フランシスコ・ビーニャス邸でのコンサート

バルセロナで毎年、フランシスコ・ビーニャス国際歌唱コンクールが催されますが、このことは、以前レポートしています。

そのフランシスコ・ビーニャスは、19世紀末から20世紀初めに活躍した伝説的なテノールで、特に彼の歌うローエングリンは大変な評判をとり、3年間に120回も歌ったそうです。

そのビーニャスの家が、今回のコンサート会場でした。
その屋敷はバルビドレラの町の、ケーブルカーの駅の横にあり、今はマリアと言う女性の所有となっています。彼女はその家で、生け花や瞑想の指導をしています。以前は借りていたのですが、庭や建物が荒れてゆくのを見かねて、購入に踏み切ったのだそうです。

その家の素敵なのは、お屋敷そのものもですが、坂になった広い庭。音響を良く考えられて作られていて、ここでコンサートをやったのです。

まず、玄関を入ると、突き当たりに丸いサロンがあります。
b0064411_5465553.jpg


窓からは広い庭が見渡せます。
b0064411_5475660.jpg


b0064411_5484411.jpg


庭に出る短い廊下にもこんな飾りつけ
b0064411_5501341.jpg


b0064411_5512483.jpg


b0064411_5504669.jpg


クラッシックなバスルームにも、ろうそくとバラの花びらを散らして
b0064411_552489.jpg


トイレの中にまで
b0064411_218297.jpg


庭に下りてゆく階段
b0064411_554520.jpg


b0064411_5543584.jpg


b0064411_555759.jpg


家を庭のほうから見ると
b0064411_556665.jpg

キャンドルスタンドの脇に植えたつたが絡み付いて、とても素敵です。

先ほどの丸いサロンの下
b0064411_5565399.jpg


b0064411_557322.jpg


ビーニャスのローエングリンの衣装をつけた姿
b0064411_5581843.jpg


素敵なバルコニーもあります。
b0064411_5595351.jpg


b0064411_6113181.jpg


広い庭中、ろうそくと小さなたいまつの火がともされてとてもいい雰囲気
b0064411_604552.jpg


b0064411_611728.jpg


b0064411_68957.jpg


冷たい飲み物は、バラの花びらとミントがたくさん入ったお茶!
b0064411_6223100.jpg


庭には素敵なコーナーがたくさんあります。
b0064411_631995.jpg


b0064411_64239.jpg


b0064411_643481.jpg


b0064411_651472.jpg


だんだん暗くなってきました。これで9時30分くらい。人が集まってきます。
b0064411_661560.jpg


ピアノと歌を交互に、庭の中の場所を移動してのコンサート。面白い試みです。
b0064411_672523.jpg


中々の熱演でした。
b0064411_685457.jpg


歌自体は・・・ちょっといまひとつだったけれど、庭を好きなように歩いたり座ったり、自由な雰囲気で、庭と音楽を両方楽しむと言った趣向で、中々面白いものでした。

それにしても、こんなすごい邸宅が一女性の家なんて、すごいですね。

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by みどり at 2007-06-29 11:54 x
なんて大きな、すてきな邸宅なんでしょう!家の中もお庭も、丁寧に手入れされていますね。維持管理、大変でしょうね・・・。
バラとミントのお茶はどんなお味でしたか?夏らしくていいですね。
コンサートの趣向もすてきです。日本でも、こんな楽しいコンサートがあれば、きっとたくさんの人がもっと気軽に音楽に触れることができるでしょうね。
Commented by gyuopera at 2007-06-29 14:29
♪ みどりさん、この邸宅の維持、管理は本当にお金も係り、大変だと思います。ここの持ち主は、初めここを借りていたのだけれど、どんどん庭が荒れていくのを見て忍びなく、とうとう買って自分でこのようにきれいにしたのだそうです。住居スペースは最上階で、私は見なかったけれど、とても素敵だそうですよ。
お茶は、少しだけ炭酸水が入っていて、とてもさわやかでした。今度まねしてみようと思います。見た目もとてもきれいでした。
それにしても、ろうそくと小さな松明の明かりで照らされたお庭の雰囲気がそれは素敵でした。夏の夜を楽しむには最適の趣向のコンサートでした。
Commented by ロコロコ at 2007-06-29 15:01 x
いつも、素敵で興味深い写真、毎回、感動してます。
うちは、タバコ屋で葉巻を多く取り扱っています。その中に、ロメオYジュリエッタがあります。この、葉巻の創設者はスペイン人、葉巻のブランドの多くはスペイン人です。この葉巻もロメオ・イ・フリエタってスペイン語でよばれます。この、お屋敷のバルコニーは私のジュリエッタのイメージです。
Commented by gyuopera at 2007-06-29 16:04
♪ コロコロさん、どうもありがとうございます。写真の質はたいしたものではないけれど、楽しんでくださればとてもうれしいです。
葉巻はよくハバナというけれど、ブランドの多くがスペイン人とは知りませんでした。
このバルコニー、本当にジュリエッタのイメージにぴったりですね。ちょうどそこで歌ったのですが、このときはパミーナの悲しいアリアでした。
Commented by hanarenge at 2007-06-29 19:08
gyuさん、本当に素敵な夕べでしたのね、さすがオペラ歌手の邸宅だっただけあって、音響も考えられて建てられているのですね。
とても豪華なお屋敷ですね、もう、パソコンの前で、感嘆しています!
もっと感動したのは、荒れていく庭を見るに忍びなく買い取ってしまったと言う話です。
彼女、マリアさんですか?とても、このお家と庭を愛されているのですね。
家と庭のためにも本当に良かったと思います
楽の夕べをここで催されるなんて、お洒落です。gyuさん、いいなあ!!
紫陽花があるのですね、綺麗に咲いていますね。
私も、薔薇入りのお茶を飲んでみたいです^^
お金はこう言う風に使わなくっちゃ!!と、思った私です。
Commented by gyuopera at 2007-06-29 20:07
♪ 蓮華草さん、いつもコメントありがとうございます。
いくらオペラ歌手でも、たとえばモンセラット・カバリェ級の人でも、こんなすごい家にはお住まいではありません。このビーニャスは世界中で引っ張りだこの、伝説的な歌手だったそうです。
この屋敷を買い取るには、いったいどのくらい払ったのだろうかと思いますが、そのくらいこの建物を、庭を愛しんでいるのでしょうね。庭園の隅には菜園も作ってありました。
作日は、私たちのオケがここでリハーサルをさせていただき、7月11日にコンサートをすることが急遽決まりました。
Commented by ひつじ at 2007-06-30 17:48 x
はじめまして(^-^)
バルセロナの蚤の市を検索していてこちらに辿り着きました。

バルセロナって素敵なところですね。
こんな夢のような邸宅で、素敵な時間が過ごせるなんて。うっとりしてしまいます。
曲線のある優雅な建物や、アンティークに興味があるので、gyuさんのブログにも興味があります。

7月初旬に旅行で初バルセロナに行くのですが、こちらにめぐり合って、旅への期待がより膨らみました!!
これから、こちらでたくさんお勉強させてください☆
Commented by gyuopera at 2007-06-30 21:15
♪ ひつじさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
実はいま、蚤の市から帰ってきたところだったんですよ。 ^^ 
バルセロナにいらっしゃるのですね。ここはいろんな様式の建物が混ざり合って、建築に興味のある人はとても面白いと思います。
アンティークは、骨董屋さんはすごく高いので、木曜日のカテドラル前の広場のブロカンテ市などお勧めでうす。蚤の市は、アンティークと呼べるものは余りありませんが、興味深いものはいろいろ見つかると思います。
よろしかったら、ショップのほうもご覧ください。サイドメニューのgyu's shopからお入りになれますよ。 
蚤の市は、スリがとても多いので気をつけて! 旅行、楽しんでくださいね。
Commented by ひつじ at 2007-07-01 11:29 x
さっそく、いろいろお教えいただいてありがとうございます(^-^)
ショップもされているんですねー!!遊びに行かせてもらいます!!
蚤の市チェックが甘くて・・・木曜日にはバルセロナにいないのです。。。>。<
エルス・エンカンツの蚤の市に行って見ようと思っています。
gyuさんのように素敵なお買い物ができるといいんだけどなぁ☆
Commented by gyuopera at 2007-07-01 18:51
♪ ひつじさん、エンカンテス、すごい人ですから、朝9時~10時くらいにいらっしゃるといいかもしれません。11時くらいは人が多くて、ゆっくり見ていられないくらいです。カンカン照りなので、サングラスと帽子もあったらいいかもです。お財布はバッグに入れないほうがいいですよ。何かを買ったときのために、少し大きめのしっかりしたビニール袋を2つくらい、割れ物があれば、新聞紙を2枚くらい用意しておくといいかもです。手が汚れますから、ウェットティッシュなんかもあるといいですね。
いいものが見つかるといいですね。
Commented by nemoty-nemoty at 2007-07-01 23:22
紫陽花、バルセロナの豪邸の庭にあるなんて意外でした。そちらでもこの時期は紫陽花なんでしょうか?変わった色の花なんてみかけられました?
Commented by gyuopera at 2007-07-02 00:31
♪ nemoty-nemotyさん、乾燥したスペインでは、アジサイは日本ほど元気良くないんですけどね、毎年一鉢買いますね・・・ お庭に植えてある家もあちこちにありますが・・・ 色はピンクとブルー以外はないですね。いくらスペインでも黄色や赤はないですよ(笑)。あふれるようにはなかなか咲いていないんですが、ここの株は大きくて立派でした。
Commented by ひつじ at 2007-07-03 11:10 x
ご丁寧なアドバイスありがとうございます(^-^)
こちらではあまりサングラスまでは必要ないので、すっかり忘れていましたが、ヨーロッパの夏の陽射しにはサングラスが必要ですね!!
蚤の市のアドバイスもありがとうございます!!しっかり持っていきますね☆
Commented by gyuopera at 2007-07-03 14:03
♪ ひつじさん、スペインでは冬でもサングラスしてます(笑)。 それに、ちょっと顔を隠すのにもいいじゃありませんか?日本人=観光客 っ手思われますからね。
どうぞお気をつけて、そして楽しんでくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-06-29 05:43 | オペラ、コンサート musica | Comments(14)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera