古代ローマ時代の遺跡 3



バルセロナの前身、ローマ時代の町バルキーノは、厚い壁に囲まれていました。
そのおかげで、町は600年以上もの間、外敵からしっかりと守られていました。この壁のおかげで、バルセロナがカタルニァの首都となりえたのです。当時、タラゴナは大都市で、バルキーノははるかに小規模な町でしたからね。

この壁が一番初めに作られたのは、バルキーノが創られたときで、二層の壁を作って、中をモルタルで埋めました。
さらに三世紀の終わりに、今までの壁のさらに外側にもう一つ壁を作り、その隙間を、町にあったさまざまな建物の石材など(ローマ以前の、イベロ族などの建物)で埋めたので、場所によっては、壁の厚さが8メートルにまでなりました。
市壁の全長は1350mで、8mおきに四角い塔が作られました。塔は全部で76個あり、塔の高さは18m、幅は5.5~6mありました。
塔は通常四角でしたが、門にあたる部分や、角にあった10個は、円形だったり八角形だったりしていました。


それでは、これから、ローマの市壁を、順を追って見てゆきましょう。

円形の塔が良く見えるのは、前回書きました、カテドラルの横の塔です。
また、カテドラルの左手にある、Museo Odisseaの内部にも、円形の塔の基盤部分があって、見ることができます。

カテドラルの左手にある Tapineria通りに入りますと、そこからRamon Verenguer広場を過ぎ、Sots-Tinent Navarro通りからTraginers広場まで、市壁をずっと見ることができます。ここは、Laietana大通りからも良く見えるので、ご存知の方も多いでしょう。

ローマ時代の部分は下だけですが、なかなかいい眺めでしょう。

b0064411_8132420.jpg


この部分は、幅を広くした壁の上に、1302年に王宮(Palau Reial Major)を建てたのです。 飛び出した塔は、サンタ・アガタ礼拝堂(Capella de Santa Agata,1315年)で、この建物の向こう側が王の広場になります。
b0064411_8162281.jpg


少し出っ張ったところがありますが、その下がローマ時代のものですね。
b0064411_818145.jpg


このアーチの部分、内部がごたごたしていますね。
b0064411_8211818.jpg


アーチに続いて、ローマ時代の四角い塔が2つ見えます。
b0064411_825727.jpg


b0064411_8255862.jpg


壁に近寄ると
b0064411_8282444.jpg


かなりひどい積み方をしていますね。日本だったら地震があるから崩れてしまいそう。
b0064411_8274218.jpg


b0064411_8291089.jpg


b0064411_8304972.jpg


b0064411_8313331.jpg


b0064411_832983.jpg


この部分の上に建っているのは、レケセンス邸(Palau Requesens, 1250)です。内部の詳しい写真はこちら
b0064411_15423793.jpg


b0064411_15435086.jpg


もう少し進むと、ここにも塔が

b0064411_8341164.jpg


b0064411_8351330.jpg


良く見ると、面白そうな石がいくつも見られます。
b0064411_836885.jpg


b0064411_8363758.jpg


b0064411_923296.jpg


塔の下の部分に四角い穴が見えますね。
b0064411_903874.jpg


どうも、ここを暖炉にしていたようで、火をたいた跡があります。
b0064411_914952.jpg


ローマの市壁めぐりはまだ続きます。

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by seedsbook at 2007-10-31 16:35 x
バルセロナは発見が沢山ありますね。
ローマ遺跡シリーズ楽しみに拝見しています。
Commented by gyuopera at 2007-10-31 17:40
♪ seedsbookさん、おはようございます。
コメントをどうもありがとうございます。
これからしばらく、石の写真ばかりです(笑)。 大規模なエジプトやギリシャやローマのような遺跡ではありませんから、石積みだけなんですが、それでも私は結構わくわくしてしまうんです。
Commented by AoimikanM at 2007-10-31 20:10
gyuさん、ローマ遺跡楽しませて戴いてます。うわ〜とか声が出てしまいそうになりますね。
カテドラルから横に入った辺りは何度も通りましたが、細かくは覚えていないものなのですね。同じように見えていたのかも知れませんが、今なら絶対石巡りしてレンズを向けていそうです。
続きが本当に楽しみです!

*ねね
Commented by alex at 2007-10-31 21:11 x
 こんばんは。この石の色と積み方に時代とロマンを感じます。
ちょっと違いますが、ごつごつした古い石の建物を見ると、子どもの頃テレビで観た「サムソンとデリラ」の一場面を思い出します。俳優さんも本当の題名も知らないのですけれど、とても印象的でした。
Commented by gyuopera at 2007-10-31 21:14
♪ *ねねさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
ホントに遺跡ですから、石の写真ばっかりなんですけれどね・・・ 遺跡は、想像力をたくましくしなくてはならないんですよね。
今回のテーマは、ずっと以前から詳しく書きたかったことなんです。でも一般にはあまり興味をもたれたいテーマかな、とは思うんですけどね。
ヨーロッパは乾燥しているので、昔の石も、日本のように苔むしていたりしないんですね。その辺に転がっている石も、もしかしたら・・・なんて目で見ちゃうようになります(笑)。
Commented by gyuopera at 2007-10-31 21:24
♪ alexさん、こんにちは♪ いつもコメントをありがとうございます。
石も、一つ一つ、穴が開いていたり、うっすら傷のような彫ったあとがあったり、じっくり見ているととても面白いんです。
サムソンとデリラ、私はマドリッドでドミンゴが歌うときに聞きに行きました。最後に、神殿の大きな4本の柱が前に30度くらいわ~っとかしいで、すごかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-10-31 06:36 | 古代ローマ遺跡 romanos | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera