Teodor Ribalta通り

Cosmocaixaの裏玄関を出て階段を下りてゆくと静かな通りに入ります。ここがTeodor Ribalta通り。
この通りはそんなに長くはないのですが、皆一軒家で、それも100年くらいの古い家を修復した家ばかり。一軒一軒がとてもきれいです。

一番初めにあるのがこの家。 とても立派ですが、今修復工事の途中らしい。
b0064411_7272895.jpg


これはそのお向かいの家。なんとなく、アラビアン・ナイトを連想したのだけれど。
b0064411_729221.jpg


お菓子の家みたいでしょう。
b0064411_730584.jpg


とてもユニークな塀の家
b0064411_7304969.jpg


2軒の同じつくりの家の真ん中に共同のエレベーターをつけてありました。なるほど。
b0064411_732529.jpg

ピンクの花の木はライラック。この通りはライラックの並木です。

こんな頭の部分だけが塀から顔を出していました。一つ目小僧みたいな。
b0064411_7331499.jpg

ここの家の前のライラックは白ですね。

角にあった家の鉄格子の塀の中に見える玄関。すっきりしていてとてもきれい。
b0064411_7352498.jpg


その家にはすごく広い庭があるんですよ。
b0064411_7363370.jpg


この静かな通り、初めてでした。ぜんぜん生活臭がないですね。
b0064411_7413945.jpg


ここの通りをさらに進むと、ティビダボ通りになります。そこはまた大きな建物が一杯で圧巻です。
つづく

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by ヴァイオリン弾き at 2006-04-27 08:20 x
立体的な、遠近法を思わせる絵画のようですね。
手前に陰があるゆえ、窓に、扉に吸い込まれそうです。
その奥には何があるのだろう?
どんな生活が?
どんな家具が?
食卓の料理まで想像させるあたりが憎いです。
Commented by raindropsonroses at 2006-04-27 10:25
gyuさんへ。
おはようございます。微妙にデザインが違った家々、
モダンなエレベーターもしっくり来ていますね。
ライラックの並木かぁ……ライラックは僕の憧れの木でもあるんですよ。
それにしても、随分と背が高いですね!矢張り、暖かいからでしょうか?
100年単位で住む家を大事にするなんて、日本では考えられませんね。

ブノワ。
Commented by gyuopera at 2006-04-27 15:11
ヴァイオリン弾きさん、日本の小路と比べてずっとすっきり見えるのは、建物の美しさもさることながら、余計なものを外に出さないからだと思います。外観、町の調和を大切にするからです。個人主義のヨーロッパでも、そういうところは徹底していて気持ちがいいです。
それにしても、昼間からブラインド閉めている家が多いこと!
Commented by gyuopera at 2006-04-27 15:17
ブノワさん、おはようございます。
ライラックは大木を見たことが無いので、一般にはそんなに大きくはならないのじゃないでしょうか?花に手が届くことが多いですから... こちらではリラと呼ばれています。
ヨーロッパの古いものを大切にする心って、日本でももっとまねしたいですね。日本の古いものは美しいものがたくさんあるのに、家でも家具でも何でも新しいものが好きですよね。道路にゴミ一つ落ちていないのに、町がきれいに見えないのは、統一感が全然無いこと、家の外に何でも平気で置く無神経さ。帰国するたびとても気になります。
Commented by 蓮華草 at 2006-04-28 00:48 x
ああ、耳が痛いです。ここでこうしてシックな建物や風景を見るにつけ、日本の街の計画の貧弱さが目立つんですもの。
木と土と紙で、美しい、風土にあった建物ができるのに、戦後の日本は、コンクリートで固めてばかりですからね。
海岸線だって、テトラポットで埋め尽くすんですもの!
次男が、いくらいいおうちを建てても、調和と言うものを考えていないとよく言っていた事を思い出します。
いつか読んだのですが、日本は、明治村に代表されるように一箇所に固めてしまうやり方なんですって。
戦争で焼かれたと言っても、例えばドイツなどは長い時間をかけて修復を行なっていますよね。
そのくせ、憧れて似せようとするんですから。でも、似せようとなどせずに
日本の街並みを作ればいいんですのにね。
Commented by gyuopera at 2006-04-28 03:52
蓮華草さん、本当にそうですね。日本のよいところを見直して、物まねではなく日本らしさを出したら素敵だと思います。倉敷や岡山、金沢、京都、松本など、一部分ではあってもそういう雰囲気が残っていて、とても美しいと思います。ヨーロッパの人たちはとても個人主義がはっきりしていますが、不自由を我慢してでも、古いものを保存し、町並みの統一を取ろうと努力しています。
Commented by darklady at 2006-04-28 20:05
きれいなお家が新緑に映えていますね~!
素敵な街ですね!
Commented by gyuopera at 2006-04-28 23:19
darkladyさん、今の季節は本当にどこを歩いても新緑と花できれいですね。このあたりの家は皆100年くらい建っているのに、修復して間もないのか、ペンキ塗りたて、みたいですね。ちょっときれい過ぎるような...
歩いていてびっくりしました。こんな静かな通りに住むのはちょっと夜怖いかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-04-27 07:41 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(8)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera