Francisco Vinyas国際歌唱コンクール

今年も、第45回Francisco Vinyas国際歌唱コンクールが行われ、今日はリセウ劇場で、受賞者たちの最後のファイナルコンサートがありました。

金曜日に、最終選考に残った38人のコンサートがあったのですが、チケットを持っていたのにもかかわらず、すっかり忘れてしまって、今日やっと思い出し、今日のコンサートは無事行くことができました。

いつもオペラのときは、鏡の間で飲み物をいただくのですが、今日はサービスがありませんでした。ちょっとがっかり。
b0064411_6303853.jpg


天井画をゆっくり眺めることが出来ました。
b0064411_6311168.jpg


b0064411_6312979.jpg


今年は53カ国から495人の参加者があり、一位該当者はいなかったのですが、2位がスペインのソプラノと韓国のテノール、3位がアメリカのバリトンとスペインのソプラノ、韓国のバリトン。特別賞として、リート部門にドイツのソプラノ、サルスエラ部門でスペインのソプラノがそれぞれ入賞。

入賞者はさすが相当なレベルで、もうプロとして十分通用する人たちばかり。今年スペインの入賞者が3人もいましたが、これもまれなこと。そして、韓国人が2人も! この5人は、本当にうまく、うなってしまいました。テノールはなかなかいい人がでないのですが、この韓国人のテノール、かなりいい線行っています。難しいロメオのアリアを見事に歌っていました。
2位のスペインのソプラノは、ピアニシモをそれは美しく歌い上げて、感動的でした。

審査員は、スペイン人は僅かで、世界中から来ているのでびっくりしました。中にはオペラハウスの役員や、歌手もいます。イレーネ・コトルバスの名前がありました。遠くで顔は見えなかったけれど・・・。
b0064411_6371755.jpg


b0064411_6373548.jpg


2位のソプラノとテノールです。
b0064411_6382296.jpg


受賞のあと、Francisco Vinyasのアイーダのアリアの録音を流しました。彼は100年前、一世を風靡したテノールだったのです。
録音は1904年、場所はこのリセウ劇場。もちろん100年前の録音ですからそんなにいい状態のものではありませんが、今の歌手のほうがずっと上手に歌う人も多いのではないだろうかと思いました。歌唱レベルが上がっているのですよね。

歌唱コンクール入賞者のコンサートはレベルが高くて、聞いていて聞き応えがあり、とても面白いわりには、入場料もオペラや有名人のコンサートの5分の1程度。とても楽しめます。それにしてもすごくがんばっている韓国勢。日本人は毎年最終選考まで残っていません。どうしてでしょうね。


↓クリックしていただけると励みになります。

Commented by tripper_01 at 2008-01-28 08:29
日本人は世界中何処にでも進出していますが、概しておとなしい印象ですね。
様々な分野でトップになった日本人も多いとは思いますが、それとは別に自己
主張が少ないのかな?
それに比べて中国、韓国勢は勢いが凄い。
よく働くコトもあって商店街でも彼らの店が目立ちますね。
「バイタリティー」ってやつ。
Commented by gyuopera at 2008-01-28 08:44
♪ tripperさん、お早いですね。私はまだ寝てません(笑)。
このところ、韓国勢がすごいです。日本人はどうしたの・・・?ってかんじ。ヨーロッパのほかの国でもそうなんだそうです。
日本人の自己主張が少ないのは、そういう風に教育を受けていないからでしょうね。出る釘は打たれちゃう。周りと違うものは、みんなでいじめ!
もっと個性を伸ばす教育方法をしてゆくべきですね。
中国人は、ものすごく働きますね。お店も日曜日もやってるし・・・ バイタリティがあるのかなぁ・・・ 日本人はやせることばかり考えすぎなんじゃない?
Commented by りゅう家のジジ&ババ at 2008-01-28 23:20 x
日本人の得意技、電車の中でのお化粧。
出発から化粧が始まり、目的地では別人@p@!
嘆かわしい光景と思うのは、私だけでしょうか?
でも、こんなコンクールが日常に手軽に見る事ができて、
本当に素敵! 
音楽は良いですよね〜!(奥は深いですがね)
Commented by gyuopera at 2008-01-28 23:58
♪ りゅう家のババさん、こんにちは。コメントをどうもありがとうございます。
私も一時帰国のとき、電車の中で大きな鏡を出してお化粧を始めた若い女の子を何人も見かけ、本当にぎょっとしました。真っ先に思ったのは、水商売なのかな?と。公共の場で臆面もなくそんなことが出来るのは、普通の教育しつけを受けた人ではないと思うのは当然でしょう?でもそれが普通の家庭の普通の人だったら・・・ 同じ日本人として、顔から火が出るくらい恥ずかしいですね。
別人のようにお化粧するひとって、お化粧を落としたときとのギャップがいやじゃないのかな?素顔がだんだんボケてくるんですよ。

このコンクールは世界的で、このほかにももちろんフルート、ピアノなどの世界コンクールがあります。そちらはもう少し日本人もいるみたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2008-01-28 06:42 | オペラ、コンサート musica | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera