雨のゴシック街


時々、無性にゴシック街を歩き回りたくなるんです。石とお話したくなるんでしょうか?

お休みの日、さらに雨が降っていたので、いつもは観光客の多いゴシック街も、とても静か。
1.カテドラルの横の道も人はまばら。
b0064411_23303987.jpg


2.雨は少し小降りになってきました。
b0064411_23312357.jpg


3.面白い顔の付いた、14世紀の水飲み場のあるSan Just広場
b0064411_23332018.jpg


その近くでチーズ屋さんがひっそりとお店を開けていました。そこで買った山羊のチーズがとてもおいしかった!
b0064411_23351752.jpg

お店の名前は Formatgeria La Seu, Carrer Dagueria, 16.人のよさそうなセニョーラが一人でやっています。

長髪のかっこいい男性とすれ違いました。大きな犬を散歩させてます。革のベストが粋でした。
b0064411_23383283.jpg


静かな通りが、雨でいっそう静かです。
b0064411_23402610.jpg


これは古代ローマの市壁の跡。上の家はもっと新しいものですが、それも遺跡になってますね。
b0064411_23414921.jpg


古そうな家の壁に、サン・ジョルディのレリーフが付いていました。1730年と彫られています。こんなのを見つけるとうれしくなってしまいます。
b0064411_23432564.jpg


今までは入れなかったような空間がパティオになっていました。入ってみると
b0064411_23452922.jpg

下の部分はローマ時代の市壁です。かなり大きな部分が残されていました。

10.
b0064411_23465254.jpg


11.
b0064411_23471958.jpg


この石たちはみんな、それ以前に建っていた建物に使われていたのです。それを利用して新しい建物を建てる。石にうがった穴はそのまま。

12
b0064411_027176.jpg


13
b0064411_23521856.jpg


つい最近、このあたりで大規模なローマ時代のお風呂の跡が発見されました。2年くらいで公開されるそうですが、どこの辺りかな?この地区は、バルセロナでも最も古い地区なのです。

これは少しはなれたところですが、ここにも。かなり雑なつくりですねぇ。
14
b0064411_23534129.jpg

この地下はガラス張りになっていて、遺跡が見えるようになっています。
すぐその横にある小さな礼拝堂。
15
b0064411_2355418.jpg


壁の中に釣鐘が見えますね。その上は・・・人が住んでいるんだろうか?
16
b0064411_23564668.jpg


アイアンの扉のむこうには
17
b0064411_23581275.jpg

真ん中の人物はヨセフとイエス? それともイエスとその子?

道幅が2メートルもあるかないかの細い道に建つ教会は、新しいように見えても15世紀くらいのもの
18
b0064411_055556.jpg


19
b0064411_064546.jpg


美しかったであろう扉に無残な落書き
20
b0064411_075311.jpg


アイアンの扉の中を覗いてみると
21
b0064411_084015.jpg


22上から日の光の差し込む建物。素敵・
b0064411_092257.jpg


変わった塀の建物。これも古そう。
23
b0064411_0102496.jpg


きれいなアーチが見えます。この先はレイアル広場
24
b0064411_0112888.jpg


行き止まりの小路の先にある建物。落書きで一杯。
25
b0064411_0121290.jpg


この扉も落書き。
26
b0064411_0135872.jpg


にぎやかな絵が一杯に描かれたお店の扉。パーティ用品を売っているお店。
27
b0064411_0151264.jpg


9月にオープンしたばかりのHigh Tech Hoteles。以前は宮殿だったもの。中はかなりモダンに改装されています。
28
b0064411_0165650.jpg


横に回ると、裏に広がっている庭から木々が覗いています。
29
b0064411_0245096.jpg


こんな風に、古い立派な建物を改装修復してまた使われるようになるといいですね。危険で薄汚かった地区がどんどんきれいになってゆきます。
ゴシック地区は古くて新しい地区。いつも何か発見があるんです。

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by miki3998 at 2006-10-17 08:27
つい先日も地震がありました。
 ひとつひとつ石を積み上げて作られた建物、チョッとやソットの地震が来てもびくともしないのでしょうね。重厚な建物は、作り上げる時の苦労もまた相当なものだったでしょう。昔の人の知恵や努力は想像以上です。

 そんな建物への心無い落書き。不届きな輩はどこにもいるんだなあ~。
 最近夜中に落書きをしていた大学生が捕まりました。路上に付けられたカメラに写っていたのです。犯人は「鋭さを表現したかった 」ですって。芸術家になりたかったのなら、まずマナーを守ることですね。スペインの若者事情はいかがですか?
Commented by hanaitoh at 2006-10-17 10:58
石造り文化の歴史の重みと堅牢さを感じます。
古代ローマ時代まで遡れるなんて、すごい事だと思います。
穿った穴もそのままの使えるという所も、石ならでなのことなのでしょう。

素晴らしい物を魅せてもらいました。
でも、落書きは残念ですね。軽い気持ちでやったいるのでしょうが、
遠い国、日本で残念がっている者がいるなんて知らずにね。
Commented by りろ at 2006-10-17 13:46 x
初めまして。時々拝見しています。いつも美しい写真を拝見するのが楽しみなんです。
落書き、心痛みますね。でも、ひょっとしたら、伝統的な重々しいものほど、若者の反抗心を刺激するのでしょうか。
それから、別のものに使われていた石材を転用して建物に使っているところを見て、こんなことを考えました。「ああ、石も新しいのは高いんだろうなあ。どこかで解体する建物があると知って、そこから安く買ってきたりしたのかなあ。中古建材ブローカーみたいなのがあったんだろうか。人間のすることは、すべて経済システムの中で営まれているんだもんなあ。手持ちのお金の範囲内で、できるだけコストをかけずに増築や修復をしようとしたんだろうなあ。」と。
Commented by もも at 2006-10-17 15:03 x
7番の市壁の跡、色が綺麗でかなり石の配列が規則
正しく並んできれいですね。四角パッチみたい!
ポロンと石が落ちてきそうですが丈夫なんですね。
Commented by jamartetrusco at 2006-10-17 17:17
こんにちは。そちらは雨ですね。イタリアはまだ快晴日が続いています。朝晩はかなり冷え込みますが。10〜14の石壁、素敵です。雑な作りがまた味わいあります。こういう石に刻まれた歴史に心が惹かれます。
ヨーロッパならではですね。ローマ時代が未だに日常に生きていたりする。
Commented by gyuopera at 2006-10-17 18:57
mikiさん、日本は地震が多くて怖いですね。ヨーロッパで大きな地震があったら、かなりの建物が壊れてしまうでしょうね。さいわいほとんどないので、こうして古いものがいつまでも残っているのでしょうね。
石の積み上げ方を見ていると、なんだかずいぶんまちまちの大きさの石をただ積み上げているようで、ペルーのマチュビチュの遺跡のすばらしい石垣などと比べると、あきれてしまうほどです。そこにあったものを使ったんでしょうけれど…残っているのが不思議くらいなものです。
バルセロナは落書きが多くて(ドイツもそうでしたが)本当に腹立たしいことです。若者はグループになってつっぱっていると、悪さをしますね。デモなどでお店のウィンドーを壊したり、コンテナをひっくり返したり・・・
Commented by gyuopera at 2006-10-17 19:04
hanaitohさん、ローマ時代、タラゴナはローマ皇帝のお気に入りの場所として、かなり大きな都市でした。バルセロナはバルシーノと呼ばれて発展しました。町の中心部にローマの遺跡が広がっています。というのも、ローマのあと、アラブ人がスペインを占領し、その後レコンキスタでカトリックがスペインを取り戻した時、先々で建てた教会はすべて以前神殿のあった地に、その神殿に使われていた石を利用して作られたのです。ですから、今でも土台はローマ時代、もしくはさらに昔のものが見られるのです。一つの石垣でも、上としたでは5,600年もの時代の開きがあったりします。とても面白いですよ。
Commented by gyuopera at 2006-10-17 19:08
りろさんこんにちは。コメントをありがとうございます。自分の日記か記録のつもりで書いているブログですが、見て楽しんでくださる方がいるということがとてもうれしいですね。
上のコメントにも書きましたが、石は歴史を物語っています。ローマ人がスペインを平定した紀元前後から、各地に作られた神殿や公共の建物などの石を、その後のモーロ人、カトリックの人々が同じ場所にその石を利用して自分たちの教会などを建てました。だから依然使われていたときに開いていた穴や文字なども見ることが出来てとても興味深いです。
Commented by gyuopera at 2006-10-17 19:11
ももさん、掲示板やっと入れました。今もExploraじゃなくてFirefoxを使っています。調子いいです。
石垣、本当にパッチワークみたいですね。でも下と上ではかなりの年代の差があると思います。この部分は比較的きちんと積まれていますね。地震が無いからこうして残っているんでしょうね。
Commented by gyuopera at 2006-10-17 19:17
jamartetruscoさん、今年の秋は珍しく雨が多いです。春ぜんぜん降らなかったので心配でしたが、年間降雨量って、決まっているんでしょうか?
9~14の石垣を見たときはちょっと感動してしまいました。こんなに大きな部分が残っているのはほかに無いんです。素敵な発見でした。
ミュージアムに行けば、ローマ時代の町の遺跡の中を探索できるのですが、こうして町の中の一角にあるのって、すごく面白いなと思います。転がっている石も、もしかしてローマ時代の?なんてことは無いでしょうけど、つい思ってしまいます。ギリシャは遺跡だらけだけれど、遠く離れたバルセロナの、こんな町のど真ん中で古代ローマに出会えるなんて、面白いですね。こんなに石に惹かれるなんて、jamartetruscoさんも私も、前世はローマ時代に生きていたんでしょうか?
Commented by ぺけ at 2006-10-17 23:58 x
ゴシック街…何度か歩いた事があります。最後に歩いた時は、広場の近くで観光客目当てに待っていたモグリのタクシーが目につきましたが、治安はどうなのでしょうか?

ローマ時代のお風呂、公開が楽しみですね!
Commented by gyuopera at 2006-10-18 02:47
ぺけさん、ゴシック街はバルセロナの真髄だと思います。時々、急に行ってさまよいたくなります。昔はとても怖くて生けないようなところが多かったのですが、最近はどんどん人気の無い通りまで入ってしまいます。昔より治安は良くなったのですが、別の地域で、郊外の住宅などが強盗に入られたりしています。
町の中は、掘ればローマ時代の跡が出てくるので、今度の発見もとても期待しています。というのも、カテドラル前の広場の下に駐車場を作る時、遺跡を保存するかしないかでさんざもめた上、とうとう壊されてしまったからです。難しいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-10-17 00:20 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(12)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera