グラシア地区で


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
  
前回に続いてグラシア地区でのスナップ。

グラシア地区のレセップス広場では、何年にもわたって大々的な工事が行われています。いったいいつになったら終わるのか、誰も知らない。この間は、掘り返していたら、人骨が2体出てきた、とかニュースになっていましたが、そのあとどうなったのかしらん。

その大工事の広場の脇にある古い家の塊
b0064411_5102730.jpg

同じ敷地内に、5軒のまったく異なったスタイルの家が並んでいます。

一番端の家は、屋根の裏にも模様が付いていて、多分この家が一番古いのでしょう。
b0064411_513441.jpg


門の扉はすっかりさびて
b0064411_5144485.jpg


b0064411_5151295.jpg


なかなか素敵なアイアンの柵なんですが
b0064411_516132.jpg


お庭はジャングル状態
b0064411_517945.jpg

多分人が住んでいるのだと思うのですけどね。


細い道を歩いていたら、こんな学校を見つけました。
b0064411_5183613.jpg

かわいい校門ですね。

さて、お次は・・・・



1.これは前回の一番初めの建物の玄関。1927年。デコの時代ですね。
b0064411_5222773.jpg


2.細い玄関扉です。
b0064411_5224776.jpg


3.ペンキがちょっとはげかかったところがいい
b0064411_5231354.jpg


4.レースみたいなアイアン
b0064411_5233186.jpg


5.すっきり、シンプル
b0064411_5235376.jpg


暗くなってくると、明かりがついて、内部が見えてきます。
6.ステンドグラスがとても綺麗です。
b0064411_5252314.jpg


7.
b0064411_52637.jpg

  ここの天井画がまた綺麗
b0064411_5264911.jpg


8.こちらも
b0064411_5275695.jpg

玄関ホールは普通なんだけど
b0064411_5283165.jpg

天井画がすごい
b0064411_5285663.jpg

普通のアパートなんですけどね
b0064411_5292599.jpg


あまりへばりついて写真撮っていると、泥棒と間違えられそうだから、このくらいにしておきますね。 ^^
b0064411_53162.jpg

Commented by gionbayashi at 2008-02-02 08:37
ということは、この街には今もこんなにうまく修理・修復する伝統技術を持った職人さんがおられるということですね。
Commented by alex at 2008-02-02 08:59 x
 おはようございます。
 こうしてたくさん建物を見せていただくと、門や窓の趣向や天井画などが特別な装飾ではなくて、普通に考えられて作られていたことが何だか実感としてわかってきます。文化の違いですよね~。6の写真のステンドグラスも壁も美しいですね。
Commented by gyuopera at 2008-02-02 09:26
♪ gionbayashiさん、コメントどうもありがとうございます。
そうですね、バルセロナは古い建物の修復作業がいたるところで行われていますから、そういう職人さんたちも健在ということですね。
リセウ劇場が焼けたときは、前と同じ建物を建て直す際、職人不足が話題になっていましたが、昔ほどたくさんいるわけではないので、修復作業には大変時間がかかっていますね。
Commented by gyuopera at 2008-02-02 09:28
♪ alexさん、お早いですね。私はこれから寝るところです(笑)。
19世紀後半から20世紀前半は、かなりの建築ラッシュで、競って豪華な建物が建てられました。それでも、賃貸料が安かったので、かなりのお金持ちの人でも、ほとんどの人が家は買う物ではなくて借りるものだったそうです。大家である建物の持ち主は大体1階(日本の2階)に住み、そこはプリンシパルと呼ばれ、扉やバルコニーも特に立派に作られていました。今ではみんなが自分の家を買うので、不動産は大きく値上がりしてしまったわけです。
こちらでは,家を買うと、まず設計者・建築家に家の改装を依頼します。ですから、昔から建築家がとてもたくさんいるんですね。
Commented by あや at 2008-02-02 10:18 x
えっっっ!人の骨って、、、恐ろしい。。。
あれ、学校ってescuelaじゃなかったっけ?escolaとも言うんですか?
もしかしてカタラン語なのかな?混乱しそうです^^;;

Commented by un-chat at 2008-02-02 10:50
gyuさん3つもポチポチしてきたらここまで帰ってくるのが時間か借りました(笑)
何度、何処を拝見しても深い建築技術を感じますね。
日本の伝統建築も芸術も素晴らしいですが、無いのもねだりなのか、やはり流線の美は魅了されます。
Commented by じゅん at 2008-02-02 15:24 x
gyuさん、こんにちは。
今週もほとんどの日で最高気温が10℃未満という寒い一週間でした。
もう2週間続けて寒いので体の方も慣れてきたようです。
今日も弱々しく薄日が差す程度の寒い日となっています。

数日前にグエル別邸のドラゴンの写真が掲載されていましたね。
とても懐かしく拝見しました。今も健在なんですね。
確か近くにガウディの等身大のブロンズがあったと思いますが
こちらはどうなのでしょうか。まだあるのかな?

バルセロナの街って、歴史的な建造物と近代的な建造物が同居
している感じが印象に残っています。
「歴史的」と言っても現在でもちゃんと現役の建物も多いですよね。
カサミラも確かオフィスビルとして使われていたような・・・
日本の場合、歴史的価値があるとわかればすぐに「立ち入り禁止」
とか「手を触れてはいけません」ということになりがちですので、
その辺りに考え方の違いを感じます。

ということでまた来週。
Commented by gyuopera at 2008-02-02 16:52
♪ あやさん、おはようございます。 そうそう、escolaって、カタラン語です。とにかくここの公用語はカタラン語ですからね、最近、お店の看板もカタラン語で書くこと、なんて規則ができたくらい、カタラン語に徹底することに躍起になっています。若い人たちはいまやほとんどカタラン語で話し、スペイン語もうまく話せない人まででてきている始末。これは大変な弊害だと思うのですが、カタラン語ということで、たくさんの会社がここに投資するのを躊躇しているのに、カタルニァ政府はカタランの旗を振りかざせば票が取れるのでエスカレートするばかり。カタラン語教育に莫大なお金をかける代わり、英語教育にかけるべきじゃないかな?
Commented by gyuopera at 2008-02-02 17:07
♪ ねねさん、おはようございます。3つもポチしてくださったんですか~、どうもありがとうございます。気が向いたときでいいです・・・すみません。
日本の直線的な建築は、やはり日本人の気質にあっているのでしょうね。それに、日本に豊富にある木材を使えばやはり直線になりますよね。
日本の浮世絵の曲線に刺激されて起こったたアールヌーボーの波は、芸術の町と呼ばれていたバルセロナでも花開いたのですが、マドリッドでは少ないですね。
町を美化する運動”Barcelona, ponte guapa"が起こってから、すでに町の古い建物の半分以上が修復されているということで、今後もどんどん綺麗になってゆくことが期待されています。この20年の変貌は目を見張るものがあります。
Commented by gyuopera at 2008-02-02 17:14
♪ じゅんさん、おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
ガウディの等身大のブロンズ像、もちろん今も健在ですよ。あれはかなり新しいものなのです。つい最近、あのガウディの塀のところに突然出来てびっくりしたものです。
「あら、この人なーに、邪魔じゃない」と思ったら、ガウディさんでした。
今はさらに歴史的な建物の修復が進んで、それを次々に一般市民に開放しています。あるものは見学が出来るようになり、あるものはカルチャーセンターとして市民が利用できるようになっている、これは本当に近年のことです。うれしい限りですね。
カタルニァ政府はかなりの借金をしているはずだけれど、町がどんどん綺麗になって住みよくなるのが実感できるので、ありがたいですね。
Commented by otebox at 2008-02-02 19:51 x
gyuさん久しぶりに書き込みます。ほとんど毎日訪ねているのに、読み逃げでごめんなさい。ウェブサイトで元気を発信している方が多そうなので、わたしも真似してexblog.jpの仲間入り!それでそれで・・・リンクさせてもらっていいかな?
Commented by gyu at 2008-02-02 20:04 x
♪ oteboxさん、こんにちは。コメントどうもありがとうございます。
毎日来てくださっているの!? 光栄です! 書き込みはいいですよ、気が向いたときで・・・ 何書いていいかわからないときも多いですしね。
exblogになりました?写真のアップがとても楽で気に入っています。リンク、こちらこそよろしくお願いいたします! 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2008-02-02 05:31 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(12)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera