「風の影」のシーンを追って 14 ポルタフェリサ通り

「風の影」の物語に沿って、実際のバルセロナの写真を載せてきましたが、今回で終わりになります。

フリアン・カラックスのために、最後は自分の命までささげた友情厚いミケルは、ポルタフェリサ通りの、半ば廃墟と化した大邸宅に住んでいました。

このポルタフェリサ通りは、ランブラス通りからカテドラルに抜ける繁華街です。

ランブラスから入ったところに、中世のバルセロナが市壁に囲まれた様子を描いたタイル画(1750年)があります。
b0064411_3253693.jpg


両側にびっしりとお店が並んだにぎやかな通り

b0064411_3282449.jpg



b0064411_331222.jpg


中ほどにある、チョコレートの老舗、FARGA
b0064411_332474.jpg


この通りにはいくつか大邸宅があります。

ひとつはPalau Moja、現在はカタルニァ州政府の所有で、時々絵の展覧会が開かれます。
b0064411_733397.jpg


b0064411_735739.jpg


b0064411_741582.jpg


もうひとつは、料理研究科のFerran Adriaの事務所となっています。
b0064411_74368.jpg


もうひとつ、入り口にらくだが立っているところ

b0064411_765962.jpg

今はブティックがたくさん入ったごちゃごちゃビルのようになってしまったのですが、以前は紛れもない大邸宅だったところ
b0064411_78975.jpg


上に続く階段があって、
b0064411_791025.jpg


その奥にはまだ住んでいる人が
b0064411_795090.jpg


さらに上がる階段があり、今はドアが閉ざされていますが
b0064411_7103110.jpg


以前はここにもたくさんのブティックと、パティオのあるバールがありました。
b0064411_051079.jpg

パティオに出るところに美しいステンドグラスがあり、うっとりするような絵のすりガラスがはまっていました。

ミケルの住んでいた家はここではないかな、と思ったものです。
b0064411_7303497.jpg




そのほか、何度か名前が出てきたサンタマリア・デル・マール教会

b0064411_7333926.jpg


海のカテドラルとして親しまれている美しい教会は1383年築、設計はBerenguer de Montagut。
1428年の地震の時、バラ窓の丸い大きな枠が落ち、下にいた11人が死亡するという事故がありました。また、市民戦争のときは11日間燃え続け、今でも天井が黒いのはそのときの煙のせいだということです。教会の修復には市民がみんなで協力したそうです。
b0064411_7342574.jpg


b0064411_734579.jpg



バルセロナの中心のカタルニァ広場

b0064411_7455313.jpg



最後に、ダニエルが撃たれて入院していたコラチャン病院・・・

b0064411_747386.jpg



14回にわたって、「風の影」に出てきたバルセロナの通りや場所をご紹介してきましたが、これで終わりといたします。長いことありがとうございました。

お話はハッピーエンドです。どうぞ安心して読んでくださいね。

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

Commented by juillet at 2007-06-13 20:58 x
サンタマリア・デル・マール教会。訪れたのが昨日のことのようです。
この教会も、カテドラルも、バルセロナの教会は、なかなかに立派だな、と思いました。よくお手入れもされていましたし(ベルギーの教会は、結構、寂しい状態になっているものも少なくないのです)。ステンドグラスも、スペインの強い日差しにとても美しく輝いていました。
それから、ベルギーのファッションのことですが、・・なんというか、コンサバティブな印象です。フランス人の知人は、「ベルギーは、17世紀で時が止まっているからね」とからかっていいますが、良くも悪くも、そういう部分があるかもしれません。。 でも、近所では、立派なマダムたちが、かわいらしい花柄プリントのスカートで素足を見せている姿をちらほら見かけたりもして、チャーミングだな、と微笑ましく思っています。
Commented by あや at 2007-06-13 21:14 x
風の影ってほんまにめちゃめちゃ沢山、バルセロナの場所が出てくるんですね!へ~、読もう!

サンタマリア・デル・マール教会って日曜日は礼拝してるんですか?
色々な教会めぐりもしてみたいな^^
Commented by gyuopera at 2007-06-13 23:38
♪ juilletさん、サンタマリア・デル・マール教会、大きくて立派でしょう?あの扉に、荷物を担いでいる人のレリーフがついていますが、あれは船から石をおろして教会まで運んできた人たちの姿で、彼ら無くしては教会は建たなかったということだそうです。いかにも市民に愛されている教会という感じがします。
スペインはカトリックの国ですから、教会には修復にもお金をかけているんではないでしょうか。また、寄付をする人も多いのでしょうね。
私はロンドンに行ったとき、人々の服装を見て、この町ではどんな格好でも平気なんだなぁと思いました。スペインのほうが衣類にお金をかけますね。アクセサリーをたくさんちゃらちゃらつけますしね(笑)。
Commented by gyuopera at 2007-06-13 23:40
♪ あやさん、教会では毎日ミサがありますが、日曜日は何回もあるはずです。
ほとんどの教会は中がとても立派で、芸術品のようですから、教会に入ってちょっと一息つくのはとてもいいですよ。中の空気はしんとして、別世界のようです。
Commented by ロコロコ at 2007-06-14 22:19 x
gyuさん、お疲れ様でした。『風の影』のバルセロナ巡りありがとうございました。旅行の案内本でバルセロナの町巡りは出来るものの、本にそって、登場人物が行動していただろう建物や道路、当時の状況などたどることができて、うれしかったです。地図と照らし合わせたりなどしてもう1度、本の中に入っていけます。このブログに会えて最高です。どうぞ、これからも、バルセロナで季節の移り変わりや、gyuさんのコンサートやご家族のお話、楽しみにしております。
Commented by gyuopera at 2007-06-14 22:33
♪ コロコロさん、コメントありがとうございました。
「風の影」シリーズ、ちょっと長すぎたかなとも思いましたが、本に関係なく、素顔のバルセロナ案内にもなったかしら、と思っています。
しばらくexciteが不調で、一時は自分のブログにもはいれなかったり、写真のアップにすごく時間がかかり、やっとアップしても写真が出なかったりでとても大変でした。メンテのあとはかなり改善されたようです。でもサイドバーに、最近のコメントやリンクが出ないんですよ。
このシリーズの間、コンサートを4回やりました。また追ってアップしますね。
Commented by みどり at 2007-06-15 12:20 x
こんにちは、お久しぶりです。
引っ越しに伴ってしばらくネットを使えない環境にあり、やっと復活して「風の影」シリーズを一気に読みました。読み応え、ありました!
私は本はまだ読んでいないため、どちらかというとバルセロナ案内(私にとっては懐かしいバルセロナの街を思い出すひととき)として楽しみましたが、これから本もゆっくり読んでみたいと思います。
すてきなシリーズ、ありがとうございました!
Commented by gyuopera at 2007-06-15 15:07
♪ みどりさん こんにちは。
「風の影」シリーズ、かなり長かったでしょう(笑)。ここもあそこも、この写真もあの写真も、なんて思っていたら、写真の数だけでも大量になってしまい、14回分にもなりました。見るだけでもご大変でしたでしょう。
バルセロナもまだまだドキッとするような場所がたくさんあります。普通だったらまずいかないような通りも、今回はご案内できたかなと思います。
Commented by AoimikanM at 2007-06-15 16:47
Bravo! Bravo! Bravo!

*ねね
Commented by gyuopera at 2007-06-15 21:14
♪ *ねねさん、どうもありがとうございます。
写真の数が多くて、ご覧になるほうも大変だったんじゃないかと思います。最後は、早く終わらせなければ次のものが書けないなぁ、なんてだんだんあせってきました(笑)。
楽しんでいただけた方がいらっしゃるとわかっただけでうれしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-06-13 03:26 | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera