「風の影」のシーンを追って 8 大聖堂、ペトリチョール通り、ランブラス通り


「風の影」の中で、少年ダニエルは、毎日午後、盲目のクララに本を読みに行ってあげますが、二人は時々そのあたりを散歩していました。

目の見えないクララは、「大聖堂の回廊にすわって、人びとのささやきに耳をかたむけたり、石畳の通りに響く足音を聞き分けるのが好き」でした。

大聖堂(カテドラル)は、いまや観光客であふれ、更に全体が修復中ですっぽり青い網でおおってあります。せっかく見に来た人たちはがっかりですね。更に入場料まで取るようになりました。

b0064411_14362369.jpg


b0064411_14364366.jpg


b0064411_14372559.jpg


b0064411_14381430.jpg


b0064411_14375116.jpg


パティオはガチョウや白鳥がいて、椰子の木が生い茂り、ちょっと南国風です。ぐるりを回廊が囲んでいます。
b0064411_14392160.jpg




「散歩はいつもペトリチョール通りのケーキ店でおわる。そこでクリームシャンテリーか、スポンジケーキとメレンゲ菓子を二人で分けるのだ」

ペトリチョール通りは、ランブラス通りから一本入った、ミケルの住んでいたポルタフェリサ通りからピノ広場に抜ける通りです。今は画廊やしゃれたブティック、インテリアショップの並ぶとても魅力的な通りですが、30年位前までは、スリや引ったくりが日常茶飯事のとても物騒なところだったそうです。でも60年位前は、フランコ圧政時代でもっと犯罪が少なかったのでしょう。
b0064411_14511328.jpg


この通りには、プリンの最高においしいお店がありますが
b0064411_1453584.jpg


二人がいつも行っていたケーキ店は、多分ここ
b0064411_1446225.jpg


b0064411_14541129.jpg


ウィンドーの一列目、一番左がクレマ・カタラナ、クリーム・シャンテリーと訳されたものでしょう。その隣がメレンゲ菓子。どちらもかなりの甘さ。スポンジケーキは日本のよりずっと固く、普通パン屋さんで売っています。

ペトリチョール通りはピノ広場に抜けるので、通りの終わりには、突き当たりに広場に建つピノ教会が見えます。 こちらはまた後で触れます。

b0064411_14592249.jpg


ランブラス通りは旧市街のメインの通りで、カタルニァ広場から、海辺のコロンブスの像まで続く、真ん中に広い散歩道のある通りです。バルセロナを訪れた方は、まず間違いなく一度は通ったところでしょう。
b0064411_1532067.jpg


観光客でごった返すランブラス通り
b0064411_1545530.jpg


バルセロナっ子には、この喧騒がとてもバルセロナらしくて好きと言う人が多いですね。

b0064411_1552666.jpg


b0064411_1562022.jpg


中ほどにはオペラハウス、リセウがあります。
b0064411_1526020.jpg


b0064411_15101961.jpg


上演の度に着飾った人たちであふれかえります
b0064411_15285298.jpg


b0064411_15312051.jpg


内部は全くの別世界
b0064411_15272279.jpg




続いてボケリア市場。オペラハウスのすぐ近くにあるというのも面白いですね。
b0064411_15123349.jpg


ボケリア市場は1860年、Josep Mas i Vilaの設計で建てられた歴史のある市場。
普通の市場は午前中で終わりなのに、ここは夜9時頃まで開いています。
b0064411_1513503.jpg


b0064411_15142557.jpg


b0064411_15151142.jpg


ここも観光客の押し寄せる名所になってしまいました。
b0064411_15155727.jpg


ランブラスは夜中の12時でも人が一杯です。でもコロンブスの像のある辺りまで行くと、ちょっと危険区域ですから、夜はご注意!私は一度も怖い思いをしていないのですが、このあたりで引ったくりに会った人たちをたくさん知っています。
とくにこのアルコ・デ・テアトロあたり。
b0064411_1593249.jpg


もう少しカタルニァ広場に近づくと、ベトレム教会
b0064411_15351729.jpg


後に、フェルミンが大家のドーニャ・エンカルナのために、「10回ミサに預かることを固く誓った」という教会ですね。

ランブラスはバルセロナっ子の心のふるさとのようなものかもしれません。

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

Commented at 2007-06-07 17:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyuopera at 2007-06-07 18:44
♪ juilletさんこんにちは!
バルセロナにいらっしゃるのですね。最近暑いけれど暑すぎもせず、適度に風も吹いていい気候です。今一番緑がきれいでいい季節ですね。
ランブラ・カタルニァとグラン・ビアの角のCiudad Condalは、いつもとても混んでいますが、比較的お安くておいしいので、何度行っても飽きません。種類も豊富ですしね。入れるといいですね。
私は9日の午後6時からグエル公園でコンサートをしますが、普通皆さん午前中にいらっしゃるでしょうね。
息子はなかなか素敵なアパートを見つけて満足しているようです。ただ、排気ガスが多いのか、とても汚れると言っていました。緑がとても多くて、気持ちがいいそうで、家に庭やテラスが無くても、天気のいい日には公園でピクニックできると。ただ、冬は寒そうですね。
Commented by juillet at 2007-06-08 04:55 x
早速のお返事コメント、ありがとうございます。
Ciudad Condal、ますます楽しみです。
9日の夕方、グエル公園でコンサートなのですね。お昼ごろにお散歩に行こうかと考えていたのですが・・・。うまく旅程のやりくりができそうであれば、お邪魔させていただくかもしれません。
息子さんは、きっと、ブリュッセルの中心近くにお住まいなのですね。私の住むレジデンシャル・エリアは、本当に緑が多くて、鳥のさえずりが聞こえる静かなところです。冬は、・・・バルセロナよりは寒いかもしれません。でも、長くこちらにお住まいの方がおっしゃるには、最近、暖かくなっているとか。
また、帰ってきましたら、メッセージ、させていただきますね。
Commented by granollers at 2007-06-08 07:03
こんばんは。
この本読み始めております。しかも、スペイン語で。そろそろ、スペイン語で本格的な本を読みたいなと思ってたのですが、なかなか読みたい本に出会わなくて、こちらのブログを拝見して、さっそく購入しました。しかし、会話では使われないような単語も沢山出てきますし、長い文章になると、何度か繰り返さないと文として理解できなかったりするので、なかなか進みませんが、面白いので読み始めると、吸い込まれるようにして読んでいます。ちなみに、まだベトレム教会のところまでは行ってません(苦笑)。
でも、このブログと追いつけ追い越せって感じで、楽しみも倍増です。
Commented by dognorah at 2007-06-08 09:25
久し振りにコメントです。リセウの写真が載っているので書きたくなりました。実は今月末にそこにマノンを見に行きます。1日目はAキャストで、2日目はBキャストでと2種類の出演者を網羅する予定です。ロンドンで前後にコンサートがありますので2泊3日のあわただしい訪問です。私の席は3階席ですが真夏でも皆さんは盛装ですか?
Commented by gyuopera at 2007-06-08 19:57
♪ juiletさん、コンサートはそんなにすばらしいものと言うわけではありませんから、時間がたまたま合えばということにになさってくださいね。

息子は街中が好きなので、中心に近いところのようですね。今は仕事で毎日郊外30キロくらいのところに行っているようです。会社で車をくれるのでその点はいいみたいです。
彼はバルセロナ育ちですから、イギリスにいたときは、雨ばかり降っていて、天候の面でとてもいやだったようですね。ここで厚いムートンのコートを買っていました。衣料に関しては、そちらのほうはすごくオーソドックスだ、と言ってましたね。こちらはラテンだから、もっとラフなんでしょうか。
Commented by gyuopera at 2007-06-08 20:01
♪ granollersさん、スペイン語で読まれているんですね!
スペイン語の文章って、何年ここに住んでいようと、私だったら絶対こういう風には書けない、って言うのがたくさんでてきますね。でもストーリーの展開がとても面白いから楽しみでしょう。
ベトレム教会は、夜中にフェルミンが騒ぎ出したところです。
ティビダボ32番地も行きましたが、明るくとてもきれいな建物でした。ぜんぜん、そんなおどろおどろしい感じは無かったですね。
Commented by gyuopera at 2007-06-08 20:12
♪ dognorahさん、コメントをありがとうございます。
私もマノンを見に行きますが、7月3日です。Natalie DessayとRolando Villazon、Samuel Rameyと、結構豪華なキャストですよね。Bキャストも、有名ではなくてもなかなか歌唱力のある人たちが出演するので、十分楽しめると思います。
私も普段は3階の真ん中の席を取りますが、夏はラフな人が多いですね。若い人はタンクトップとか・・・でもやっぱりちょっとおしゃれしてゆきたいですね。鏡の間でシャンペンくらい飲みたいですものね。
先日のLe portrait de Manon と La voix humaineはパルコで見ました。このときは、かなり着飾った人が多く、見ていて楽しかったですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-06-07 15:37 | 風の影 Sombra de viento | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera