蚤の市で

アンティックのレースを大量に買ったあと、それを処理する作業に追われてしばらく行かなかった蚤の市、ちょっと時間があったので行ってみました。

相変わらず人で一杯。 でも来ると楽しくって一通り全部見ないではおれません。
b0064411_20485418.jpg



b0064411_2049186.jpg



b0064411_20494260.jpg



b0064411_20503234.jpg


日本人形まで
b0064411_20505899.jpg



b0064411_2052946.jpg



これで商品なんだか。踏んづけちゃってます。
b0064411_2053077.jpg



ちょっと面白いものを見つけました。

ほら、これは最後の晩餐のレリーフの飾り物。
b0064411_20541143.jpg


こちらも同じく。
b0064411_20545328.jpg


いずれもイエスの右隣(向かって左隣)に座っている人は女性で、しっかりとイエスにもたれかかっています。 これは使徒の一人ではなくてマグダラのマリアですね。

ダビンチ・コードは、できるだけ読まないように、なんて教会で言っている、敬虔なカトリックのスペインの家に飾られるものなのですけどね・・・・

↓ クリックしていただけると励みになります。

Commented at 2007-03-15 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bao at 2007-03-15 22:30 x
素敵ですね。見ているだけで楽しませてもらいました。読めないですが、どんな本があるのかしら。
Commented by miki3998 at 2007-03-15 23:12
 こんな蚤の市、行って見たいです。
  gyuoperaさんの蚤の市の記事、いつも楽しみにしています。そして戦利品の紹介もね。

 レースが好きで、本当は色々と集めていたのですが・・・。今の家と雰囲気が違ってしまったので、実家に送って母が管理しています。模様替えがしたくなりました。
Commented by gyuopera at 2007-03-15 23:58
♪ juilletさん、コメントをありがとうございます。
バルセロナでブログを書いている方はとても多くてびっくりするほどです。私はあまり観光地のことを描かないものですから、ご参考になるかはわかりませんが・・・
ブリュッセルでもいくつか蚤の市があると聞いています。私も若いとき旅行して、蚤の市で買ったグラスをいまだに持っています。
バルセロナの蚤の市はそんなに広くないのですが、150年以上の歴史があるんだそうです。それで、市がどこかに移転させようと躍起になっていても、ぜんぜん実現しないようです。
パリはクリニャンクールなんか高くてね~。ヴァンプがいいものが出るらしいですね。バルセロナではもうすごい掘り出し物はほとんど出ないんじゃないでしょうか。

普通、最後の晩餐はイエスの隣にヨハネですね。それがこのレリーフは両方とも、とても女性的に見えたのでびっくりしたのです。服の色も、しぐさも・・・ひげもないし。でもやっぱりヨハネでしょうね。

ブリュッセルは、来月あたりから息子がそちらに住むようになるので、いつかもう一度行こうと思っています。
Commented by gyuopera at 2007-03-16 00:02
♪ baoさん、ここの蚤の市は素敵、という感じは無区、ごちゃごちゃとすごいです。でもじっくり見ていると、結構面白いものが見つかりますから、蚤の市参りはやめられません。
本はそれはスペイン語が多いですよ。でも良くフランス語や英語のもあります。開くと古い紙のにおいがして・・・ 100年位前の本も良くあります。面白いですね。
あとから写真を拡大してみると、あっ、これいいなぁ、なんて思うものも良くあります。そのときは気づかないんですね。
Commented by gyuopera at 2007-03-16 00:04
♪ mikiさん、ここはすごいごちゃごちゃですよ。初めての人は圧倒されてしまうみたいです。今日の写真は比較的きれいに並べられたところを撮ったのですが、商品が地べたにあふれ、踏んづけています。こういうところでいいものを見つけるには、かなり慣れが必要かもしれません。
今回の戦利品は、この次にご紹介しようかなと思っています。
Commented by AoimikanM at 2007-03-16 00:37
gyuさん、こんにちは。
やっぱりあるのですね、こういう蚤の市。
いろんなものがみれて楽しいですね。でも買えるものって少ないのですねー。
私も見るのは好きで、よく行きます。こんなものがあるぞ、とか
これは何に使うんだ、とか考えたりお店の人に訊いたりしてのんびり
歩くのが楽しいですよね。

*れもん
Commented by gyuopera at 2007-03-16 00:54
♪*れもんさんこんにちは。パリの蚤の市は大きくて立派ですが、ここはまるでごみの溜まり場みたいです(笑)。それでもじっくり見ていると、結構気に入ったものがあって、私はほとんど毎週行きます。(shopをやっているので、それに出すためにも)
いつもすごい人なので、のんびり見るのは難しいですが、活気があって大好きです。
Commented by もも at 2007-03-16 07:02 x
gyuさん、おはようo(´ー`o)最後の「最後の晩餐」のレリーフの
飾り物が印象に残りました。絵葉書を出して比べてみよう♪
ゴミのように見えるものも、人によってお宝に見えるものです。
捨てる神あれば拾う神もあるのです、、、

Commented by gyuopera at 2007-03-16 08:02
♪ ももさん、早いですね。私はこれから寝るところです。
蚤の市、今回はそんなにたくさんいろいろ買いませんでしたが、そのお話しはこの次に書きますね。
古い書簡など、なかなか面白いんですが、この通り、みんな踏んづけているので、見つけるのが難しいです。こういうものを売っている人たち、すごいお金を持っているんですよ。かなり儲かるみたい。
Commented by mam at 2007-03-16 15:30 x
なんて楽しそうなんでしょう!!!
1枚目、2枚目の写真の辺りで既に私は動けなくなりそうです。
見ててこんなですから、実際その場に居たらどんなに胸踊る事か。
この次に書かれる戦利品のお話も楽しみにしています・・・
Commented by gyuopera at 2007-03-16 16:03
♪ mamさん、実際楽しいですよ。でもあまりのごちゃごちゃと人で圧倒されちゃうかもしれません。こういうところにはしょっちゅう通って慣れないと、なかなかいい買い物ができないようです。そのために勉強代をどのくらい払ったことやら・・・
こういう品はその日に全部はけるとも思えないけれど、ちゃんとまた売り物として出すんでしょうか。
午前中だけなので、2時過ぎに行くともうほとんどないんですよ。残っているものを(かすみたいなものだけど)値切ると、結構負けてくれます。

日本の蚤の市は、整然としていて骨董市ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-03-15 20:59 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(12)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera