楽しい家


ある日、散歩をしていたら、偶然こんな家を見つけました。

b0064411_17282160.jpg


すごっくユニーク! モデルニスタの家ですが、いやに新しく見えるのはペンキを塗り替えたからでしょうか。3階から上は明らかに後から作った様子。

b0064411_17292832.jpg



でも手すりのアイアンなどは明らかにモデルニスタ
b0064411_17305568.jpg



b0064411_1732236.jpg



b0064411_17415464.jpg



モザイク使いはガウディに通じるところもあり

b0064411_1732163.jpg



横は車庫の入り口があります。蛇のような、縄のようなひも状のものがくねくねと走っています。

b0064411_17333381.jpg



よく見ると、紐のような縁取りも全部モザイク

b0064411_17341460.jpg


う~ん。
b0064411_17345855.jpg


b0064411_17391375.jpg


どんな人が住んでいるのでしょうね。

b0064411_17354022.jpg


↓ クリックしていただけると励みになります。

Commented by じゅん at 2006-12-10 19:58 x
gyuさん、こんばんは。
今日はとても穏やかな一日で昨日よりは暖かい一日となり
ました。ということでまたコタツを出すのを延期してしまいました。
いま、我が家の周りはイチョウの落ち葉で黄色一色という感じです。次の週末にはすっかり葉が落ち切って見た目も寒そうなイチョウの
木ばかりになりそうです。
前回にコメントいただいていましたが、わたくしがバルセロナに
お邪魔したのはいつでしたっけ?
ということで調べてみましたら2004年のことでした。
ですからgyuさんとお話しするようになったのは2003年ですね。
時の経つのは早いものです。またバルセロナに行きたい!
ということでまた来週。
Commented by mai at 2006-12-10 20:13 x
色がいいですね。青と白!でも、ところどころに違う色があって。
今日はお天気も良かったので私は自転車を使わず、家の周辺をあえて歩いてみました。
特に変わり映えのない家並みですが、散歩で気分がウキウキして楽しくなりました。gyuさんのお家の周りのような家がたくさんあったらと想像するとさらにわくわくします。私の実家は純和風の家なので洋風スタイルに憧れます♪もちろん和の 畳や壁、床の間など落ちついた空間で好きですがラフな洋風スタイルいいですね。ないものねだりかな。
Commented by gyuopera at 2006-12-11 01:12
じゅんさん今日は。 じゅんさんがいらしたのは2004年でしたか、もう3年近く前になるのですね! あまりに早く年月が過ぎて行くので怖いくらいです。
じゅんさんのお宅ではまだおこたつが出してない? そんなに暖かいですか? こちらも比較的暖かだけれど、じっとしていると冷えてくるので、家の中では結構厚着しています。まだ風邪が治りきっていないからかもしれませんが… 今日は快晴の暖かな日でした。
Commented by gyuopera at 2006-12-11 01:18
maiさん今日は。 周りを眺めながら散歩するのって楽しいですね。車で通り過ぎていると気が付かないことも、歩いているといろいろ目に入って面白い発見がありますね。
日本家屋は日本の気候にあっていると思うけれど、冬は寒いですね。その点マンションは楽だけれど、やっぱり箱の中に住んでいる、という感じがあります。
年をとったらどちらがいいかはその人が今までどういう生活をしてきたかに寄ると思いますが、段差のない平らな住居は、足や腰を痛めたときはとても助かりますね。
Commented by fusako at 2006-12-11 11:04 x
gyuさんこんにちわ。カラフルなタイルの装飾おしゃれですね。細かいモザイク。古いものなのでしょうか。
後から足すとやはりバランスがおかしいです。間取りも使いにくくなるし。
Commented by gyuopera at 2006-12-11 15:17
fusakoさんおはようございます。
この家、多分100年位前のものだと思います。きっとつい最近修復が完成したところではないでしょうか。
上の建て増しした部分は残念ですが、住む人には必要だったんでしょうね。昔の建物は、窓が小さいから暗いですからね。
Commented by jamartetrusco at 2006-12-11 19:42
面白い家ですね。増築部分を抜けばアールヌボーなんでしょうが、どちらかというとウィーンの分離派風の様式。モザイクが美しいです。
今まで紹介していただいた色々な建築も含めてバルセロナには美しく注目すべき建物がたくさんありますね。素晴らしい町であると想像します。やはり変化が見えるのが新鮮です。フィレンツェなどのような中世、ルネッサンスで確立してしまった町はその時代の美しさは文句なしですが進化、展開していく人々、デザイン、芸術の醍醐味がありません。どこか文化の停滞を感じます。
そして新しく建つ建物はすべて質もデザインもペラペラ粗悪です。そこへいくとスペインはどんどん変化するダイナミズムを感じるのです。
Commented by gyuopera at 2006-12-11 20:14
jamartetruscoさん、本当に人目を惹く面白い家でした。カタルニァのアールヌーボーをモデルニスタというのですが、それも一様ではなく、本当にさまざまです。
そうですね、フィレンツェはもう完成されていて、一つの芸術品のような町。バルセロナは本当にいろいろな時代の建物がごちゃ混ぜに建っていて、それが町の魅力かもしれません。新しい建物や家具の好みも、前衛的のようです。
Commented by レモンドロップ at 2006-12-11 23:52 x
はじめまして。シャビーが好きのコミュからやってきました。
ガウディの建築物が一目見たくて、昔バルセロナに行ったことがあります。久しぶりにそれっぽいいモザイク建物を見て、わくわくしてしまいました。ショウウィンドウの中にあるアクセサリー等とっても素敵です♪素敵な時間すごせました。どうもありがとうございました。
Commented by gyuopera at 2006-12-12 04:57
レモンドロップさん、アメリカからコメントをありがとうございます。
バルセロナにおいでになっているのですね。
ガウディの建物は、皆さんたくさん撮っていらっしゃるので、私のブログではほとんど紹介していませんが、11月30日に、家の近くのグエル別邸の写真が載せてあります。
今日もまた、夜の街でウィンドーショッピングしてきました。クリスマスが近いと、華やかで楽しいですね。
Commented by ymomen at 2006-12-12 14:13
はじめまして。もめん、といいます。
なんというスペインらしい、可愛らしい家でしょう!
インテリアも拝見したいですよね。
ショウ・ウインドウの品の数々、わたしの住んでいるアメリカにはないデザインで、おもしろいですね。子供用のスノー・ブーツは自分用に欲しいくらいです。イブニング・ドレスも、これを装っていたらどこへでも自信持って出かけられますね。
また伺います。
Commented by gyu at 2006-12-12 15:41 x
もめんさん おはようございます。アメリカからのコメント、ありがとうございます。
この家は修復直後だったのかもしれませんね。人の住んでいる気配がないですね。 インテリアも面白いでしょうね。
スノー・ブーツ、かわいいな、と思ったら、後ろにちゃんとデザイナーの名前が。今は何でもブランド、ですね(笑)。
ドレスはボディにメリハリがある方に似合いそうですね。見ているだけでもきれいです。
Commented by miki3998 at 2006-12-12 15:51
スペインにはあちこちにガウディがいるのでしょうか???笑

  キャラ的には私はこんな感じなのですが、実際住む家としては・・・。ますます落ち着きのない女になりそうです。
Commented by gyuopera at 2006-12-12 16:22
mikiさん、バルセロナはいつも外に目を向けてきた町でした。新しいものをどんどん取り入れていく、そんな風潮のある町です。1800年代後半からの産業の発達で、たくさんの資産家が新しい建築様式を取り入れた建物をこぞって建てさせました。ガウディはその一人というわけです。
この家、実際住むには窓が小さくて暗いのではないでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-12-10 17:47 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(14)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera