夏の夜のコンサート


以前、「風の影」のレポートでご報告したサン・フィリップ・ネリ教会で、コンサートがありました。
夏はオペラやコンサートが少なくなっているので、大喜びで行きました。

8時40分くらいでもまだ昼間と変わりません。
b0064411_661463.jpg


中からは、リハーサルしている音が聞こえてきました。
外で待っている間、壁に刻まれた市民戦争のときの弾丸の生々しい痕を眺めていました。
b0064411_681964.jpg


b0064411_685325.jpg


b0064411_691214.jpg


b0064411_693320.jpg


b0064411_610346.jpg


ジジジ・・・・と、かなり大きな音がして、街頭が点きました
b0064411_6105914.jpg



9時10分前に、中に入れてくれました。

祭壇の彫刻と大理石の柱が目を惹きます。
b0064411_6131771.jpg


b0064411_6135152.jpg


絵もなかなか素敵でした。
b0064411_6144843.jpg


ちょっと面白いシャンデリア
b0064411_6155280.jpg


b0064411_6163315.jpg


b0064411_6165586.jpg


教会でのコンサートは、なるべく前で聞いたほうがいいようです。各壁・天井からの反射音の速度が違うので、後ろに行くほど残響が混乱してしまうのです。

でも一列目と2列目はリザーブ席。
コンサートの始まりが10分遅れたのも、招待客を待っていたようなのですが、一人も現れませんでした。今ちょうど夏休みですからね。

ピアノ、フルート、ヴァイオリン、ファゴットのクワルテットで、作品はヴィヴァルディ、バッハ、ドボルザーク、クイ、ショスタコービッチ、バルトーク。

照明がかなり熱を持つのでしょう、ヴァイオリニストはいつも汗を拭いていました。
b0064411_6212847.jpg

素晴らしいヴァイオリニストでした。
ヴィヴァルディとバッハは、フルートはヴァイオリンのパートを吹いていて、それが結構しっくり行っていてよかったです。ファゴットの音も心地よい。
特に気に入ったのはCuiとBartok。 

終わったのは11時。久しぶりにいい音楽を聞けてうれしかったです。

写真の見苦しいのはご勘弁ください。ポケデジで、フラッシュ無しで撮ったので、明度を上げたらとても粒子が粗くなってしまいました。

↓クリックしていただけると励みになります。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-08-05 06:25 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera