サリア地区は今お祭

朝9時に、いつも行っている美容院に行ったら、シャッターが閉まっていて、張り紙が。
”Cerrado por jubilacion"
ええ!? それはまた突然な。
この美容院のオーナーは60台の方なんですが、もう年だからと、突然お店を閉めてしまったのです。 何年も行っていたところだし、好きな美容師さんがいたのですが、8月に行った時はぜんぜんそんな話はありませんでした。

ちょっとショックでした。どうしよう? そこで、以前何回か行ったことがあるJordiのお店に行くことにしました。 彼のお店はサリア地区にあります。
ちょうどいまお祭で、町は飾り付けをしてありました。飾りつけといってもささやかなものです。
b0064411_5201870.jpg


b0064411_5221635.jpg


カットしてもらってから、ちょっとその辺を歩いてみました。

こちらはもうちょっとにぎやか
b0064411_5204318.jpg


去年は確か、洗濯物を一杯ぶら下げていたんでした。
今年は海がテーマかな?
b0064411_5213781.jpg


こちらは網を張って
b0064411_5232516.jpg


これは大工道具みたいだけど
b0064411_5242073.jpg


サリア地区は楽しい家がたくさんあるので、また散策開始!

1777年の年号が入っているけれど、このプレートは新しそうね。
b0064411_5251570.jpg


この窓辺、楽しそう
b0064411_5262912.jpg


このサンルーム素敵だけれど、使われていないみたいね。
b0064411_527742.jpg


あっ、日時計みっけ!
b0064411_5274695.jpg


18世紀ですって
b0064411_5284239.jpg


いつも通らない道にはいると、こんなところがありました。何かな?
b0064411_52927100.jpg


上の窓の中にはワインが棚に並んでいます。レストラン?
b0064411_530511.jpg


壁にたくさん張り紙がしてあって、その中に、
「オペラの夕べ・ セビリアの理髪師」
日付を見ると、今日ではありませんか。
それで中に入ってみました。
受付嬢がいたので、オペラのことを聞いてみました。
「この上に2つ部屋があって、そこでやります。夕食つきで30ユーロ」
すぐ申し込みました。
奥のほうはレストランやバールになっているんです。
b0064411_5332856.jpg


なんでも、グルメとカルチャーをドッキングさせた場所だそうです。食事も出来るし、上でカルチャーセンター的なこともやっているとか。壁に素敵な壁画が描かれています。
b0064411_5345067.jpg


上に上がっていいというので、見せてもらいました。たくさん絵が飾ってあります。よく展覧会もするらしい。
b0064411_5354598.jpg


b0064411_536865.jpg


そんなに広い部屋ではありません。ここでどうやってオペラをするんでしょうね。きっと、アリアを歌うだけかしら。
b0064411_5364178.jpg


わくわくして帰ってきました。
その後、ちょっと買い物に出かけたのですが、帰ってきたら、留守電に、
「オペラは中止になりました。またこの手のイベントがあったらご連絡します」
とメッセージが入っていました。
な~んだ、すっごく残念! きっと、人が集まらなかったんじゃないかな。

それにしても、サリアって、面白いところです。

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by junjapon at 2006-10-08 17:31
おはようございます!  日時計や表札、かわい~~!!古そうですね!こ~いうの大好きです! オペラ残念でしたね~。次回が楽しみですね~!
Commented by gyuopera at 2006-10-08 20:01
junjaponさん、いつもコメントありがとうございます。
こういう古いものを見つけると、すっかりうれしくなってしまいます。歴史があるっていいな~って。みんな古いものを大切にしますものね。
セビージャにもたくさん古いところがあることでしょうね。またご紹介くださいね。
Commented by ウルコ at 2006-10-09 06:19 x
オペラの夕べってどんな?と、ワクワクしながら記事を読んでいったら・・・中止ですか。私もガッカリしちゃいました。
秋は芸術の季節でもあるし、また色々ありそうですね。gyuさんのステキなアートレポートに期待してます☆
Commented by hanarenge at 2006-10-09 12:54
セビリアの理髪師のオペラ?!わぁーいいですね、と思って、読んでいたら、中止ですか。ウルコさん同様私もがっかりです。
でも、そのうちに素敵なお誘いがあるかもしれないですね。
日時計と青空が素敵で見いっています。
秋のバルセロナ gyuさんのレポートを楽しみにしています。
そう、そう、日本の観光パンフレットにバルセロナの事が載ると、あ、gyuさんの街と親しみを感じます。そして、パンフレットの紹介記事を見て、ここは、gyuさんがブログに載せられていたなとか思ってみています。
もちろん、観光パンフレットよりgyuさんのところで見せてもらう記事のほうが、数倍楽しいんですけれど(^.^)
Commented by gyuopera at 2006-10-09 14:29
ウルコさん、私はンかなか夜出ないので、お祭をやっていても、そこでちょっと一杯飲んで食べて…が出来ないんですよ。とても残念。
オペラはね、実は昨日見ましたよ。 今度はLes Cortsのお祭の一環として、ちゃんと立派なホールでモーツァルトのオペラでした。このご報告は次にしますね。
Commented by gyuopera at 2006-10-09 14:31
蓮華草さん、そうなんです。今度は私の住む地区、Les Cortsでオペラを上演、昨日見てきました。 音響の良いちゃんとしたホールでやったんですよ。歌手たちも結構うまくて、楽しめました。
日本でもバルセロナは観光先として人気があるんですね。レポートもよくするとか。結構私の知らないところまでレポートされていたりして?
Commented by darklady at 2006-10-11 23:00 x
素敵なサンルーム 使われていないなら使わせてと言いたくなる
外から見るといい感じですね 以前ご紹介のワイングラスの模様を
思い出します 壁に日時計とは 気が利いていますね^^
Commented by gyuopera at 2006-10-12 00:57
darkladyさん、サンルームって、ちょっと憧れです。こんな風に上の部分がステンドグラスになっているのをよく見かけます。グリーンを置いたら素敵だと思うけど、何も無くて残念。
日時計は古い家についているのをよく見かけます。ちゃんとあっているのかなぁ。相当古いものが多いんですよ。楽しいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-10-08 05:40 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera