オレネタ城址公園のアーモンド

ペドラルベス修道院のすぐ上に、オレネタ城址公園があります。
以前もご紹介したことがありましたが、ここは広い敷地が自然公園になっています。週末にはポニーに乗ったり、ミニ機関車が走ったりしますが、普通の日はいたって静か。

これは公園の正門です。門柱の上に、オレネタ(カタラン語でツバメの意味)が。
b0064411_6323243.jpg


私は広い道は無視して、どんどん茂みの中を歩くのが好き。
b0064411_6363899.jpg


b0064411_6371890.jpg


この公園はビブルヌム・ティヌスの木が多く、今花を付け始めています。
b0064411_6382251.jpg


高いところまで上がると、展望台があちこちにあります。そこからはコルセローラのテレビ塔や、ティビダボの教会が見えます。
b0064411_6395489.jpg


ここにはオレネタ城というお城があったのですが、内戦のとき、すっかり壊されてしまいました。
今残っているのは、この泉水跡。
b0064411_6421728.jpg


ちょっとアラブ風で、黒と白の石でモザイク風になっています。
b0064411_643437.jpg


誰が住んでいたのか、調べてもわからないのですが・・・ 床のモザイクがところどころに残っています。
b0064411_6441430.jpg


上のほうにはあちこちにアーモンドの木があります。
b0064411_6454030.jpg


b0064411_6455781.jpg


b0064411_6461898.jpg


b0064411_6463763.jpg


b0064411_6465650.jpg


b0064411_647219.jpg


b0064411_6474854.jpg


b0064411_648959.jpg


今は肥料も与えられていないらしく、お花はちょぼちょぼです。このお城に人が住んでいたころは、さぞかしきれいだったことでしょう。 広いし基地内には、テラス跡や、泉水の跡がとてもたくさんあります。

子供たちの遊び場がたくさんある公園ですが、この遺跡を見るたび、どんな人が住んでいたのかな、どうして壊されてしまったのかな、と考えると、ちょっとさびしい気持ちになってしまうのです。

↓ クリックしていただけると励みになります。

Commented by darklady at 2007-02-05 21:41
ビブルヌムとはビバーナム?綺麗な花のようですね。冬咲くんですね。
アーモンドの花は 桃の花に似てますね。
城址の遺跡を見ると、わたしも同じように寂寥感にひたります。
どんどん緑の中を歩いて行くgyuさんの靴は どんなかしら ^^
Commented by ウルコ at 2007-02-05 22:37 x
アーモンドの花、もう咲いてるんですね。
最近、心に余裕が無かったのでお写真で癒されました。
先日は心優しいコメント、ありがとうございます。元気を取り戻して問題にもケリを付けました。って、ヤクザな言い方ですね・・・反省。
Commented by gyuopera at 2007-02-06 00:06
♪darkladyさん、日本ではビバーナムと呼ばれているのですね。ガーデニングの学校で習ったラテン名そのままで使っていますが、きっとポピュラー名もあるのだと思います。比較的どこでも咲いていますし、一年中咲いているような・・・ 飾っておくと、小さな花びらが次々落ちてとても散らかりますが、かわいいです。
このお城、1850年に建てられているので、遺跡というほどは古くは無いのですが、100年たたないうちにほとんど完全に壊されてしまったのには深い理由があったのだろうと・・・ いろいろ想像してしまいます。
私のウォーキングシューズはもう15年も履いているがっちりしたものです。山歩きのとき履いています。昔から、山を歩くの大好きでした。
Commented by gyuopera at 2007-02-06 00:20
♪ウルコさん、立ち上がって闘ったんですね。ウルコさんのいる職場はきっといろいろな人がいて、今までもきっとずいぶんいろいろ苦労があったことと思います。でもいつもユーモアたっぷりのブログを見ていると、そんなことを露ほども感じさせなくて、偉いな~、がんばってるんだな~って感心してしまうのです。それに比べたら、私なんか甘っちょろいですね~。
Commented by AoimikanM at 2007-02-06 11:10
こんにちは。アーモンドの花、もう咲いているんですね。
とってもキレイで素朴な感じがして好きな花の一つです。
私の実家にも1本植えてありますが、沢山蕾をつけていて桜の季節の前に一斉に咲き出します。(でも少し種類が違うかも知れませんね)

公園から茂みに入ってゆく感じ、映画のようです。私もザクザクと歩きたい!
gyuoさんの視点はいつも私を別世界に連れて行ってくれて、思わず毎回記事を舐めるように読んでいますよ(笑 へんかなあ?)
こんな歴史のある遺跡が風化して野ざらしにならないよう、私達に出来る事は何だろう、と想いました。

*ねね
Commented by gyuopera at 2007-02-06 16:03
♪*ねねさん, おはようございます。
日本でもアーモンドの木があるのですね。はらはらと散る様子は桜のようですね。この公園の木は肥料も上げてないようなので、花の付きが悪いです。アーモンド畑の木は、もっとびっしり花を付けます。
こちらの山はそんなにぎっしりと藪が茂っていないので、かいくぐりながら行けば、道の無いところでもいくらでも歩くことができます。あまりそうする人はいませんが。
私はどうも文章を書くのが得意ではないので、写真を多くして、コメント程度の文にしているのですが、楽しんでいただけるのでしたらとてもうれしいです。
Commented by stcl at 2007-02-06 17:43
ああ、アーモンドの花だ…。大好きです、この花。
実も大好物ですが(笑)
Commented by gyuopera at 2007-02-06 17:59
♪stclさん、アーモンドの花、きれいですね。この時期はあちこちで見かけるのでとても楽しみです。
ミモザとアーモンドは、いずれも春一番に咲き始めるので、これを見ると、あぁ春だなぁと思います。
今年は特に寒くならなかったのですが、これから寒さが来るのでしょうか、ちょっと心配です。
Commented by MiscellaneousOGRs at 2007-02-06 22:32
gyuさん

アーモンドの花、すごく色っぽいですね。
さすが薔薇科です!(笑)
この花に出逢ったら、きっと足をとめて見入ってしまうような風情を感じます。
わずかに和を感じるのも桜に似ているせいでしょうか?
でもどちらにしても両者にはない色香ですね。素敵です。
バルセロナはホントに緑が豊かですね!
木々に絡み付いた蔦が溢れる茂みの中を久しく歩いていません...。
gyuさんは、一日どのくらい歩かれるのですか?
僕もちょっと体調が思わしくないな...、と感じ始めたら
ひたすら歩く事に専念します。たとえば自宅から数えて5つ手前の駅で降りる。
しばらくそんな習慣に身を置くと、不思議と身体が活性化するから不思議。
昔、腰を悪くした友人から聞いたのですが、歩くのがいちばん効果があると
医者にアドバイスされたのだそうです。なるほど!と思いました。

G d D
Commented by gyuopera at 2007-02-07 03:01
♪GdDさん、アーモンド、色っぽいですか?(笑)
アーモンドにもたぶんいろいろ種類があるのだと思うのですが、これは花の真ん中が濃いピンクになっていて、ちょっと恥らっているような感じもしますね。でも、香りはそんなによくないんですよ。

ここは自然公園になっているので、木が多いです。でもドイツなどの森に比べたら! やっぱり枯れた感じです。 私は町のはずれに近いところに住んでいて、大きな公園がいくつもあり、散歩するのには事欠かないので恵まれていると思いますが、もっと町の中心に住んでいる人は、広い公園があまり無いので、緑に植えているのではないでしょうか。
私も腰が弱いほうなので、勤めて歩くようにしています。日によって波がありますが、一万歩以上歩く日は週に3回くらいかな・・・  腰には水泳と歩くことがいいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-02-05 06:52 | 散歩 paseo | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera