春の散歩

先日、Montseraat学校に行ったことを書きましたが、今回はそこから歩いたことをお話ししましょう。
その学校があるところは、Pie de Funicularといって、Sarriaの駅から一つ目のところ。立った人駅なのに、もう山の中腹になって、すっかりあたりの景色が変わります。それで、今回は歩いてサリアまで降りようと思ったわけです。
地図を見ると、実にくねくねしているけれど、何とか車の多い通りを通らなくて下まで降りられそう。

駅を降りて、学校とは反対側の、山側の出口から歩き始めました。
道は大きくカーブして山のほうに曲がってゆきます。 住宅が並んでいますが、緑がとてもきれいです。

b0064411_14312857.jpg


b0064411_17285141.jpg


b0064411_17292491.jpg


ニセアカシアの花がいい香りを放っています。
b0064411_14384021.jpg


もちろんこのあたりは一戸建てが多いのですが、昔は別荘だったのでしょう。
b0064411_14322858.jpg


くぐり戸が開いていて、お庭が見えました。ひろ~い!
b0064411_1433387.jpg


庭師さんが出てきたので、

「ここ、公園ですか?」

と聞いたら、違う違う、個人の家だよ、と笑われました。 何ヘクタールもありそうなお庭です。

このあたり、大きな家が多いです。
b0064411_14362766.jpg


b0064411_1437159.jpg


通りがかりの自転車の人に道を聞くと、

「山に行く道だよ。そっちに行ってもサリアにはでないよ」

といいます。でも、地図ではいけそうなんだけれどなぁ? 
地図を信じて歩いてゆきました。


マツムシソウが一杯  b0064411_14413131.jpg



あたりはだんだんこんな感じに
b0064411_1443421.jpg


b0064411_18264985.jpg


道を曲がると、あたりがぱっと開けました。
b0064411_14442194.jpg


b0064411_14444819.jpg


b0064411_14454145.jpg


b0064411_14455936.jpg


テレビ塔が見えます
b0064411_14463350.jpg


アーモンドが一杯なっていました
b0064411_1447285.jpg


b0064411_21343766.jpg


こんな家も見えます。
b0064411_18255819.jpg


やがて、だんだん人家が多くなってきました。
b0064411_14483321.jpg


ずいぶん立派な門がありました。
b0064411_14492753.jpg


b0064411_14494896.jpg


後で地図を見たら、サンタ・マリア修道院だそうです。
後ろから見るとこんな風です。 あっ、ちょうど電車が通っています。
b0064411_14511970.jpg


修道院の脇の鉄橋を渡って階段を降りました。
b0064411_14522353.jpg


この辺の家も古くて楽しい
b0064411_14533246.jpg


窓がみんな口に見えちゃうんだけど?
b0064411_14541648.jpg


b0064411_14544949.jpg


b0064411_14551845.jpg


お菓子の家みたいな色合いですね。
b0064411_14561486.jpg


花は終わっているけれど、藤がたっぷりした家がありました。
b0064411_14571089.jpg


大きな家でした。
b0064411_14575840.jpg


この家の先は・・・・見覚えのあるサリアの町でした。 やれやれ、ホッ。

つづく

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

Commented by もも at 2007-05-08 15:31 x
gyuさん、こんにちは♪今日は初夏のようです。
アーモンドの実もなっていますね・・小さな窓の
古いお家、いいわぁ~♪観光では見られない所ですね。
Commented by AoimikanM at 2007-05-08 16:24
屋根の形が様々で楽しいですね。このお家探検(?)シリーズ、大好きなんですよ。gyuさんは大変そうですが……。
高級住宅街で住む方のセンスも良さそうな雰囲気を拝見すると気分が良い物です。
私も窓が口に見えました(笑) 
下のガルゴラ、スペインの物も面白いですね。フランスもかなり小悪魔的で表情豊かなので見比べると当時の職人さん達の考えがわかるかしら。

*ねね
Commented by gyuopera at 2007-05-08 18:33
♪ ももさん、おはようございます。
バルセロナも初夏のようです、いや、真夏のようです。
写真が汚いですが、クリックしていただくと、大きなもっとましな画像が見られます。
こういう郊外が新興住宅街でなくて古い家があるって、いいですね。見ていて楽しいです。
この辺はまず観光客は来ないですね。住んでいる私だって初めて来たんですもの(笑)。
Commented by gyuopera at 2007-05-08 18:37
♪ *ねねさん、行ってないところを歩くって、本当にわくわくして楽しいです。バルセロナはそんなに広くないから、とにかく海側か山側かで迷うことはありません。
こういう昔からお屋敷を構えているところって、趣のある家が多くて楽しいですね。新興住宅街じゃ見ても面白くないですから。
ガルゴラ、本当に面白いですね。悪魔が多いのは、悪魔よけなんでしょうけれど・・・ 一つ一つがみんな違うんですよね。何かストーリーみたいなものを考えて作っているのでしょうかね。
Commented at 2007-05-08 19:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyuopera at 2007-05-08 20:57
♪ stclさん、コメントありがとうございます。
こんな広い庭、庭師でもいないととても維持していけないでしょうね。すごいです。まぁ、昔はこのあたりの土地はとても安かったことでしょうから・・・
今の不動産の恐ろしい値上がりを考えると、タイムマシーンでもあったら過去に戻って買っておきたいですねー。ほんの10~20年前だっていいから・・・(笑)。
Commented by alex at 2007-05-08 21:27 x
 gyuさん、↓情報を教えていただき、ありがとうございます。
 また綺麗なお写真ですね。通りがかりの人より地図を信じてのくだりが可笑しかったです。そういうことをすると、思いがけない風景に出合えますよね。一緒に歩いている気分だったので、道を曲がると景色がパッと開けたところで、二つの意味でドキドキしました。楽しかったです。
Commented by gyuopera at 2007-05-08 21:39
♪ alexさん、こんにちは。
カタルニァの山は、雨が少ないので日本のように木や草が生い茂っていません。しらっ茶けた感じなんですが、このところの雨で草木が少し元気を取り戻したようです。山に入っても明るいので、からっとしていて怖い感じがありません。それで私は道も無いところにどんどん踏み分けて入ってしまうんですが、今回も迷ったらそうすればいいと思っていました。でもちゃんと下がる道がありました。
すばらしい景色、というわけではないけれど、一緒に散歩している気分になってくれればと思いました。
Commented by hanaitoh at 2007-05-09 11:14
以前、マツムシソウがみたいと思っていたのですが、高原まで車で
遠出をしなくては、見られないのであきらめた事があります。

あたりいっぱいのマツムシソウには驚きました。
夏から秋にかけて、見ごろかと思っていましたが、ちょっとお散歩
と行って出かけて、会えるなんてうらやましいです。

それに、公園と間違うほどの豪華で広い庭にも驚きです。
「すごーい」と歓声をあげながら、散歩している気分になりました。
Commented by gyuopera at 2007-05-09 14:20
♪ hanaitohさん、マツムシソウは日本では高原植物で夏から秋に咲きますね。高ボッチ高原にたくさん咲いていたのを思い出します。
ここでは春の花で、私の散歩に行くちょっと山の方ではたくさん見られます。愛らしくて大好きな花です。

この公園みたいな庭、本当に目を丸くしてみてしまいました。ちょうど庭師さんがお仕事をしていたので開いていたのですが、普段だったら見ることができないはず。こんな庭を持っている人もいるんだな~とため息が出ました。
散歩している気分になってくれたらうれしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-05-08 15:01 | 散歩 paseo | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera