鐘のコンサート

バルセロナ市庁舎と向かい合って建つカタルニァ州政府の建物Palau de la Generalitatで、毎月一回、Carilloのコンサートがあります。

Carilloって、なんだと思いますか。

b0064411_071358.jpg
それは、こんな風に、教会にあるようなブロンズの鐘が、大小49こ付いた楽器の一つで、
普通はたいした曲を弾くわけではありませんが、カタルニァでたった一人、ここのお抱えのCarillo奏者がいて、その人が月一でコンサートを行い、市民の誰でもが無料で聞くことができるのです。


b0064411_0112999.jpg


大体がこの州政府の建物は、年に一度か2度しか市民に開放されませんから、なかなか中を見ることができません。私も一度何かのツアーで入っただけでした。

行ってみると、もう列ができていました。
b0064411_0122188.jpg


カッと日が照り付けて暑い
b0064411_0164990.jpg


それでもやっと入場が始まりました。
b0064411_0172929.jpg


会場は建物の二階にあるオレンジのパティオ。
b0064411_0155992.jpg


b0064411_0182078.jpg


小さいけれど、サン・ジョルディの像があります。
b0064411_0191080.jpg


この建物の上についているガルゴラが面白いんです。
b0064411_020195.jpg


b0064411_0214846.jpg


b0064411_0211481.jpg

b0064411_0221715.jpg


b0064411_0235098.jpg


b0064411_0243179.jpg


b0064411_0251100.jpg


b0064411_0261453.jpg



b0064411_0521564.jpg

b0064411_0271098.jpg


直射日光ががんがん当たってすごい暑さ。
新聞を帽子の形に折ってかぶっている人も。
b0064411_028302.jpg


演奏は、初めにヘンデルのメサイアから2曲、続いてブラームス、ドボルザークの作品から、そしていろいろなオペラからアリアを演奏。
聞きなれなかったので、初めちょっと変な感じがしましたが、なかなか面白かったです。
約一時間に渡って演奏されました。
鐘も低い音はゴーンとなるので、残響音の長さが違い、難しいと思います。ピアノを弾くようには行かないでしょうね。
終わって降りてきた奏者は、まだ若い女性でした。

b0064411_0332316.jpg


このパティオに入る前に、ゴシックのパティオがあり、みんなそのあたりで写真を撮りながらぞろぞろ出てゆきました。
b0064411_0354384.jpg


b0064411_0343692.jpg


細工が見事です。
b0064411_035563.jpg


ここにもサン・ジョルディ
b0064411_0361918.jpg


天井もすごいです
b0064411_0365431.jpg


b0064411_0372620.jpg


立派な階段が下のパティオに通じています
b0064411_038113.jpg


この扉の中に
b0064411_0384843.jpg


素敵なシャンデリアと天井画が見えました。どこでも入っていってしまう人もいて、係りの人が注意していました。
b0064411_0395046.jpg


階段のシャンデリアが豪華でした
b0064411_0405795.jpg


b0064411_0414579.jpg


全部白熱灯が付いています。
b0064411_0422326.jpg


壁にもサン・ジョルディの絵が
b0064411_0431246.jpg


こちらの部屋も素敵そう
b0064411_0433924.jpg


また見上げて、う~ん、きれい
b0064411_0441172.jpg


ということで、官邸を出ました。
建物の中にパトカーがいる・・・
b0064411_046793.jpg


ここでの演奏会は毎月第一日曜日の12時から。誰でも無料で入ることができます。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
http://www.gencat.cat/presidencia/carillo/

↓こちらをクリックしていただけると励みになります。

Commented by mondoarmonia at 2007-05-07 02:00
またまたすごいところですね! ここも行かなきゃ!
カリヨンなつかしいです。 僕の行った大学にはこの写真に負けず劣らずの大きさのカリヨンがあって、入学式や卒業式、演奏会のあるときは必ず演奏されてました!
その当時、ちゃんと演奏者がいる・・・というのを聞いたときはびっくりしました!
Commented by gyuopera at 2007-05-07 05:02
♪ HEROさん、ここは普段は入ることができません。カタルニァ州のホワイトハウスですからね。でもこのコンサートのときは誰でも入れるので、一杯写真撮っちゃいました。カリヨン、結構あちこちにあるのですね。こんなに細かい演奏ができるとは知りませんでした。トリルまでできるんですね。オペラのアリアは、ちょっとピンとこなかったけれど、シューベルトのロザムンデなんかよかったです。演奏しているところを見てみたいものです。
Commented by alex at 2007-05-07 21:40 x
鐘の演奏者…本当にどう演奏しているのか見たいです!やっぱりペダルを踏むのかしら??昔どこかで聴いたことはあるのですけれど、場所は忘れました。
 先日の音楽祭話でのgyuさんからの「?」について、私の分かる範囲内でお答えします。ナントの他に世界でいくつか同じようにやっているようです。ナントは1995年からですが、東京は今年で3年目。来年のテーマは”シューベルトと仲間たち”ですが都市ごとに少しずつ内容を変えるとか。以上パンフレットに書いてありました。
 それから、gyuさんのおっしゃった「シューベルティアーデ」を私は知りません。もっと音楽にお詳しい方ならご存じかと思います。
 もうすぐ、やっぱりお祭りの”サイトウキネン”のチケット発売日です。私はちゃっかり毎年友人にチケットを取ってもらっています。音楽のお祭り好きなんです、ハイ(笑)。
Commented by gyuopera at 2007-05-07 23:54
♪ alexさん、ナント音楽祭のことをありがとうございます。
日本の音楽祭は、サイトウキネンしか知りませんが、音楽祭を定期的に開くということは、お金がかかることですし、十分なモティベーションが無ければいけませんから、初めて起こすというのはとても難しいことだと思います。ヨーロッパでは昔から地方都市で音楽祭を催すことがとても多いですね。ドイツなどは本当にたくさんあってびっくりしてしまいます。
シューベルティアーデは、サーチしてみると、日本でも丹波の森や、名古屋、神戸などでやっているようです。
ここにその起こりなどが書かれています。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/genepro/r/r030911.htm
Commented by lulaegiotto at 2007-05-08 05:42
こんにちは。お久しぶりです。
シャンデリアのあまりの美しさにコメントです。
美しいですね~。またお写真もステキ。
このような場所で、このようなシャンデリア。
シャンデリアはこうあってほしいですね。   CHIE
Commented by gyuopera at 2007-05-08 06:20
♪ CHIEさん、日本でのイタリア小道具展、お写真で拝見しましたが素敵でしたね。そっくりイタリアの田舎の雰囲気を作り出してしまう才能はすごいと思います。
ところで、このシャンデリア、かなりきれいでしたね。こういう大きな建物が一体いくつあるか知りませんが、このPalacioだけでも一体いくつあることか。大変な重さだと思うのに、よく天井が支えていられるなぁといつも感心しています。
Commented by granollers at 2007-05-08 07:02
こんばんは。新聞の帽子のおじさんが素敵ですね(笑)。雨の日にビニール袋をかぶっているおばあさんは良く見かけますが。コンサートはもちろんのこと、建物の内部にも興味があるので、できれば来月、行ってみたいと思います。素敵な情報ありがとうございました!
Commented by もも at 2007-05-08 07:27 x
gyuさん、おはよう♪49個の鐘の楽器@@。大雨が降ったら
どうなるでしょう、、何処に奏者はいるのかしら?
素敵な建物で市民が無料でコンサートを楽しめる!良いですね。
Commented by gyuopera at 2007-05-08 14:14
♪ granoellersさん、おはようございます。
コンサートや展示会などは、建物自体が興味ある場合が多いので、半分くらい建物の内部を見るために行きます(笑)。Generalitatの内部は、ほんの一部を見ただけでも、すごいな~と思いますね。メルセだったかしら、市民が入れる日があるんですよね。でもそういう時は、押すな押すなの大盛況ですからね(笑)。
Commented by gyuopera at 2007-05-08 14:17
♪ ももさん おはようございます。
鐘は雨が降っても大丈夫だと思いますよ。ブロンズでできているんです。奏者は室内にいるんだと思いますよ。
市民がこういうところに行って無料で楽しめる、そういうイベントはとてもたくさんあるので、このごろイベント続きだけれど、ぜんぜんお金がかかりません!この町はお金をかけなくても楽しめることがたくさんあって、それもとても好きなところです。
Commented by stcl at 2007-05-08 14:37
Carillo、すごいですね。あれをたった一人で演奏するんですか。どういう仕掛けになっているのでしょう。鍵盤?ではなさそうですね…。
Commented by gyuopera at 2007-05-08 15:06
♪ stclさん、どうやって演奏するのか見てみたいですね。まさか、屋根に上って、かなづちで一つ一つたたく、ってことはないと思いますが・・・鍵盤ではなさそうです。ハンドルがたくさん付いた写真がありました。
専門の奏者がいるということは、誰にでもすぐできるようなものではなさそうです。
Commented by darklady at 2007-05-10 01:38
ガルゴラというのですか おもしろいですね!
プラハのお城で見て とても興味深かったことを思い出します
下のリサイタルの雰囲気がとてもいいですね
Commented by gyuopera at 2007-05-10 03:11
♪ darkladyさん、ガルゴラ、パリのノートルダムにもたくさん付いていますよね。どうして怪物の姿をしたのが多いんでしょうね。すごくユニークだと思います。デザインは石の細工師に任せられるのか、設計士がガルゴラの一つ一つまでデザインするかはわかりませんが、これだけ見ていても飽きないですね。
コンサート、ホールは小さかったけれど、暖かい雰囲気でよかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-05-07 00:48 | オペラ、コンサート musica | Comments(14)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera