宮殿


カタルルニァ州はスペイン産業革命の中心地で、スペイン GDPの19%を占めている経済リーダーでもあります。また、カタルニァ州の州都バルセロナは、25年ほど前から町の美化につとめ、観光革命を実施・成功した例でもあります。

カタルニァ州で特に発展した産業は繊維ですが、そのおかげで沢山の富豪が生まれ、ガウディのパトロン、エウセビオ・グエルもその一人です。

カタルニァにあるおびただしい数の宮殿は、新たに建てられたものももちろんですが、昔からあった元貴族の宮殿を、新興の富豪たちが買い取り、手入れをして使ったものも多く、その歴史を読むと、大変面白いものです。

その後、持ち主の子孫たちが維持しきれなくなった多くの宮殿は、市や州が買い取って、ミュージアムやカルチャーセンターなどの公共の建物、市のオフィスなどになっていますが、多くの建物が、市民に開放されているのはとてもうれしいことです。

いずれも、マドリッドの王宮などと比べたら桁違いに小さなものですが、こういった建物に入ることができるのは、市民にとってもありがたいことです。


b0064411_1515618.jpg


b0064411_1521611.jpg


b0064411_1524632.jpg


b0064411_1531788.jpg


b0064411_1535792.jpg


b0064411_1543221.jpg


b0064411_155428.jpg


b0064411_1553432.jpg


b0064411_156397.jpg


↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by alex at 2007-07-24 22:09 x
 こんにちは。
カスティーリア王女とアラゴン王子が結婚してスペイン王国が云々…とおぼろげな記憶があります。お写真の宮殿は、時代がもっと新しいものなんでしょうか。内部がとても綺麗ですが、gyuさんがおっしゃっているように豪奢ではなく、すっきりした印象を受けます。
観光革命とバルセロナオリンピックは関係があったのですか?余談で、その頃ドイツに旅行したのですが、「ヨーロッパのスリは今みんなバルセロナにいるから安心だよ」という冗談に妙に納得しましたっけ。
Commented by gyuopera at 2007-07-25 00:13
♪ alexさんこんにちは。
この宮殿は、San Feliuという、バルセロナ郊外の町にある町にあるFalguera宮で、17世紀のもので、San Feliu市が買い取ってから綺麗に修復されました。18世紀初頭には、フェリーぺ五世がここに滞在したという記録も残っているそうです。
化すティーリア女王イサベルとアラゴン王フェルナンドが結婚して国が統一されたのは15世紀ですから、もっと前ですね。

バルセロナオリンピックは1992年ですが、もっと前、今から25年ほど前に、"Pon't guapa"という、バルセロナを美化する運動が始まり、古い建物が次々と綺麗に洗浄・修復されてゆきました。道を整備し、交通機関も新しい機種に替えました。そうすると、町も明るくなり、観光客も増えたというわけで、バルセロナのイメージチェンジは大成功しました。
同時に、大量の移民が押し寄せ、スリや置き引きなども多いことは事実ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-07-24 15:07 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera