「風の影」のシーンを追って 1 初めに


ヨーロッパでベストセラーになった カルロス・ルイス・サフォンの「風の影」、もう読まれた方もたくさんいらっしゃることでしょう。 

b0064411_22505069.jpg


本を開くと、出版された2006年に、すでに6回増刷されています。
b0064411_22533184.jpg


この本の舞台はバルセロナ。でてくる場所が、全部知っているところばかり! それは読んでいてわくわくしましたね。ストーリーの展開は本当に面白く、一気に読んでしまいました。

もちろんバルセロナを訪れたことの無い方でも、サフォンのすばらしい描写で、十分楽しめたことと思います。

b0064411_22581152.jpg

日本語の訳がとてもよくて、さすが!と思いました。
b0064411_2013111.jpgb0064411_201319100.jpg




読み終えてから、この本に出てくるところを全部回ってみました。

本を読まれた方は、きっと、どんな場所か見たいと思うでしょう。 本に出てくるすべての通りや広場が実際にあるのですから。
これから少しずつ、追ってアップしてゆきたいと思います。

すばらしい本の紹介のサイトもご覧になってください。

http://bunko.shueisha.co.jp/kaze/

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

Commented by AoimikanM at 2007-05-31 07:33
gyuさん、おはようございます。
この本に登場する場所を巡って頂いたのですね! 凄く嬉しいです。楽しみが増えました。
私は最後の方に出て来る出版者の女性の住む家のあたりとか、クララの居る豪奢な印象がある地域がとても気になります。
少年と本の過去のストーリーも勢いがあって素晴らしいミステリー文学でしたね。
再読しながらgyuさんのレポートと共に楽しみたいと思います。

*ねね
Commented by hanarenge at 2007-05-31 11:26
こんにちは、これを図書館で予約するべくしっかりとメモを取ります。
リアルタイムでgyuさんのレポートも楽しめるなんて、二重に嬉しい思いです。
訳語は大切ですね、原作の持ち味を生かし、損なわないように、そして、日本人に分かるように・・・・・・
読む前から、とても楽しみです。
ベストセラーなのですよね、そしてその場所を実際に知っているというのは、ゾクゾクするほど楽しいですね。
Commented at 2007-05-31 12:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ロコロコ at 2007-05-31 15:02 x
こんにちは、先日お邪魔しました。あれから、バルセロナの地図を用意しました。あの時代はどんな風だったんでしょうか。今、gyuさんが写真撮って見せてくれている明るい色の世界はあったんでしょうか。「2007版このミステリ」では海外編では4位でした。前年は、「ヒストリアン」にはまりましたが、「風の影」ほど、風景が見えてきませんでした。gyuさんのブログに巡り合えてよかったです。毎日、楽しみにしています。
Commented by gyuopera at 2007-05-31 15:11
♪ *ねねさんもこの本お読みになったんですね。
この本に出てくるダニエルの若いときのバルセロナは、今のバルセロナとはずいぶん違います。暗く、犯罪の多い街でした。クララの住んでいたあたりは、当時は高級ピソだったかもしれませんが、その後、広場は麻薬の取引が行われる中心地となり、バルセロナっ子は怖がって近づきませんでしたし、ヌリアの住んでいたあたりは、10年前くらいまでは、そこに行くのもぞっとするほど陰気な通りを通っていかねばなりませんでした。
今はどこに行っても明るく、観光客であふれています。
当時の雰囲気のままに、とは行きませんが、地区地区を追いながら、そんな説明も付け加えてみたいと思います。
メール、どうもありがとうございました。
Commented by gyuopera at 2007-05-31 16:16
♪ 蓮華草さん、これはぜんぜんロマンティックな本じゃなくて、ミステリーっぽくて、かつかなり残酷な場面もあります。まぁそれはおいておいて、次々展開してゆくストーリーに、夢中で読み進んでしまう本です。
蓮華草さんの好みの本かわかりませんが、町を歩きながら、このあたり、きっと当時と変わってないだろうな、ところもたくさんあるので、本を読みながら見ていただければ、想像するのもたやすいかと思います。
Commented by gyuopera at 2007-05-31 16:19
鍵コメさん、どうもありがとうございます。
私のメモ的なブログ、お目に留まって光栄です。
早速実行に移します(笑)。 とてもうれしいです。どうもありがとうございます。
Commented by gyuopera at 2007-05-31 16:24
♪ コロコロさん、上のコメントにも書きましたが、内戦後のこの町は、とても暗かったと思います。民主化されて、自由になりましたが、同時に犯罪が急激に増え、かなり危険な町でした。私の知っている23年前でさえ、この本に出てくる地区はいずれも危険地域で、足も踏み込めなかったのです。町がこんなに明るくきれいになったのは、この10年くらいではないでしょうか。町がきれいになるにしたがって、観光客もうなぎのぼり、いまやどこに行っても観光客のいないところはないといっていいくらいです。
それでもまだ昔の面影が残っているところがたくさんあります。そんな場面を選んでアップしてゆきますね。
Commented by junjapon at 2007-05-31 17:22 x
おはようございます! 先日Gyuさんから紹介していただいた本ですね。ちゃんと良く読みたいので日本語で買ってもらって送ってもらおうかな~?! 舞台をしってると、もっと読み応えがある感じですね!
Commented by gyuopera at 2007-05-31 18:35
♪ junjaponさん、実は私も日本語で読みました。一気に読んで、これはスペイン語ではなんと言う言葉を使っているのかしら、と思ってスペイン語版を買いました。
スペイン語と日本語と比べると、私が日本語からスペイン語に訳したら、とてもこういう言葉の使い方は絶対できないだろうと言うところが随所に出てきます。日本語に訳すほうがずっとやさしいわけですが、いずれにせよ何十年やっても難しいものです。
本はamazonなどでも手軽に買えるようになりましたね。
Commented by stcl at 2007-05-31 19:27
いちばん上のペーパーバックの表紙、字組みが美しいですね。日本語版もあるのなら、ぜひ読んでみなくちゃ!と思いました。
Commented by gyuopera at 2007-05-31 19:41
♪ stclさん、日本で文庫本ででています。結構どきどきさせられるストーリーです。でもハッピーエンドですから安心して読めます(笑)。
スペインって、文庫本が無いんですよ。ああいう小さな本があると、持ち歩くのに便利なんですけどね。だから、電車の中で本を読んでいる人をよく見かけますが、みんな大きな本を出して読んでいます。重いと思うんだけど。
Commented at 2007-06-01 14:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyuopera at 2007-06-01 17:55
♪ 鍵コメさん、こちらこそどうもありがとうございます。そちらに紹介されるなんてとても光栄です。
Commented by あや at 2007-06-02 23:43 x
この本、読みます!
ただ、実家に帰ってきたら部屋がえらいことになってまして、、、
だいぶお父さんに占領されてた^^;;;

片付けに時間がかかりそうです。。。
落ち着いたら、絶対読んでみよーーーーっと。^^
Commented by gyu at 2007-06-04 06:07 x
♪ あやさん、ご実家にお帰りになったのですね。
しばらくご両親のもとでゆっくりなされますね。
この本、面白いです! どんどん引き込まれて、一気に読んでしまいました。 2日ばかりピレネーの方に行っていたので、その後アップもできなくてすみません。
Commented by 旅のスタイリスト at 2007-06-09 09:41 x
ご無沙汰です。本のご紹介有り難うございます。この手の本=海外の実際の街が舞台になった小説(ジャンルは問わず)は、実際にその場に出かけてみたりして再度楽しめるので個人的には大好きです。今日ちょうど古くはなったのですが塩野七生氏の「海の都の物語」を再度注文したところでした。「風の影」は知りませんでした、追加で注文してみます。楽しみです。又こちらのブログで実際にその場がわかるのはありがたいですね。いつもありがとうございます。
Commented by gyuopera at 2007-06-09 15:21
♪ 旅のスタイリストさん、おはようございます。
塩野七生の「海の都の物語」持ってます! 彼女はすごいですねぇ、徹底的に文献を調べるのでしょうね。私昔から塩野ファンです。
「風の影」私も友達から借りて読み、びっくりしたんです。これだけたくさんのおなじみの場所が出てくるんですもの。バルセロナっ子たちもみんな同じ思いで夢中になって読んだとおもいます。
日本はインターネットで注文したらすぐ届けてくれる、便利ですね。あのシステムだと、今に普通の本屋さんがつぶれちゃうんじゃないかと心配してしまいます。
Commented by gato at 2010-11-18 11:20 x
遅ればせながら、この本にめぐり逢いました。夢中になって読みました。何回かバルセロナに行ったことがあり街を想像しながら読んでいました。gyuさんのお写真をみて知らない場所がいっぱいあるなと思いました。
Commented by gyuopera at 2010-11-18 15:04
♪ gatoさん、おはようございます。
前の記事にコメントありがとうございます。
バルセロナは今は明るくきれいな街ですが、この本に出てくる時代はもっと暗い感じだったと思います。大通りは別としても、小路はせまく汚なかったんじゃないかな…と。
サフォンの次の作もバルセロナが舞台で、同じように実在の通りがたくさん出てきますが、第一作には及ばない気がします。
Commented by inoue at 2013-06-27 17:19 x
はじめまして、7月に家族でバルセロナに旅行しようと、ふと、だいぶ
前に読んだ「風の影」を再読。こんなに面白かったのか!と驚き、時代
はだいぶ違うかもしれないけど、せっかくだからと詳しい地図・グーグ
ルのストリートビューを使ってじっくり読み進めて、改めてバルセロナ
の面白さと深さを感じました。サンタ・アナ教会ってどんな感じかな?
と探していて貴HPを見つけました。素敵な写真付きで解説して頂い
て感動です、街の予習というだけでなくて、不思議なことに私の頭の
中で描いていたイメージどおりの雰囲気だった事にも驚きました。
妻と高校生の息子の3人旅行、そんなにはじっくり見ることは出来
ないかもしれませんが、気をつけて!楽しんで行ってきます。有難
うございます。
Commented by gyuopera at 2013-06-27 21:42
♪ inoueさん、こんにちは。
7月にバルセロナにいらっしゃるのですね。例年だととても暑いのですが、今年は結構買って涼しくて、朝はまだ上に羽織るものがいるくらいです。夏のバルセロナは、観光客でいっぱいですが、サンタ アナ教会とかはくる人もいず、静かですよ。本当にカタルーニャ広場からちょっと絵入った所です。観光客が集まるところはスリも多いので、どうぞ十分お気をつけて、バルセロナ滞在を楽しんでください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-05-30 23:04 | 風の影 Sombra de viento | Comments(22)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera