年末の町


もう後わずかで今年も終わり。 年月のたつのが早くてびっくりするばかりです。

クリスマスが終わると日本ではすっかりお正月モードだと思うのですが、こちらでは1月6日の三賢人のお祭りを控えていますから、町はまだ買い物客でごった返しています。

クリスマスの飾りも1月6日まで健在。 あちこちでは、イエスの誕生シーンを、実際の人が演じているところもあります。

この前夜の街のご紹介をしましたが、もう少し付け加えたいと思います。

モデルニスタのステンドグラスのついた建物、夜になるといっそう輝きを増します。
b0064411_20355868.jpg


なんだかおとぎの国みたいですね。
b0064411_20372879.jpg


b0064411_20383445.jpg


ここはバルメス通りの新しいホテル。内部がとても素敵です。
b0064411_20394041.jpg


b0064411_20402083.jpg


ぺライ通りの電飾
b0064411_6203139.jpg


そしてカタルニァ広場とランブラス通りがぶつかるあたり
b0064411_6213083.jpg


b0064411_6222162.jpg



絢爛豪華な天井の建物
b0064411_20421225.jpg


入り口のドアの雰囲気、日本的な趣があるような
b0064411_20431077.jpg


素敵な天井画のある建物。
b0064411_2044192.jpg


古風なエレベーターの扉が見えます。エレベーターの箱は上に上がっているみたい。
b0064411_20445976.jpg


通りがかりに見つけた古書店。日本の版画が
b0064411_204696.jpg


古い地図も
b0064411_2046356.jpg


とても派手な装飾のついた建物ですが、シルエットになっても素敵
b0064411_2047929.jpg


とても気に入ったアンティークショップ
b0064411_20483570.jpg


リースも渋い
b0064411_20491443.jpg


たまたま通りかかった建物の前で、配達の人がベルを鳴らしていました。
「イケアで~す」
ドアが開いたとき見えた天井にびっくり!
b0064411_20504621.jpg


すごい~~~。洞窟みたいです。 ここは、カサ・サイラック(Manuel Sayrach, 1918)の別の入り口だったんです。
b0064411_20515017.jpg

ちょっと、興奮してしまいました(笑)。

ここはファーマシーのドアの上にある明り取りの窓。
b0064411_2053859.jpg


帰りのバスの中から。フランセック・マシア広場です。
b0064411_20542559.jpg


↓ クリックしていただけると励みになります。

Commented by chel at 2006-12-29 09:59 x
おはようございます。
「カサ・サイラック」っていうのもガウディ作品ですか?
またクリスマス休暇の話に戻りますが、スペインでは今年3割は有給を取るけど他は取らないそうですね。EU内でも格差が激しいですね。スペインはEU加盟してから物価はあがりましたか?

今年は今日でお邪魔するのは終わりと思います。明日も会社来るのでもしかしら見れるかもしれませんが。また来年お会いしましょう。
Commented by gyuopera at 2006-12-29 15:52
♪chelさん おはようございます。
カサ・サイラックはManuel Sayrachの設計で、1918年に建てられました。

クリスマス休暇は、23日から1月7日までとった人は、息子の会社では3割くらいだそうです。でも前半、つまり27~29日だけとった人と、後半1月2~5日だけをとった人は非常に多く、休日をつけて9日間のお休みになります。それに、地方によって違うと思いますね。都会の人は取る人が多いでしょうね。工場などはストップするので、会社全部が23日から1月7日まで休むので、有給を取らなくてもバケーションになるわけです。
ですから有給をとった人が30パーセントというのはあまり信用できる数字ではありません。
スペインはEC加盟後、確かに物価が上がりました。でももっと顕著になったのはユーロ導入からです。1ユーロ=166.386ペセタで、今は以前100ペセタだったものが1ユーロ以上しています。それだけでも17パーセント以上の値上げですが、不動産にいたっては、天井を知らないほどの値上がりが続いていて、大都会は東京以上の値段です。その割りにお給料は上がらないので、市民は苦しいですよ。
それではよいお年をお迎えください。
Commented by dogwood at 2006-12-30 00:50 x
gyuさん、こんばんは。
夜の街の風景、ほんとに素敵ですね~。
普段入れない建物の中の様子が伺えて、なんだかお得な感じですね。

三賢人のお祭りはかなり盛大なものなのですか??
実はちょうどその日にバルセロナ入りするので、少しでも賑わいを体験できるかなと楽しみにしてます。
またその後2日間滞在するのですが、お祭りの翌日ってお店もお休みしてひっそりとしてるのでしょうかね?

Commented by gyuopera at 2006-12-30 05:53
♪dogwoodさん、1月6日にバルセロナに入られるのですか。この日は祭日ですからお店は閉まっているでしょうね。でも、3人の王様が夕方くらいに港について、大きな山車がたくさん出て町をパレードしますから、すごい人だと思います。7日は日曜日ですから、お店はやっぱり閉まっていますね。でも美術館は開いています。その上、第一日曜日は無料になるところが多いです。月曜日は美術館は閉まっています。
いいレストランも日・祭・月曜日のお昼まで閉まっているところが多いですよ。でもまあどこかは必ず開いていますから大丈夫です。
どうぞお気をつけて!よい旅になるといいですね。
Commented by mai at 2006-12-30 16:00 x
天井画がすごく素敵で気になります~ 見とれて首が痛くなりそうなくらい時間を忘れて見とれれそうです。
Commented by gyuopera at 2006-12-30 16:54
♪maiさんおはようございます。
こういう建物は、個人の集合住宅、つまりマンションですから、住民以外は入れないのです。ですから、なかなか中を見ることはできず、昼間は内部が暗いのでほとんど見ることはありません。でも夜になって電気がつくと、こうして浮かび上がるので、玄関のガラス越しに見ることができるのです。それでも写真撮るのはちょっとはばかれますけどね。それで、あわてて撮るので、角度がかしがっちゃったり、ピンボケも多いというわけです。こうやって見てゆくと、全部の家が違うので面白いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-12-28 21:03 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera