Caixa Forumで 見た2つの展覧会

Caixa Forumで私の見たかった展覧会はこれ
b0064411_455228.jpg


エトルリア文明展です。これ以下は、パンフレットやHPからの写真です。

b0064411_46402.jpg


謎の民族とされるエトルリア民族は、紀元前700年頃からイタリアのトスカーナ地方に住み着きました。すでに高度な文明を持っていて、その金細工は本当に素晴らしい技術の域に達していました。金細工のみならず、たくさんの青銅・鉄製品も生産していました。ローマに完全に滅ぼされたのが紀元前265年ですから、エトルリア文明は500年も続いたわけです。

今回の展示会では、装飾品や兜、盾や剣のほかにも、壷類、二輪車の復元されたものや、墳墓の室内の壁画もありました。 
装飾品では、数あるブローチや腕輪の中に、金細工のレースのようなブレスレットがあり、それは美しいものでした。また、家の部分的な復元もあり、その屋根に乗っている瓦,端の屋根からでている端の部分がみんな楽しい顔になっているんです。
かなりの点数があり、とても興味深いものでした。

b0064411_4253983.jpg  b0064411_42672.jpg  b0064411_42639100.jpg


b0064411_427431.jpg  b0064411_428658.jpg


b0064411_4283939.jpg  b0064411_429281.jpg


b0064411_4295179.jpg  b0064411_4302448.jpg  b0064411_4305943.jpg 三本足の台に乗った器は、さまざまな動物が器を覗き込んでいるデザインで、とても楽しいものです。


一部屋がお墓の内部を再現ていて、ぐるりにこんな壁画が
b0064411_4315961.jpg
  b0064411_432203.jpg


この2本の笛を吹いている男性の絵は、小さい頃母の持っていた画集で見ていて、とても印象が強かった覚えがあるのです。一体どんな音がするのでしょうね。2本に分かれていたら、穴を指でふさぐのは結構難しそうですね。



さて、Caixa Forum で見たかったもう一つの展覧会は、カタルニア音楽堂100周年記念です。

b0064411_52027.jpgb0064411_5202965.jpg


カタルニア音楽堂は、1908年に、ドメネク・イ・モンタネール設計の音楽堂で、モデルニスモ建築の傑作とされています。

b0064411_534559.jpg


会場に入るには、重いビロードのカーテンを開けて入るのですが、その前にも展示があって、そこで流しているのは、オーケストラがコンサート前に音合わせをしているラの音です。
私はこの音を聞くのが大好き! これからコンサートが始まる、と言う期待感をそそります。

内部は真っ暗、3方の壁に大きなスクリーンがあり、また床から突き出した台のようなところにもスクリーンが2つあって、それぞれのビデオを流しています。音はそこのベンチに置かれているたくさんのヘッドフォンで聞くようになっています。

私が行ったときは、ちょうどモンセラート・カバリェが絶妙な声で歌っているところでした。そして、ズービン・メータがマイスター・ジンガーの前奏曲を。そしてピリス、カレーラス、ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレス、それからそれから・・・・ いずれも音楽堂での演奏の録画です。 もう永久に続かないかしらと思いました! 

このカタルニア音楽堂100周年記念展覧会は、音楽道内でも、またロベルト宮でもやっています。
そのロベルト宮のHPに、100周年の短いビデオがあって、カタルニア音楽堂の内部が見られます。内部をごらんになっていない方にはきっと楽しめると思います。画面の右下の四角をクリックすると、大きな画面で見られます。

http://www20.gencat.cat/portal/site/PalauRobert/menuitem.24624ed9d70d41f972623b10b0c0e1a0/?vgnextoid=7ed2a82285092110VgnVCM1000000b0c1e0aRCRD&vgnextchannel=7ed2a82285092110VgnVCM1000000b0c1e0aRCRD&vgnextfmt=detall&contentid=03fe30bbb6ca8110VgnVCM1000008d0c1e0aRCRD

少しだけれどいい音楽を聞き、いい展覧会を見て、大満足でした。このほかに、カイシャ・フォーラムでは、今チャップリンの展示会もやっています。

このカイシャ・フォーラムは、こんなに素晴らしい展示会も、すべて無料で見ることができるのです。

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
Commented by hyblaheraia at 2008-03-26 21:14
朝から素晴らしいものに触れ、いい気分です。ヴォルテッラというトスカーナの小さな町に作曲家アントーニオ・チェスティ研究のフィールドワークで行った時、そこにエトルリア博物館があることを知りました。残念ながら宿泊中は閉館していて見られませんでしたが、中はきっとこういう見事な金細工があったのでしょうね。左側にある白い石の夫婦像は石棺の蓋でしょうか?素材はアラバスター、それとも大理石ですか?美しいですね。エトルリア文化というとこれを思い出します。ローマのボルゲーゼ美術館にも確かこういうものがあると聞いています。本物が見たいです。
それとお墓内部の壁画絵ですが、この楽器はギリシアのアウロスにそっくりですね。ダブルリードで、精神の高揚をもたらすので酒神バッカスの楽器ですが、エトルリアにもあったんですね。左の女性のスカート?のなんて軽やかなこと。風になびいているようですね。
カタルニア音楽堂の動画も見ました。以前に写真をお載せになったホールですね。もう感無量。こんなところでコンサートを聴いてみたいです。ジャンルも演奏家も選びません。ただただ、そこで聴いてみたいです。
Commented by r at 2008-03-26 22:35 x
滅びてしまったエトルリア文明、カーシャフォーラムで無料で見れるというのはいいですね。
最近、昼間にNHKBSでチャップリンの映画はなぜか集中放送されてたので、チャップリンの展示も、見れれば見たいものです・・・
カタルーニャ音楽堂100周年展、音楽堂は知ってましたが、ロベルト宮やカーシャフォーラムでもやってたのは知らなかったです。
ギターフェスティバルのうちの、4/3のJorge Drexler、カタルーニャ音楽堂でやるんですよね。行きたかったです・・・
Commented by gyu at 2008-03-27 07:04 x
♪ hyblaheraiaさん、こんばんは。ヴォルテッラって、素晴らしいローマ劇場があるところですよね。あそこのエトルリア博物館はかなり有名だとか。今回の展覧会は、あちこちのミュージアムから借りているようで、(フィレンツェが多かったかな?)とても興味深いものでした。
ここの壁画、みんな伸びやかでとても楽しそうでした。エトルリア人の考える死後の世界はどんなものだったのでしょうね。

カタルニア音楽堂は、あまりの装飾の多さに初めはうるさく感じたのですが、今はかなり楽しんでいます。座席は小さめで、ちょっときついですね。
Commented by gyu at 2008-03-27 07:12 x
♪ rさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
エトルリアの展覧会は5月4日まで。チャップリンは4月27日までです。カタルニァ音楽堂のは5月25日まで。
rさんがバルセロナにいらっしゃるのはギターフェスティバルが終わった後ですか? 残念ですね。
そうそう、バルセロナにギターのオーケストラがあるんですね。知らなかった・・・・
Commented by un-chat at 2008-03-27 08:44
gyuさんおはようございます!
興味深いルポタージュをありがとうございます♪
壁画をじーーーっと観てしまいます。
カタルニア音楽堂100周年記念ですか。。。一度観光的に訪れたのですがあのお席でいつかオーケストラを聴きたいです!

Commented by aqua_blueY at 2008-03-27 08:55
素晴らしい展覧会ですね。エトルリア文明ってはじめて聞きました。

壁画もとてもカラフルで綺麗ですよね。
Commented by momo at 2008-03-27 13:40 x
gyuさん、こんにちは♪はじめて見るものばかり。
エトルリア文明、口では言えない~トホホ。
じっくり見て帰ります。
Commented by gyuopera at 2008-03-27 15:27
♪ ねねさん、おはようございます ♪  いつもコメントありがとうございます。
ルポルタージュといっても、カタログの写真とかですから・・・ (笑)。 とても素敵な展覧会で、もう一度、といわずあと何回かいってもいいな、と思いました。 
このお墓の部屋は、みんな楽しそうに踊っている絵がぐるりを取り囲んでいて、とても楽しい雰囲気でした。音楽や人のざわめきが聞こえてくるようでした。
カタルニア音楽堂、日本のコンサートホールに比べたら小さいかもしれませんが、ここの人たちはとても誇りにしています。
Commented by gyuopera at 2008-03-27 15:30
♪ aqua_blueさん、おはようございます。 コメントありがとうございます。
エトルリア文明、文化的にとても影響の大きかった文化ですが、ローマに完全につぶされてしまいました。トスカーナ地方に栄えた文明で、今でもたくさんの遺跡が残されているそうで、いつか見てみたいなぁと思います。エトルリア、と聞くだけで、なんだか遠い目になってしまいます。
Commented by gyuopera at 2008-03-27 15:33
♪ momoさん、おはようございます。 お元気ですか?
エトルリア文明のことを調べようとネットで検索すると、日本のサイトは本の宣伝ばかり。日本って、どこまでもコマーシャリズム、とうんざりすることが多いです。英語やイタリア語で検索すると、たくさんのミュージアムがでてきて、あちこち見ているだけでもとても興味深いものでした。でも写真を集めるのは難しかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2008-03-26 18:56 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera