Manuel Vazquez Montalbanのオマージュコンサート

よく晴れた土曜日、今朝は気温がぐっと下がり、バルセロナでも3度くらいまで下がりました。

今日はバルセロナの北の、山の中の小さな町バルビドレラのカルチャーセンターで、Manuel Vazquez Montalbanのオマージュコンサートがありました。 

b0064411_4464940.jpg


Montalban(1939-2003)は、作家・批評家・詩人として沢山の作品を残した人ですが、彼の作品の紹介や、内容に関係する、当時流行った曲などを演奏する、と言う趣向で、彼のすんでいたバルビドレラで、毎年この時期にオマージュコンサートをするのです。

曲はポピュラーなものが多いので、私たちクラッシックのグループに白羽の矢が立ったことがなかったのですが、今年は断れなかったようで、慣れない曲を練習して出演することになりました。私たちのほかに、モダンコーラスグループと、ボーカルとピアノとギターのグループが出演しました。

オマージュといっても、田舎の町のカルチャーセンターで、とてもささやかなものです。

会場には、50年代、60年代のポスターが貼ってあります。
b0064411_4591697.jpg


b0064411_4593699.jpg


b0064411_50158.jpg


b0064411_502137.jpg


b0064411_503940.jpg


ちょっとダサくて、今のように何でも豊富ではなかった時代です。

40年代、50年代、60-75年代の社会状況の説明、どんな歌が流行ったか、どんなアーティストがいたか、などの説明があり、ブロックごとに私たちが交互に演奏します。

このヴォーカルグループはとてもうまかった
b0064411_54526.jpg

ハスキーな声ですごくチャーミング。ピアノの男性も、引きながら自分でJoan Manuel Seraatの歌をとても素敵に歌いました。


私たちはと言えば、狭いステージでぎゅうぎゅう。
b0064411_555379.jpg


b0064411_561610.jpg


おまけにオーボエがBesame muchoで一小節早く入ってしまい、私が「シーッ」と言ったのが、後で笑い話に。 そんな彼も、私の

「市民戦争はいつからいつまで?」

の質問に、

「1936年7月18日から1939年4月1日まで」

とすらすらと書いてくれました。

それにしても、なんだかあんまり「演奏した!」っていう気にならないコンサートでしたが、無事終わりました。そんな、あまり大して面白くないようなオマージュに、結構な人が集まるものです。小さな町だから、みんな行くところがなくて暇なんだな~。

コンサートのあと、pica pica(軽食)があると聞いたので期待していたら、な~んだ
b0064411_584956.jpg

ポテトチップス、オリーブ、チーズ、トルティーヤ(スパニッシュオムレツ)とピクルス。
出演者全員に、Montalbanの本をプレゼントしてくれました。
b0064411_5114216.jpg


なんか、へんなコンサート。
来週は2つコンサートがあり、リハーサルも3回。ちょっときついです。

余談ですが、このバルビドレラのカルチャーセンターのすぐ近くにある建物
b0064411_5131173.jpg

Villa Molitorといって、建築家がBonaventura Conill, 1905年に建てられた建物です。
b0064411_514254.jpg

細部がなかなか面白いですね。
b0064411_51516.jpg

彼の建築した建物は、ほかにLloret de MarのCapella del Santíssimが有名です。

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by alex at 2007-11-18 10:34 x
 コンサートお疲れ様でした。今月は3つ、コンサートがあるとおっしゃってましたよね。
 今回お写真とお話から、故人の生きた時代を感覚的に偲ぶという雰囲気を感じたので、視覚、聴覚ときたら味覚も! で、お食事も当時の感じを出したものが供されたら良かったのにな、などど参加者でもないのに思いました。(笑)
 こちらは昨日の朝霜がおり、空気が凛とする季節到来です。gyuさん、体調にお気を付けられて、コンサートをのりきってくださいね。
Commented by gyu at 2007-11-18 17:51 x
♪ alexさん、おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
寒くなりましたね。コンサートの日は一段と寒かったです。
この軽食にはかなりがっかり・・・まぁ、小さな町ですから、予算が無かったんでしょう。もちろん出演料は無しですよ(笑)。
あと2つのコンサートは教会で、ヘンデルのミサ曲や水上の音楽、メサイアなどを演奏します。かなりの曲目なので、リハーサルも大変です。それに2つのコーラスグループも一緒ですからね。これが終わるまで、落ち着きません。
Commented by mi-san at 2007-11-18 18:05 x
gyuさん、おはようございます。
クラッシックは詳しくないのですが、大好きです。
以前やっていた店で何度か知人の音楽家の方に演奏していただいた事があります。何ともいえない素敵な雰囲気で、音楽とお料理のコラボいつかまたやりたいと願っています。
gyuさんの演奏を聴ける日がいつか来る事も。
きっと美しいでしょうね。
Commented by seedsbook at 2007-11-18 18:17 x
”へんな・・・・”とありましたが、楽しそうな感じがします。
年末は色々催し物があるのでしょうね。聴きに行けたらいいのに。。。と思います。
Commented by gyu at 2007-11-18 20:57 x
♪ mi-san, こんにちは。コメントをありがとうございます。
私たちのグループはそんなに大きいグループではありませんから、大きなオーケストラとは違って、室内楽と言う形式ですね。自然バロックが多くなります。時々頼まれて演奏したりしますね。
私はソロとして活躍しているわけではありませんし、まだプロでもありませんが、みんなで演奏しているのは楽しいですね。コンサートは緊張しますが、ただ演奏するのとは違って、みんなの気持ちも一つになってゆくから良いですね。
Commented by gyu at 2007-11-18 21:02 x
♪ seedsbookさん、こんにちは。
秋から冬にかけてはコンサートシーズンですね。今まで12月はクリスマス劇の演奏をやっていたのですが、あまりの忙しさに、去年から断ってしまいました。それだけで何もできなくなってしまうからです。12月はいろいろやりたいこともあるし、自分もコンサートを聴きに行きたいですからね。
昨日のコンサートは、まぁ私たちのいつも演奏しているものとは違って、どうもしっくり行かなかったんで、へんな、と書いたのですが、そんなのもあって良いかもですね。ドイツでもいろいろなコンサートが催されていることでしょうね。ドイツから来た方が、ドイツでは家の中で一生懸命楽器の練習したりする気になるけれど、バルセロナは天気が良いから外に遊びに行きたくなる、と言っていました。うん、そうかも。
Commented by あや at 2007-11-18 21:53 x
コンサート楽しそうですね^^
やっぱ音楽っていいですよね。最近、私も機会があればまたちょっとやってみたいなぁ~なんて思ったりもします^^

えっ!3度ですか?3℃???
バルセロナってそんな気温下がるんですか?めっちゃ寒いですね^^;;
Commented by gyu at 2007-11-18 22:24 x
♪ あやさん、こんにちは。コメントをいくつもありがとうございます。
そうなんです。今ちょうど寒波みたい。こんなに下がるのはしょっちゅうじゃないんですけどね。朝晩は下がるときもあるので、やっぱりコートは要りますね。
音楽って、みんなで演奏するって言うのが楽しいですね。あやさんも何か楽器を演奏するの? ここはライブ演奏もあちこちで聞くことができるので、きっと気に入りますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-11-18 05:17 | オペラ、コンサート musica | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera