レストラン Petra

お友達とBornあたりでお昼を食べましょう、と言うことになって、La Bascla に行こうと予定をしていました。行ってみたら、あ~、閉まっているではありませんか。 夏休みか、それとも近い将来弊店すると聞いていましたから、もうしているのか?

ちょっとがっかりでしたが、それでは近くのPetraに行きましょう。ここももう何度も来ているけれど、創作料理で何時も新鮮です。

b0064411_6281436.jpg


b0064411_6584874.jpg


ワインのビンにメニューが書かれています。
b0064411_629183.jpg


b0064411_6592656.jpg


初めのprimer platoにエスケイシャーダ(たらのサラダ)を頼んだら、かっこよく出てきました。
b0064411_6304349.jpg


タマネギは生でなく、マリネーしてあって、ナスやパプリカの焼いたものも入っていました。つまり、エスカリバーダという、野菜を焼いたものとエスケイシャーダが混じったようなかんじで、上にサラダが乗っていて、アンチョビー味のソースがかかっています。
b0064411_6501269.jpg


メインは豚のフィレを頼んだのですが、
b0064411_651212.jpg

薄いクラッカーのようなものが敷いてあって、上に豚フィレを煮た(?)ものにおいしいソースが絡めてあり、その上にバナナの揚げたものが載っています。
b0064411_6531630.jpg


ここでもうお腹一杯、デザートは省略してしまいました。 コーヒーは場所を移して、

La Clandestinaに行きました。
b0064411_655364.jpg


地下鉄の駅に向かいながら、なるべく人のいない通りを歩きました。
b0064411_658290.jpg


b0064411_6595627.jpg


b0064411_704342.jpg


ある家の戸(そこは全部、ガラス戸で囲まれていました)があいていて、若い人が何人か入り口に座っていました。見ると、床が全部掘り返されています。下に石の何かが見えました。
思わず、聞いてしまいました。

「それって、遺跡を掘り返してるの?」
「そうよ」
「古代ローマ遺跡?」
「そう」

このあたり、掘れば遺跡に当たるんですね。面白いなぁ。

いきなりピンクの色が目に飛び込んできました。
b0064411_715824.jpg


花屋さんのウィンドーでした。バラを、食べ物のように飾ってあったんです。
b0064411_725222.jpg


朝から飾られていたのでしょうか、ちょっと元気が無いようでした。花屋さんとは思えませんでした。
b0064411_744451.jpg


Petra c/Sombrerers 13 tel. 933 199 999

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by AoimikanM at 2007-08-08 08:25
gyuさんおはようございます。
バルセロナでは珍しい創作料理らしいお店なんですね。
ワインにメニューが書いてあるって斬新かも知れません。
外食を余りしないけれど行く時はやはり「ここは間違いない」って所へ行きたいですよね。
(昨日は本当にタンをお茹でて作りました。お友達が来ていたのでちょうど良かったの!ありがとうございました)
さてさて、薔薇にお箸が刺さってますねー! これはどうかな?ってありますよね。
パリのヘンテコ日本料理店でてんこもりのお茶碗のごはんに上から真直ぐお箸を刺して出しているところがありましたよ(笑)
お供えとして日本では絶対タブーなのにね。勿論私はそれを見てお店には入らなかったのですが、、、、、。
食文化はどんどん混じって行って、今後どうなるのでしょうねえ(笑)

*ねね
Commented by imagesource at 2007-08-08 08:39
gyuさん、こんにちは

公開も面白い写真たくさんですね。
創作料理のお店、腰壁のタイルがすごく素敵ですね。
青い塗り壁とすごく合ってますよね。

2件目のお店も面白いですね。
黄土色の塗り壁をくりぬいて、下地のレンガを出している部分、
面白いですね。
くりぬき自体もかわいい形になっていて、ユニークな壁のアクセントになってると思います。

その下の玄関ドアの写真の脇にある、石膏を彫った飾りも面白いですね。表札みたいなものでしょうか?
Commented by kotobuki at 2007-08-08 14:15 x
バルセロナへの好奇心がおさえられず、gyuさんのブログを毎日のようにチェックしています。

ヨーロッパに実際に行くまでは、石づくりの建物ってすごく圧迫感があるイメージをもっていましたが、まったくそんなことはないですね・・。
細かい彫刻が施してあったり、意外に繊細な素材なんだなと思ったりします。
それになんだか心が落ち着くような感覚を得ます。
とくにバルセロナの建物の色は少しオレンジがかった感じで、明るい色とのコントラストがいつも美しいな・・と思っています。
料理もなにもかもがキレイな色!

生活に密着した写真やお話、これからも楽しみにしています。
Commented by gyuopera at 2007-08-08 14:25
♪*ねねさん、おはようございます ♪
最近、バルセロナでは創作料理のレストランがかなり増えてきました。どうもちょっと・・・と言うところもありますが、いけるのもかなりあって、楽しみです。昔は外食をほとんどしなかったけれど、最近、結構楽しみなんです。タン、いかがでした?
日本人以外の経営している日本レストラン、バルセロナも雨後のタケノコのようにできていますが、お料理は目が点になるようなものが出てくることがあります。現地の人はそれを日本料理と思っているのか、結構盛っていたりして。そういうお店は二度と行きませんけどね。
そのディスプレー、笑っちゃいますね。
Commented by gyuopera at 2007-08-08 14:30
♪ imagesourceさん、おはようございます。
このお店、いずれも昔からあった歴史の感じられる部分をうまく利用していますね。全部壊して新しく作るより、ずっとおもむきがありますね。
最近、この手のお店がどんどんできています。昨日も歩いていて何軒新しいお店を見つけたことか・・・・ ついでに、小規模ですが、ローマ遺跡を発掘している現場までありました。
Commented by gyuopera at 2007-08-08 14:47
♪ kotobukiさん、おはようございます。
バルセロナも、20年前は、建物もみな黒くすすけ、暗いイメージだったんですよ。それを、市で、"Pon' guapa"(綺麗に!)のキャンペーンをして、町中の建物を修復しました。古いものを壊してしまうのでなく、綺麗にお化粧直しをしたわけです。おかげで町は生まれ変わり、観光客がどんどん増えてきた、と言うわけです。
もちろん、まだ薄暗い怖そうな通りは沢山ありますが、そういうところはいっそう染み付いた歴史が感じられますね。
お料理もお店のインテリアも、日本のように何でもきちっとはしていないのですが、そのアバウトさが私には心地いいです。
Commented by jacarandaまきお at 2007-08-08 19:58 x
こんにちは!
モザイクの壁が美しいですねぇ~☆
Commented by gyuopera at 2007-08-08 20:55
♪ jacarandaまきおさん、こんにちは。
そうだ、jacarandaまきおさんはモザイクがお好きだったんですよね。
バルセロナって、かなりモザイクが見られるかもしれませんね。ラベンナのような素晴らしいものではないですが・・・
古い家の床など、よく見かけます。じゅうたんの代わりかしら、なんて思ったものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-08-08 06:32 | レストラン、バル restaurante | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera