古代ローマ遺跡 12


バルセロナ市歴史美術館には、古代ローマの町の中を歩けるという楽しみもありますが、そのほかの多数の展示物や出土品も興味深いもの。

写真の一部は、ミュージアムの本からお借りしています。

男女の胸像
b0064411_6475730.jpg


床のモザイクもところどころ
b0064411_649597.jpg


b0064411_6495344.jpg


b0064411_650301.jpg


b0064411_6512164.jpg


b0064411_6515983.jpg


壁画も
b0064411_6543631.jpg


b0064411_655625.jpg


ローマの家の模型
b0064411_47854.jpg


b0064411_482310.jpg

屋根が真ん中が開いていて、内側に傾いでいるのは、雨水をためるようになっているもの。

これはカタルニア歴史博物館に再現されたもの
b0064411_4113045.jpg


洗礼のための小さなプール
b0064411_495763.jpg


さまざまな器

b0064411_4122756.jpg


b0064411_41351.jpg


b0064411_4134218.jpg


スプーン。当時は全部スプーンで食べていたそうです。
b0064411_4142636.jpg


b0064411_656645.jpg


ぼけていてすみませんが、このツボたち
b0064411_4153874.jpg


b0064411_416911.jpg

  昨日ゲットした、アンティークの銅製のピッチャーとまったく同じ形。デザインがずっと受け継がれているんですね。



オイルランプ。これは複製が売られています。
b0064411_4175538.jpg


織物
b0064411_4182416.jpg


これで大体ミュージアムのご紹介は終わりです。お楽しみいただけました?
b0064411_420516.jpg


バルセロナにお越しの際は、是非ご自分の目でご覧になって体験してください。

最後に、王の広場の夜景です。
b0064411_4205979.jpg



追記: 11月13日の新聞に、市庁舎の横にある通り Calle Ciutat 3番地にある建物の地下に、かなり良い状態のローマ時代の壁と、4世紀の西ゴート族の遺跡が見つかり、その上に建っている19世紀の建物を壊すか壊さないか、今論議をかもしています。壊せば、市庁舎の横の入り口前広場が開け、その奥にあるSan Just Pastor教会の美しい後ろの入り口が見られることになりますが、万が一壊さないとしても、地下の遺跡はガラス張りにして一般公開するようになるだろう、とのこと。
このCalle Ciutatは、ローマ時代の南北に走るメイン通りだったのですから、この両側に重要な建物があったのは当然なのです。今の市庁舎広場Plaza de San Jaimeは、フォロと呼ばれる公共の場所、そこにアウグスト寺院も建っていたわけです。
その遺跡が公開されれば、またご報告したいと思います。


↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by alex at 2007-11-16 07:22 x
 はい、とても楽しかったです!
 ローマの家には驚きました!広くて、かまどがいくつかあるように見えるんですけど、何家族かで住んでいたのでしょうか。繊細なモザイクも見事です。
 建物や装飾に比べると、生活道具が質素に思えましたが、当時の生活の様子がむしろはっきり感じられました。オイルランプは型押しですでに量産していたのかなとか、手前のスプーンの細工は素敵だなあと思いました。材質は銅と錫か何かでしょうか?
 いつも感想が質問型になってしまいますが、これからまたいろいろ勉強していきたいと思っています。ローマ遺跡シリーズ、ありがとうございました。お疲れ様でした。
Commented by AoimikanM at 2007-11-16 08:55
最後の一枚、鳥肌が立ちました。
gyuさんの無駄のない冷静なテキストも今回のローマ遺跡シリーズにしっくりと馴染んで何度も拝見しておりました。
スプーンの造形、ピッチャーや織物など世界に共通する文化、生活様式を考えると、我々現代人は日々発展しているようで特別な事など何も無いような気がしました。
ありがとうございます! またいつかやってくださいね。

*ねね
Commented by gyuopera at 2007-11-16 16:02
♪ alexさん、おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
ローマの家、大きいですよね。当時は家族が多かったのかな?奴隷もいたでしょうし・・・ これは貴族か裕福な家でしょうね。
私、当時の服がとても好き。ゆったりとして、気持ちがよさそうですね。でも冬は寒そう・・・家も風通しがよく夏はよさそうだけれど、冬は寒そうね。
スプーンは青銅でできています。オイルランプは方押しじゃないと思います。沢山発掘されていますが、全部模様や形が違います。
今回、ガイド付きツアーのほかにもいろいろサーチしたり本を調べたりしてかなり詳しく勉強しました。自分のためにもなったかな、と思います。
Commented by gyuopera at 2007-11-16 16:12
♪ *ねねさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
このときはコンパクトと一眼レフと両方持っていったんですが、ほとんどコンパクトデジカメで撮りました。最後の一枚も、多分・・・ これは、一般の人が入れないテラスから撮ったもので、夏の夜のミュージアムツアーのときだけ開放される場所。いつもは下から見上げるだけなのですが、ちょっと違う角度で撮れました。
おびただしい数の発掘物があるのですが、とても載せきれないので省略・・・中には、碁石や、ベルトのバックル、アクセサリやはんこなども合ってとても面白いです。2000年前でも本当に何でもあったんだなぁ!と感心することしきりでした。
Commented by daikatoti at 2007-11-16 20:48
モザイク模様がビーズ刺繍に見えてしまいます。
Commented by gyuopera at 2007-11-16 21:59
♪ daikatotiさん、こんにちは。
そういえば! こんな模様のビーズのポーチを持っていたことがあります。布地一面にさしてあって、確か20年代のポーチだったと思います。モザイクと同じですね! いずれにしても、根気の要る仕事でしょうね。
Commented by stcl at 2007-11-17 08:57
見事なモザイク、そして家の造りにもへぇ~っと感心してしまいました。過去のもの、他の国のものにも、見るべきものはたくさんありますね。
Commented by gyu at 2007-11-17 15:05 x
♪ stclさん、おはようございます。
モザイク、見事ですね。綺麗に残っていて、あちこちの遺跡で見ることができます。作るのにはかなり時間がかかっていることでしょうね。
家の作り、古代ローマの家は風通しが良くて、冬寒そうですね。衣装もですけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-11-16 05:19 | 古代ローマ遺跡 romanos | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera