008-07-05 11:52 x
gyuさん こんばんわ
こちらにも結構残っていますが同じ系統の職人さんが作ったのでしょうね。それにしても下りの坂道を運動靴で歩いてもすべるのでこわいですね。
Commented by alex at 2008-07-05 14:08 x
どんなに歩きにくくても、底に車の付いた荷物を転がしにくくても^^;、石畳は好きです。私は雨も好きなので、雨に濡れた石畳は見ているだけでも心が落ち着いて癒されます。古い道でも、ちゃんと水の逃げ道があったりして、すごいなあと思います。本当に風情がありますよね。でも、石畳では生活しにくい時代なのでしょうね。ちょっと残念な気がしてしまいますけど。
Commented by miki3998 at 2008-07-05 14:45
雨にぬれた石畳、素敵ですね。

 足元って案外気をつけていなかったりしますが、それは味気ないアスファルトの日本だからでしょうね。 たまにお寺さんの石段や きれいに掃き清められた石畳の庭先を横切るとき、それに続いた奥の細道が ミステリアスに見えてきたりします。 
 梅雨明けしたら それもぎらぎらの日差しで乾ききってしまうのですが。
Commented by momo at 2008-07-05 16:01 x
gyuさん、こんにちは♪石畳すてき!アスファルトにして
欲しくないですね。安全第一かな、、滑らない靴があれば
いいのに♪
Commented by じゅん at 2008-07-05 17:16 x
gyuさん、こんにちは。
昨日、今日と、関東地方は夏のような陽気になっています。
気温も30℃を超えているようで、じっとしていても汗がにじんできます。

どこへ行っても冷房が強く効いていて、わたくしにとっては憂鬱です。
扇風機を回してくれれば十分なんですけどねぇ・・・。

そういう意味では、石畳が水にぬれている様子って、涼しげでとても
良い雰囲気ですよね。

そういえば、そちらは今年は水不足にはなっていませんか?

ということでまた来週。
Commented by bcnkahosumi at 2008-07-05 18:06
初めてスペインに遊びに来た頃はもっと多かった気がしていました。やっぱり石畳、減っているんですね・・・ 確かに荷物を転がすカートのタイヤが壊れた困った思い出がありますが、それがヨーロッパ旅行の醍醐味でもあった気がします。 確かに子供やお年よりは滑って危ないですけれど・・・・(苦笑)
Commented by hai-toku at 2008-07-05 20:22
バルセロナオリンピック、矢が飛び、聖火に点火。とっても印象的でしたね。そのバルセロナオリンピックにも出場したアーチェリーの山本先生の講演を聴きました。こっちも素晴らしかったです。
Commented by gyuopera at 2008-07-05 21:41
♪ totiさん、こんにちは。 石畳って、日本にもありましたっけ。
確かに歩きにくいですよね。雨の時はかなり滑るし・・・でも美しいと思いますね。アスファルトは風情が全くないですね。
まだ少し地方に行けばみんな石畳です。でもそれが消えてしまわないことを祈ります!
Commented by gyuopera at 2008-07-05 21:43
♪ yuuさん、こんにちは。石畳って、世界中にあるのかもしれませんね。作る時は結構時間がかかっていると思います。アスファルトなんて、あっという間ですものね。
確かに滑って歩きにくいけれど、美しいし長持ちするし、夏は涼しいのだと思います。エコロジックなものなのですから、保存の方向に持っていってほしいものですね。
Commented by gyuopera at 2008-07-05 21:47
♪ alexさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
運動靴を履いていればまだしも、サンダルとかヒールのある靴だと本当に歩きにくいものですね。でも耐久性・視覚的・エコの面で、利点も大きいのですから、できるだけ温存してほしいと思いますね。
イタリアの、どこの町だったか忘れてしまいましたが、小さな古都を訪れたとき、土砂降りの雨でした。でも町中石畳で、あまり水たまりがないんですね。うまく水が逃げるようになっていたのですね。とても美しかったのを思い出しました。
Commented by gyuopera at 2008-07-05 21:50
♪ mikiさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
鎌倉にはまだ風情のある道がたくさん残っていることと思います。アスファルト外貨に味気ないか、一目瞭然だと思うのに、やっぱり便利・実用的ということで、どんどん石畳や土の道がなくなってゆくのは嘆かわしいことですね。土の面積が消えてゆくと、それだけ別の障害が出てくるそうです。温暖化にも当然一役買っているはず。昔の良さを見直してほしいですね。
Commented by gyuopera at 2008-07-05 21:53
♪ momoさん、こんにちは。暑いですね。
石畳は確かに滑ります。石の表面がまっ平らにしてないからです。運動靴を履いていても、雨の日は滑ります。まぁ、たくさんの転倒事故とかあって、苦情が多く、アスファルトやタイルの道にしたのだと思うのですが…本当にアスファルトって、風情がないですね。夏は暑いしね。
広島にも石畳はありますか?
Commented by gyuopera at 2008-07-05 21:57
♪ じゅんさん、こんにちは。毎週コメントどうもありがとうございます。
日本も暑くなったのですね。こちらは20日くらいから毎日30度を越します。でも比較的風があるので、不快ではないですよ。もちろん、バスや電車は冷房がガンガンですが・・・ 冷房は、一応25度まで、ということらしいです。それ以下に設定するのは、エネルギーの無駄遣いということにほかなりません。夏なんですから暑くて当然ですよね。汗もかかないというのは、体にとってもいいことじゃないと思いますね。
さんざん水不足が叫ばれていたのに、その後たくさん雨が降って、今のところ大丈夫らしいですよ。でも暑いです!
Commented by gyuopera at 2008-07-05 22:00
♪ かほすみさん、こんにちは。この間、パルスに行ってきました~♪
石畳、確実に減っています。この分では、市内の石畳は特別な歴史的な場所以外はなくなってしまうのではないかと懸念しています。
確かに歩きにくいですね。下手に隙間にかかとが落ちると、抜けなくなったり足をくじきそうになる・・・でもやっぱり保存してほしいと思います・・・
Commented by gyuopera at 2008-07-05 22:05
♪  hai-tokuさん、こんにちは。 スペインも暑いですが、日本も暑くなったそうですね。バルセロナオリンピックはもう16年も前のことになります。なんだか、ついこの間のような気さえします。月日が経つのはなんて早いことでしょう! 
期待をかけられてのオリンピック出場、そのプレッシャーたるや大変なものでしょうね。
Commented by レモンドロップ at 2008-07-05 22:07 x
こんばんは♪私も石畳って大好きです。それがあるだけで街が絵になる感じがするし、なんといっても自然の風景にもなじみますよね。それにアスファルトの上を歩くのとも、土の上を歩くのとも違って、石畳の上を歩くのって何か特別なことのようにも感じます。車もそう。ガタガタハンドル取られながらゆっくり走るのって私は好きです。
さらに石畳の間から草が顔を出すのにもなんとも心惹かれます♪我が家のせま~い庭先にレンガを敷いてもらった時も、間から草を出したくて全部をセメントで固めないようにお願いしたほどです。利便さと美しさを昔のものに両方求めるのは難しいんですね。。。
Commented by gyuopera at 2008-07-06 00:46
♪ レモンドロップさん、こんにちは。 石畳のある風景って、本当に絵になりますね。昔の建物との相性も抜群ですよね。何百年も前からあったものが多いので、石畳があるだけで歴史を感じますね。
バルセロナでいちばん古いゴシック地区の狭い道路も、石畳ではなくタイルを張り詰めた道になっています。アスファルトではないので、そんなに風景を壊しはしないのですが、やっぱり・・・・ね。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-07-06 17:30
深く歴史の跡が残る
石畳は興味があります。
でも、歩くのにはあまり適さないかもしれませんね。
女性などハイヒールを履いて歩くのは大変かもしれません。
消えていくのかもしれませんねー。
今日もスマイル
Commented by tripper_01 at 2008-07-06 21:33
東京の歩道もその昔は石畳ではないものの煉瓦や人工石を敷き詰めてあったのですが、砕いて警官に投げる流行があってから一挙にアスファルト舗装にしてしまったんですよね。 最近は再び人工石の道が復活してきました。 歴史的な重みはないものの、少しづつ優しくなって来た雰囲気です。 ヨーロッパの石畳の風情とは別物ですが、徐々に徐々に試行錯誤を重ねながら変わって行く...っと好いな。

石畳の目地の花、草、バリエーションが面白いですね!
Commented by gyuopera at 2008-07-06 22:21
♪kawazukiyoshiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ハイヒールでなくても普通の靴でも、石畳は確かに歩きにくいですね。隙間が多い石畳は、特に・・・ でも、100年も200年も前からあった石畳、消えていくのはさびしいです。
バルセロナはタイルにしてあるところもあり、そのほうがアスファルトよりまだいいですね。
Commented by gyuopera at 2008-07-06 22:24
♪ tripperさん、こんにちは。 tripperさんの石畳の写真はいつもとても素晴らしいですね。ちょっとまねしてみました(笑)。
でも今はバルセロナで見つけるのが難しくなっています。
確かに、石畳がタイルに代わると、掃除もしやすいし、清潔になった感があります。特に、ゴシック地区などは、毎晩水で道路を洗い流すんですよね。
人口石の道も、むき出しアスファルトよりずっといいですね。いいほうに変わっていってほしいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2008-07-05 06:41 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(22)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera