ペドラルベス地区の邸宅


ペドラルベス地区の山の手あたりは、バルセロナきっての高級住宅地。 というのも、昔バルセロナがまだ今よりずっと小さかったころの別荘地だったのです。ですから、大邸宅がたくさんあります。そして今もなお、山に向かって開発されつつあります。

まず、ディアゴナル大通りから、ペドラルベス修道院まで続くペドラルベス大通りを上がってゆきます。
このあたり、100年ほど前は、グエル別邸と修道院しか無く、あとは野原が広がっていました。
b0064411_548503.jpg


これは1893年当時のガウディ設計のグエル別邸。
b0064411_5505100.jpg


b0064411_5512339.jpg


↑ これらの写真は、グエル別邸の前で見ることができます。


グエル別邸の先にある公園は小さいながらもとてもきれいです。
b0064411_6494660.jpg


ペドラルベス大通りの突き当たりにあるペドラルベス修道院を見ながら左に折れると、きれいな教会があります。

Nou Monestir de Montserrat、1940年築。設計はRaimon Duran Reynals.
アイアンの門はレースのようです。
b0064411_61421.jpg


ずっと奥にイタリア風の建物が見えます。奥は修道院と学校になっているようです。
b0064411_643311.jpg


裏側から見ると、美しい塔があります。
b0064411_6151056.jpg


この辺から、くねくねと山に向かって上がるPearson大通り(この通りは、サフォンの「風の影」で言及されていましたね)を上ってゆくと、大きな邸宅が軒並みです。
b0064411_6162771.jpg


この家なんか、ホテルかな?と思うくらい
b0064411_6183668.jpg


とてつもなく大きなテラスがあります
b0064411_6192775.jpg


これは学校のようです。このあたり、大きな建物を利用した学校があちこちにあります。
b0064411_6341891.jpg


b0064411_6202519.jpg


b0064411_642318.jpg


ちょっと由緒のありそうな門
b0064411_64036.jpg


塀の中は一体どのくらいの広さがあることやら・・・
b0064411_6404157.jpg


門のすぐ内側においてあったローマ時代のバスタブ!
b0064411_6412464.jpg


この家もとてつもなく広くて、その広大な庭の端にある東屋が見えます。これだけで我が家より大きいみたい。
b0064411_6432976.jpg


そのさらに塀寄りにはこんな丸屋根のかわいい塔?が
b0064411_6454725.jpg


Pearson大通りをもっと登ってゆきます。
b0064411_6462612.jpg


b0064411_648126.jpg


15年位前に来たときは、この道は途中でぷっつり切れていました。
今また大きな家が建っています。山肌を切って建設中。
b0064411_6514326.jpg


この辺からバルセロナを望むと
b0064411_6521359.jpg


道があるのでもうちょっと上って見ます。
b0064411_6524470.jpg


考えられないくらい広い敷地の家
b0064411_6532266.jpg


そしてこの広い道は、このように2軒の大邸宅で行き止まりになっていました。
b0064411_654490.jpg


左の家の庭に並んだ糸杉
b0064411_6545950.jpg


降りるときはちょっと別の道を通ってみます。

この家
b0064411_6555845.jpg


変わった家でしょう? 私は軍艦ハウスと名づけているんです
b0064411_6563879.jpg


その家の前の電柱にツタが巻きついて、十字架になっていました。
b0064411_6575542.jpg


ちょっとかわいいおうち
b0064411_6582290.jpg


バラが咲いていました。こちらでは家の垣根にバラを植えているところはめったにありません。
b0064411_6594227.jpg


b0064411_713255.jpg


修道院の屋根の一部
b0064411_701677.jpg


その先にある古い家は住んでいるのでしょう
b0064411_71369.jpg


丸い公園
b0064411_721871.jpg


いつもインコがたくさんいます
b0064411_725599.jpg


この家、時々写真を載せる建築家Tusquetsの家
b0064411_734511.jpg


こんな扉を見ると、

「こんにちは」

とかいって、入っていきたくなりますね。

b0064411_745881.jpg


今日はちょっと長かったかしら。見てくださってどうもありがとう。

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

Commented by ロコロコ at 2007-05-16 13:09 x
はじめまして、みかんの愛媛在住のロコロコです。
どこからたどり着いたかわからなくなってしまいましたが、はじめて、コメントさせてください。もう、かなり前に、サフォンの「風の影」を読んでバルセロナが気になってました。また、読み返していますがバルセロナの風景がきれいな写真で紹介してくれていて感激です。本では1954年から始まり内戦のことなどいろいろと複雑ですがドラマチックな話でのめりこんでます。バルセロナすてきですね。また、おじゃまさせてください。
Commented by gyu at 2007-05-16 14:21 x
♪ コロコロさん、コメントをどうもありがとうございます。
私、つい最近「風の影」を読んで、でてくるすべての場所を知っていたので、想像しながらとても興奮してしまいました。
本の中に出てきたペドラルベス通りやペアルソン通りのことを書いたので、本のことを書こうかな、と思ったくらいです。ペアルソン通りに住むご婦人、といったらそれだけでこういう家に住んでいると想像が付きますからね。 ここでは、大体住む地域でその人の生活状態が理解できます。
本に出てくるラバル地区のアルコ・デ・テアトロは、とても不気味な通りで、そこに「本の墓場」があるなんて、とぞくぞくしたものです。
サン・フィリップ・ネリも、内戦の十段後が生々しいところです。
Commented by hanarenge at 2007-05-16 22:06
バルセロナの大邸宅ですね。
どのお家も大きな敷地と芝生とアイアンの飾りの門 ヨーロッパですねぇ
古いバルセロナの写真もとても興味深いです。
サフォンはまだ読んでいないのですが、gyuさんやコロコロさんの書き込みを拝見して、読みたくなりました。
邸宅の中もきっと、センスがいいのだろうなあと想像しています。
でも、私なんかには住みこなせそうにもないわね^_^;ちょっと可愛いおうちが、好きになりました。
Commented by darklady at 2007-05-16 22:10
その本を読んでいませんが 読みながらまた散歩しながらその通りを思い出してみるgyuさんは 夢の中を歩いているような気持ちになりませんか やっぱり興奮してしまいますよね。 歴史の舞台を訪ねたときも同じかもしれないですね。それもバルセロナの魅力なんですね。 
画像の1枚1枚がドラマチックですが インコの姿がまるで正反対にのどかなことがほほえましくもあり その昔もこんなであったかとまた懐古にひたりますね。
Commented by やまも at 2007-05-16 23:04 x
この修道院は近所のおばさんが「すっごくいいわよ!」と言っていたところだと思うのですが、一般公開はされているんですか?前に、近所の修道院の一般公開に行った話しをしたら、いいところがあると言って教えてくれたのですが・・・。
この辺は「バルセロナで一番高い住宅地だ」とタクシーの運転手さんが言っていましたが、やっぱり大きな立派なお宅が多いですよね~。眺めるだけでため息ですが、「掃除が大変だな~」と庶民の私は思ってしまいます。でも、スペインだと掃除のおばさん頼むから問題ないんでしょうね(笑)。
Commented by gyuopera at 2007-05-17 02:46
♪ 蓮華草さん、本当にこのあたりはヘクタール単位の広さの家が軒並みです。インテリアもきっと素敵だろうなと想像してしまいます。
古い家でも、内部はきれいに直してモダンに住んでいる方が多いようです。
このちょっとかわいい家は、裏に回るとささやかな庭が見え、結構雑草なんかが一杯生えてるんだけれど、とても居心地がよさそうなんですよ。
この地区は、すべてが車ですから、ちょっと毎日の生活には不便でしょうね。まぁ、大体は女中さんや下男の人がいるから困らないのでしょうけれど。
Commented by gyuopera at 2007-05-17 02:51
♪ darkladyさん、私も「風の影」はごく最近読んで、全部知っている場所が出てくるので興奮してしまいました。おそらくは今でもあまりかわっていなさそうなところばかりですし・・・ 日本でも歴史の舞台を訪ねると、「つわものどもの夢の跡」じゃないけれど、感慨深いですね。
スペインの内戦はかなり悲惨なものでした。その後続いた独裁政治時代も暗いものでした。でもそのおかげで守られてきたこともたくさんあります。どちらの面もあるわけですね。
Commented by gyuopera at 2007-05-17 02:55
♪ やまもさん、お仕事のほうはいかがですか?
この中は一般の人はは入れないみたいですね。時々結婚式なんかやってますよ。横の道を登ってゆくと、広い敷地にアーチのある柱が連なっていて、なかなか素敵そうですよ。
このあたりのお屋敷を見るのは楽しいです。お庭には大きな木がたくさんあって、もちろんこれは昔からあったのをそのまま庭にしたんでしょうが・・・ 緑が多くていいですね。このあたりの家はみんな何人か使用人がいるはずですし、庭師もお抱えがいるでしょうね。
Commented by みどり at 2007-05-17 08:38 x
バルセロナ、中心地から少しはずれると途端に一軒家が建ち並ぶ静かな街並みが現れますね。緑も多くて。
素敵なお宅ばかりで、なんだか私も一緒になってお散歩したような感じです。
それにしても写真に写る空の青さ!上り坂を歩く時は汗が出そうないいお天気ですね。
Commented by gyuopera at 2007-05-17 14:46
♪ みどりさん、いつもコメントありがとうございます。
Pearson通りのぐっとカーブしたところにある、ブーゲンビリアの咲く家の角を右に折れると、山のほうに行くので、私が山に行きたいと思うときは大体このあたりに来ます。よく、サイクリングの人たちが、ふうふう言いながら上ってきて、さらに上のCarretera de aigua(水通り)に上ってゆきます。
この辺の家は、100年以上前から別荘地として使われたので、信じられないくらい大きいですよね。この家の一つはアラブの王子様のいえだとか・・・ でもメキシコの郊外の豪邸ばかり並んでいるところは、建物の派手さから行ってもこんなものじゃなかったかも・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-05-16 06:04 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera