ラバル地区


以前はチノ地区と呼ばれたラバル地区は、ランブラス通りの海に向かって右側に位置し、移民が多く危険な地区として昔から敬遠されてきましたが、MACBAと呼ばれる現代美術館が出来てから、汚い部分が取り払われ、次々新しい建物が建てられ、 また、歴史的な古い建物もきれいに改装され、魅力的な地区になってきました。

ランブラス通りからHospital通りをどんどん入ってゆくと、左手に見える大きな教会。

b0064411_021736.jpg



1728年に建てられたSant Agusti教会です。
このファサードは、バルセロナでも数少ないバロック様式



横から見ると、まるで削り取られたような無残な跡
当初はここは修道院で、この三倍の広さがあったそうです。
b0064411_023824.jpg




正面にはとてつもなく立派な王冠付きの紋章
b0064411_0245789.jpg


b0064411_0253649.jpg



さて、こちらは超近代的な現代美術館MACBA
b0064411_0295542.jpg


隣のカルチャーセンターは古い建物をきれいに修復したもの
b0064411_031246.jpg


模様がきれいですね。ラーメンどんぶりみたいな・・・
b0064411_032873.jpg


ここは誰でも入れますからどんどん入ってしまいましょう。入るとパティオがあって、サン・ジョルディの金色の像が見えます。
b0064411_0331837.jpg


ここではいろいろな催し物が行われ、夏はパティオで映画をやったりします。また、建物の地下には素敵なコンサートホールもあります。

ひょいと見上げると、古い教会が
b0064411_0343643.jpg


残念ながら、どこから入るのかわかりませんでした。

この通りには猫の絵がたくさん描かれた壁があります。
b0064411_037289.jpg


b0064411_0372890.jpg


b0064411_0375471.jpg


ちょっと日本の墨絵みたいな・・・ 昔は全体に汚い壁でしたが、何年か前、壁にピンクやブルーのペンキを塗って、ちょっとお化粧直ししています。

ここまで来ると、やっぱり行くのはボケリア市場。今日はすでに大きな荷物を持っていたので、寄ったのは鶏肉屋さんだけ。
b0064411_0404158.jpg

買ったのは

  トリもも4本、  ウズラ4羽、 七面鳥の胸肉1kg、 トリ手羽1.5kg、 ウサギ一匹。

もう少し買いたいものがあったけれど、これ以上持てませんでした!

荷物を持っていると暑いんです。毎日20度近くにもなるんですよ。地下鉄に乗ったら、冷房が入っていました! コートを着ていてよかった!

↓ クリックしていただけると励みになります。

Commented by darklady at 2007-01-12 09:54 x
修復して奇麗に使い続けるんですね 
おもしろいネコちゃんの絵には 笑えますね!
たくさんのお肉 何日分ですか ^^
Commented by raindropsonroses at 2007-01-12 12:30
gyuさんへ。
こんにちは。毎日のお三度大変ですね。きっとこの鶏肉もスグになくなってしまうのでしょう。ラーメンどんぶりって……(笑)これから昼ご飯なのでそそられますが、一番最初の教会の写真の上の方、何だかとても素敵に見えます。やっぱり僕はバロックが好きなのかな?(笑)猫の壁画もいいですね、こう言う、古いものと新しい物が共存する余裕って羨ましいです。

ブノワ。
Commented by gyuopera at 2007-01-12 15:46
♪darkladyさん、、昔の建物はきれいに修復されると、本当にすばらしいですね。こういうものを見て歩くのもとても楽しいです。
ネコちゃんの壁画、誰が描いたのか、初めて見たときはピックリしました。それをちゃんときれいにして保存するっていうところもいいなぁ、と思いました。
お肉、すぐ凍らせるんですがね、夫婦2人だとそんなにお肉は食べないけれど、そのほかに食べ盛りの男2人がいるから、我が家はエンゲル係数高いですよ。
Commented by gyuopera at 2007-01-12 16:20
♪ブノワさん おはようございます。
このラーメンどんぶり風のデザイン、メキシコのミトラという紀元1世紀の遺跡にもよく似たもののレリーフが残っています。エーゲ海文明にも見られたような?
日本では昔からラーメンどんぶりの模様に使われていたから、つい、そちらのほうがおなじみで・・・
以前はこの地区、こんな奥まで踏み込めなかったのですが、今はどこでも行ってしまいます。でもなるべくカメラは見られないようにしていますけれど。 危険な地区ほど、古いものがそのまま残されているようです。
Commented by y_and_r_d at 2007-01-12 20:08
猫の壁画が面白いですね。
さすがバルセロナだけあって
ちゃんとアートになっています!
Commented by gyuopera at 2007-01-12 21:07
♪ y_and_r_dさん、この壁画、誰が描いたのか、どうやってこんな高いところまで描いたのかわからないのですが、少なくとも私の知っている20年以上前からあったのです。ささっと描かれていてもとても猫の特徴がよく出ていて、見るたびにんまりしてしまいます。
こんな落書き(?)なら大歓迎ですね。
Commented by miki3998 at 2007-01-13 00:58
スペインの冬ってそんなに暖かいのですか?20度ならコートは要らない?

  古い建物の中に近代的な美術館、でもどこか遠慮がちに建っている・・・と感じるのは気のせいでしょうか?
  歴史は変えられないように、こんな素晴らしい建築物はその国の宝だなあと痛感しています。来た鎌倉もお寺ばかりの町ですが、その落ち着いたた佇まいはこの先もずっと変わらずにいて欲しいものです。新しいマンション、つくづく似合わない町ですもの。
Commented by gyuopera at 2007-01-13 05:03
♪mikiさん、この冬は気象観測史上最高に暖かい冬だそうで、普通はこんなに暖かくないです。でもみんな大体しっかりコートを着ていますが、中には半そでやシャツ一枚の人も見かけます(笑)。 屋外のテラスのカフェやレストランでもそんなに寒くありません。

バルセロナは近代的なものと古いものが、ごちゃ混ぜに建っています。それがミスマッチでそんなにおかしくも無いのは不思議なくらい。こんなに混ざり合っている町は少ないらしいです。
古都鎌倉も、ずっとその姿を守っていってほしいですね。
Commented by afoto at 2007-01-16 16:35
今年は日本も暖冬ですが、さすがに20℃にはなりませんね(笑)。
バリオ・チノは今、ラバルって言うんですね~。
MACBAも行った友達がいいよと言ってたけど、道中が怖そうだったので、
あの辺り、ほとんど足を踏み入れてません。
gyuさんの写真を見てると、新旧一体で面白そうなところですね!
壁のネコの絵もモダンで手作り感覚溢れててセンスいいですね。
バタバタしてて、なかなかコメントできなかったのですが、私は
何を隠そう1月6日生まれ・・・。一度その日にスペインへいたいなぁ
・・・というのが夢なのです。スペイン語圏の人に誕生日を聞かれると
いい日に生まれたんだねー!といつも言われます。
Commented by gyuopera at 2007-01-16 16:48
♪afotoさん、ラバルでも、場所によっては今でもちょっと怖いです。でもMACBAの周りは素敵なレストランもたくさんできたし、大学も出来、建物はみんなきれいになって、安全になりました。昼間だったら、もうどんなところに入っても怖くなくなりましたね。
1月6日生まれ! それはいい日ですね。でもプレゼントもらえる日が1日少ない?・・・(笑)。
1月5日はLos Reyesのパレードでにぎやかですが、6,7日はお休みでみんな閉まっているから、観光客はもてあましてしまう方もいるようです。8日からはバーゲンですけどね。 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2007-01-12 00:44 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(10)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera