楽しい看板

お店の看板は、大きなものはないこともあって、なかなかおもしろいものは見つからないのですが、今日はちょっと目に留まったものを集めてみました。

b0064411_7442781.jpg

バールの看板だけれど、天使がワイン飲んでるって言うのもちょっと面白いかな?


これは何の看板か、シャッターが閉まっていたのでわからなかったのです。
何のお店でしょうね?
b0064411_746487.jpg


おもちゃ屋さん。馬の首がにゅっと突き出している
b0064411_7483481.jpg


映画館だけれど、ちょっと楽しくて
b0064411_7495032.jpg


ランジェリーのお店
b0064411_7505521.jpg


鍵屋さん
b0064411_7515488.jpg


Born地区のレストラン2軒
b0064411_7562286.jpg


b0064411_7564213.jpg


パン屋さん。老舗のようですね
b0064411_82096.jpg


ファーマシーは、老舗の素敵なお店がたくさんあります。蛇が付いているところが多い
b0064411_832095.jpg


あとはまぁ、普通なんですが・・・

Ferran通りのお店
b0064411_861659.jpg


ガウディのCasa Calbetのレストラン
b0064411_895165.jpg


ゾリンゲンのお店
b0064411_8234837.jpg


それにしても、日本のような看板が見当たらないのは、町の外観を壊すと言う理由で、禁じられているようです。


↓クリックしていただけると励みになります。

Commented by コボ at 2008-01-23 11:39 x
gyuさん、こんにちは!
面白い看板の数々、楽しませていただきました。ありがとうございます。
ファーマシーと蛇というのは、意味がありそうですね。
日本の看板は、確かに町の外観を壊すようなものが多いですね・・・
Commented by KLE4C at 2008-01-23 12:50 x
いいなあ、これ。
昔からの町並みを大切にして、その町並みにあう抑えめの看板、でもアイデアがいっぱいで楽しい。ただひたすら客を呼び込むだけの目的で、派手派手の日本のうるさい看板とは全然違う。
Commented by un-chat at 2008-01-23 13:19
gyuさんまたまた楽しいシリーズですね!
案外ポップな看板やデザインが多いのが興味深く思います。
最近、日本の世界遺産地区へ行って来たのですが、残念ながらgyuさんの仰る通り「お土産」とか「あったか〜い おしるこ」
なんて看板が沢山あって少し幻滅してしまいました。
まだまだ日本は景観に対する美意識が足りないのかな?と思いましたよ。
Commented at 2008-01-23 13:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ハニー at 2008-01-23 13:55 x
gyuさん、雪の東京です***
バルセロナはおしゃれな看板が多いですね。
今、買い物に出かけてたのですが、看板、看板と気にしてましたら、ありました7枚目に似たお店!ジュエリーショップでした!!
目先の商品だけ気にかけてると、気がつかずに終わるのですが看板観るためには目線が少し上になりますね。
普通のお宅の表札、いわゆる縦長の漢字タイプから、おしゃれな黒いアイアンの英文字が増えてきました。
いつもの道も目線を変えるとこんなに楽しいなんて、gyuさんのおかげ。
そういえばgyuさんのアイコン(でいいのかしら?)ドアの取っ手がお顔になってておもしろいですね〜。

Commented by hanaitoh at 2008-01-23 15:48
いつも、gyuさんのページで、バルセロナの街のいろいろを見ていて、
何か東京と(日本と)違うと感じていたのですが、お店の看板の印象の違いで、こんなに差が出ていたとは、驚きです。
街全体の景観を大切にする姿勢を、もっと学ばなければいけませんね。

どの看板も、ユニークで、おしゃれな看板でした。
Commented by ミーム at 2008-01-23 15:52 x
外国の看板ってユニークでかわいいものがたくさんですねー。
私もバルセロナに行ったとき、看板をいくつか写真に収めました。
ランジェリーのお店のコルセットの看板がかわいいですね!
このお店、ぜひぜひ入ってみたい!
日本ではとにかく人目につくことが目的ですから、デザイン性のあるものってとっても少ないですよね。
去年か一昨年、京都で看板を規制する法律がさらに強化されましたが
その時の反発といったらすごかったです。
みなさん商売ですから、その気持ちもわかるんですが、せめて京都くらいは、
ひどい町並みにはなって欲しくないなぁとおもいます。
Commented by gyuopera at 2008-01-24 01:10
♪ コボさん、こんにちは♪ 
ファーマシー(薬屋)と蛇との関係は、ギリシア神話にでてくる医術の神がアスクレピオスというのですが、その神様の持っている杖に、蛇が絡み付いています。彼は医の象徴とされていて、ヨーロッパではこのマークをよく見かけます。詳しくはウィキペディアをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%94%E3%82%AA%E3%82%B9
Commented by gyuopera at 2008-01-24 01:37
♪KLE4Cさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
そうですね、日本の看板はちょっとうるさいものが多いですね。あれはとても町の景観を汚く見せるのに役立っていると思いますね。
あと、ネオンサインはとても少ないです。
Commented by gyuopera at 2008-01-24 01:47
♪ ねねさん、こんにちは ♪ コメントをどうもありがとうございます。
バルセロナって、あまり看板がないんですよね。今回新しく撮った写真は初めの5枚ですが、あとは手持ちの写真をずいぶん探してやっとこれだけ集めました。外に飛び出して付ける看板はごく小さいもの以外、禁止されているようです。そういえば、前夫が働いていた銀行も、建物の外に一切看板がないので、ちゃんとした住所を持っていないと外からではわかりませんでした。

飛騨高山のお写真拝見しましたよ~、あんなところでも、そんな看板が目立つなんて、興ざめですね。町の美観を壊さないように、ある程度規制すべきですよね。そうしたほうが、観光客はもっと来ると思うんですけどね。
Commented by gyuopera at 2008-01-24 01:49
♪ 鍵コメさん、ご丁寧にどうもありがとうございます。
あんなもので喜んでいただけるなら、こちらこそとてもうれしいです。
もし芽が出なくても、またお送りすることが出来ますから、遠慮なくおっしゃってください。今に、日本中にはびこっちゃったりして(笑)。
Commented by gyuopera at 2008-01-24 01:56
♪ 花糸さん、こんにちは。 いつもコメントありがとうございます。
そうですね、日本の看板は、街の景観を悪くするものが多くて残念ですね。ヨーロッパの場合は、規制がかなり厳しいのだと思います。そのおかげで、町は昔の景観を保っていられるのですね。古いものを大切にする意識が浸透しているのでしょうね。
Commented by gyuopera at 2008-01-24 02:02
♪ ミームさん、こんにちは。 コメントどうもありがとうございます。
京都では一応看板の規制があるのですね。京都に求めるものは、やっぱり歴史のある古い町並みですから、規制は絶対すべきですよね。それだから観光客が来るのですし・・・町の美観を損ねるようなものは絶対やめるべきだと思いますね。看板を取ると、売り上げが激減するんでしょうか?
バルセロナは、外に付ける看板はごくごく僅かで、あまり見かけないような気がします。かなり厳しい規制があると思いますよ。これだけ写真を集めるのもなかなか大変でした(笑)。
コルセットの絵、楽しいですね。
Commented by gyuopera at 2008-01-24 02:57
♪ ハニーさん、こんばんは ♪ お返事があとになって申し訳ありません。
そう、ふだんの目線をちょっと変えるだけで、目に入ってくるものが変わります。そうすると、いつもの風景でもまた新しい発見があって、楽しくなりますね。
私は大体上を見て歩くので、下にお金が落ちていてもわからない(笑)。
犬の糞を踏む可能性も高い!バスに乗れば、目線がかなり上になるので、面白い発見がないかといつも窓にへばりついています(笑)。
ドイツに行くと、アイアンの素敵な看板がたくさんありますね。あれだけで芸術品!バルセロナでは残念ながらめったに見かけません。
アイコンのドアノブ、顔が付いていて面白いでしょう。これ見つけたときは、あ~なんて声が出ちゃいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2008-01-22 07:58 | 日々のこと cotidiana | Comments(14)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera