聖体祭 3 Ateneu de Barcelona

聖体祭の「踊る玉子」はAteneu de Barcelonaでも見ることができます。
Ateneu de Barcelonaは、1860年創立で、1906年に今のCanuda 6番地に移転。Sabassona男爵によって1779年に建てられたネオクラッシックの美しい館です。

b0064411_632326.jpg

玄関には守衛さんがいて、会員のみが入れるのですが、聖体祭の期間は一般市民も中庭を見せてもらうことができます。
階段の上がり口に、美しいアテナの像があります。
b0064411_641160.jpg


b0064411_6413350.jpg

階段の途中には上から光が差し込む空間があって、街頭が点いていました。
b0064411_6431189.jpg

赤いじゅうたんを敷いた階段を上り詰めると、ガラス戸があります。
b0064411_6434954.jpg

そこを押してはいると、バーになっていました。
b0064411_644374.jpg

市松模様のタイルが時代を感じさせます。
その奥に、パティオがありました。地上から5メートルの高さにあるパティオです。
b0064411_6454876.jpg

真ん中に小さな池と噴水があります。
b0064411_6465027.jpg

ハスが植えてあって、噴水は花で飾り立てられ、玉子が
b0064411_6473776.jpg

踊っていました。
b0064411_648420.jpg

建物の中にこんな空間があるなんて素敵。

こちらは図書館にいたる階段。
b0064411_649493.jpg


b0064411_6572175.jpg
ここには私立の図書館としては、蔵書数・希少価値の高い蔵書ともにカタルニァでは一番だそうです。古いものでは16,17,18世紀の本まであるのだそうです。

会費は月20ユーロ。図書館の内部は写真で見るととても素敵のようですが、会員ではないので入ることはできませんでした。
これはHPにあった写真。

一階にあるレストランは、外部の人でも入ることができます。お昼の定職メニューは10ユーロくらい。まだ試したことは無いんですが。

建物に入ると、別の時代にタイムスリップしたような錯覚に陥る、そんな体験、楽しいですね。

聖体祭の散策はまだ続きます。

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by maronn-05 at 2006-06-18 08:27
踊る玉子は落ちたりしないのでしょうか?
噴水が花で彩られ、どこのもとても綺麗なのですね。
市立図書館に会費?会員でないと入ることもできないのですか?
16世紀の蔵書があるというのも驚きです。

聖体祭、まだ続くのですね。楽しみです。
(ここでもポチっとさせていただきますね~!)
Commented by gyuopera at 2006-06-18 15:39
maronnさん、間違えました!市立じゃなくて、私立でした。
ここは図書館もさることながら、アカデミックな人たちの集う場所になっていて、詩の朗読そのほかいろいろなイベントがあるそうです。

花で飾られた噴水、きれいですが、このお祭のときだけでよかったですよ。ちょっとどぎついですもん。
玉子は上手い具合に水の上でくるくる踊っていて、落ちないですね。
Commented by hanarenge at 2006-06-20 07:53
gyuさん、噴水は普段はシンプルそのものなのですね
お祭りのときは、こんなふうに飾られて、玉子と共に主役ですねぇ
↓で、飾り付けのしていない噴水を見て、花の噴水との落差にまた新鮮な物を感じました。
チョッと違うけれど、仏教の花祭りを思い出したりしています。
Commented by gyuopera at 2006-06-20 16:17
蓮華草さん、普段はシンプルな噴水を、こんなに派手に飾り立ててびっくりです。宗教的なお祭ですから、仏教の花祭りに通じるところがありますね。
パティオに池を作って噴水で水音を聞かせる、これはアラブの影響だと思いますよ。アラブ人は水を遠くから運んでくる水道端など作るのに長けていましたから。アルハンブラの庭の噴水もそうですね。水の少ない地方では、水音は楽園の要素の一つなのだと思います。
Commented by hanarenge at 2006-06-21 12:19
gyuさん、こんにちは
>パティオに池を作って噴水で水音を聞かせる、これはアラブの影響だと思いますよ
そうですね、水の豊富な日本に住んでいると、あまり意識しませんが
そうでない地域では、水は、命と同じように大切なものですよね。
豊富な財力と、膨大な時間、人員を費やして、壮大な設備をし、水を自在に操る事は、支配者としての、夢と、権力の誇示のように思います。
アルハンブラの写真を初めて見たのは高校生の時でした。
何と美しい宮殿だろうと、抜けるような青空の写真の下に建つ宮殿に見入った物でした。

Commented by gyuopera at 2006-06-21 15:35
蓮華草さん、お孫さんを目を細めて見てらっしゃる様子が想像できます。

アルハンブラ宮殿は本当に驚異的な宮殿ですね。グラナダは夏がとても暑く、でも宮殿の中は涼しくてよさそうですが、冬は結構寒さが厳しいから、あれでは寒いだろうな~と思いました。
花の咲き乱れる庭園の真ん中に水路があって、両側から水が弧を描いて落ちるアルカサルは本当に天国のように感じました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-06-18 07:02 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera