古代ローマ遺跡 9


バルセロナの古代ローマ遺跡は、町の中心地の地下にある、と言うのがとても魅力。大きな遺跡ではありませんが、気が向けばすぐ見にいけると言うのがミソ。

それでは地下の古代ローマの町を歩いて見ましょう。 

b0064411_2015472.jpg


b0064411_2083598.jpg


b0064411_20105655.jpg


通路は遺跡の上に網状の鉄板が置いてある上を歩き、ところどころガラス張りになって、地面がよく見えるようになっています。

b0064411_208549.jpg


b0064411_2091820.jpg


b0064411_2095520.jpg



現在見ることができる部分は、町の産業地区およびパブリックスペースとされているところ。

ここは洗濯場、および布や古着を染めるのに使われたところ
b0064411_21112618.jpg

ここに水をため、洗剤および漂白剤として石灰、灰とアンモニア(馬の尿が特によかったそうです)を水に溶いて加え、足で踏みつけて洗われました。

あふれた水を流す排水溝もあります。

こちらが洗ったものや染めたものをすすぐところ
b0064411_20113814.jpg

b0064411_2012566.jpg

床のモザイクに魚が見えます。
b0064411_2013184.jpg


ここは公共浴場。温水と冷水のプールがあり、こちらは冷水のほう。
b0064411_20213034.jpg


立派な排水溝
b0064411_20244847.jpg


見事な柱の並ぶ教会の建物の基礎部分。柱の下には、遺骨を入れるくぼみがあります。
b0064411_20254631.jpg


b0064411_20261156.jpg


b0064411_20264148.jpg


この建物の想像図
b0064411_2033822.jpg


綺麗な床の跡
b0064411_20334087.jpg


この部分は
b0064411_20344950.jpg

元はこうであったろうと思われ

b0064411_20362987.jpg

通りに面して建っているので、公共のスペース、おそらくはタベルナ(軽食堂)の跡とおもわれます。
b0064411_2024987.jpg

b0064411_2023479.jpg


b0064411_2037377.jpg


つづく

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by ハビーのママ at 2007-11-13 23:52 x
「気が向けばすぐ行けるのがミソ」本当に、そうですね。交通手段が実に機能的!!街の大きさが人が暮らすのにほどよいのかも知れませんね。東京やメキシコシティでは大きすぎて・・・空の色はシティもBCNに劣らず魅力的ですが、BCNから戻りガックリ。窓から見えるペセロに至ってはドアを閉じて走っているのを一度たりと見たことありません。乗るには結構な覚悟がいりました。今回のBCN訪問で、皆さん運転マナーがとてもよくなった、と感心。91から94まで住んでいました。02に一度訪問しましたが夏だったので炭酸ぬけたソーダー水のバルセロナ。やはり、GYUさんのブログにもありますが、メルカドやバールで働く人が自分の仕事に誇りもってキビキビしているところですよね。しかも個性的に。そうそう、運転マナーだけではなく、パンが美味しくなっていることにも驚き!昔は
フランスの隣なのに、なんでこんなにパンがまずい!と思った事でした。
シティの暮らしも1年が過ぎましたが、ヤレヤレ。早くこの気持ちを前向きに変えたい、と切に願うこのごろです。ごめんなさい。暗くなって。よき、アドバイスをお願いします。
Commented by KLE4c at 2007-11-14 01:29 x
実際に行けることがあったら、例えばこの洗濯場の上が王の広場のこの辺にあったってとか、立体的に想像しながら見ることができそうで、でも結局頭の中がこんがらかってきつつも、そんな風に想像する過程が楽しんじゃいそう。
日本じゃ建物が木ばかりだから、例えば出雲の神殿とか実は凄い高い建築物だったのだとかって言われても、でもあくまで想像の域を超えることが出来ない訳なのだけれど、こちらのは石だからしっかり残ってる、しかも年代毎で、後々どう使われていったかの過程がわかる、それが複雑に立体的にその時代毎の時間や生活の過程までも絡み合ってるのを目の当たりにすることが出来る、
くうううううぅぅぅぅ・・・!!!
全部しっかり見えるのも、それはそれで凄いことなのだけれど、こうゆうのもね、い・い・なあ~。
Commented by gyuopera at 2007-11-14 03:01
♪ハビーのママさん、コメントをどうもありがとうございます。
メキシコシティは大都会ですものね! 私が住んでいたのはもう30年も前のことですが、そのころは良かったですよ。ソナ・ロサに住んでいて、遠かったけれど、ショッピングカーを持って露天市に行くのが楽しみでした。メルセ市場もたまには行きましたね。
ぺセロは今でも健在なのですね。あれはレフォルマ通りを走っているんですよね。よく乗ったものですけれどね。

バルセロナにはちょうどオリンピックのころいらしたわけですね。あれからの変化は本当に目覚しくて、よくやってるな、と感心します。
確かに大きすぎる町より、ちょっと小さめの町のほうが、住みやすいですね。
Commented by gyuopera at 2007-11-14 03:04
♪ KLE4cさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。
"Porque no te callas?"は今流行語になってますよ。
石の文化って、ずっと残っているからすごいですね。それも昔の石がまた別の建物を作るために使われ・・・って、リサイクルされているんだから面白いです。想像力をたくましくして、当時の様子を思い浮かべるのは楽しいです。まぁ、奴隷がいたから成り立っていた世界なんですけどね・・・
Commented by daikatoti at 2007-11-14 08:43
gyuさん、いつも、丁寧な取材で、ありがとうございます。
8枚目の、洗ったものや染めたものを洗うところ、という写真、これ、
これをヒントにしてキルトのパターンが出来るとおもいました。
真上からの写真よりも、このはっきりしないところが、想像をかきたてて・・
今、スケッチをとりましたが、とてもいいパターンになります。
多分、スケッチだけで、このまま眠り続けるとおもいますが、そういう視点で、こういうものを見る、というのも面白いものです。
Commented by AoimikanM at 2007-11-14 09:40
gyuさんこんにちは。
もう、何度も何度も見てしまいました。遺跡シリーズは勉強になる事も多く、また本やドキュメンタリー番組などより余程リアルですね。

*ねね
Commented by gyuopera at 2007-11-14 14:50
♪ daikatotiさん、おはようございます。
コメントをどうもありがとうございます。このミュージアムは大好きなので、かなり何度も行っています。
モザイクの模様を着るとのデザインに! 面白いですね! 作品を作るときはやはりまず元になる案をスケッチをしてから作成するのですね。
2000年近くも前のもののデザイン、今でも生きているものがあって、後ほど紹介すると思いますが、先日買ったピッチャーなど、そっくりでした。
作品が完成したら、いえ、スケッチだけでも見せてくださいね。
Commented by gyuopera at 2007-11-14 15:00
♪ *ねねさん、おはようございます。コメントをありがとうございます。
このミュージアムは大好きで、何度も通っています。ローマの町の中を散歩できるなんて、ぞくぞくしてしまいます。あの神殿の柱のあるところも、入場料はただなので、近くを通りかかると入っては眺めているんですよ。
中で上演しているドキュメンタリーはとても良くできていて、このDVDほしいなぁと思うんですけど、売ってない。
ガイド付きツアーにも行きましたが、本で読んだことと違っていたりするので、またインターネットで調べたり、本をあちこち探したり、レポートするのは結構時間がかかります。でも一気にやってしまわないと、また細かいことを忘れちゃいそうで。
暗いので、フラッシュなしのコンパクトデジカメでは限度があるけれど、それなりの雰囲気を感じていただけるでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-11-13 20:40 | 古代ローマ遺跡 romanos | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera