聖体祭2 Casa de l'Ardiaca

Casa de l'Ardiacaという建物は、カテドラルに隣接した建物で、長い年月にわたって何度も建築様式を変えられてきました。一番初めの部分は11世紀のものですが、1510年に当時の様式になりました。
改装する際、入り口を入ったところにパティオを作ることになったのですが、建物の後ろ側が古代ローマの市壁にくっついているので、それを壊すわけには行かず、小さいパティオとなったのです。

さらにその後、1870年には別の持ち主に売却され、隣の建物と一つにつなげたので、またまたの大改造。今ある回廊のパティオが作られました。

その後1895年には、弁護士学校となり、Lluis Domenech i Muntanerが内装を手がけました。彼はカタルニァ音楽堂の設計で有名ですね。

最後に1920年、たてものはバルセロナ市のものになり、ここは歴史資料館となりました。
たてもの全体はゴシック様式ですが、一部にイタリアルネッサンス様式が見られます。

古代ローマの市壁は、建物の中から見ることができます。また、美しい玄関扉は15世紀に改装されたままのものが保存されています。
b0064411_555888.jpg


b0064411_5554395.jpgこの扉はいつもは閉ざされているのですが、今の期間だけ市民が自由に入ることができます。


ほら、入ってすぐにあるパティオに噴水が見えるでしょう。
b0064411_557192.jpg


踊る玉子が見えますか?

b0064411_5583039.jpg

この回廊つきのパティオはちょっと狭いので、上から見てみましょう。


b0064411_559456.jpg

b0064411_605486.jpg階段を上がると、パティオを見下ろすテラスになっています。


噴水が上から見えますね。
b0064411_614527.jpg

このテラスはとても素敵。
b0064411_625073.jpg

b0064411_631793.jpg


b0064411_634214.jpg

b0064411_6416.jpg

b0064411_645346.jpg

b0064411_651375.jpg

b0064411_653531.jpg


通りの向こうの古い教会の鐘が見えます。これは13世紀のSanta Lucia礼拝堂。見学はできません。
b0064411_66392.jpg

b0064411_695432.jpg

普段のパティオはこんな感じなんですよ.
b0064411_2144346.jpg

いつもは入れないところが見られるのはとても楽しいですね。そんなに広いスペースではないけれど、一つ一つのものに歴史が感じられて興味が尽きません。

聖体祭の散策はまだまだ続きます。



↓クリックしていただけると励みになります。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-06-18 06:10 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera