玄関扉

バルセロナはほとんどが集合住宅。これはもうずっと昔からのことで、人々はその生活になじんでいます。 日本ではアパートというと安っぽく聞こえるらしく、マンションなんて呼びますが、これはとてもおかしいと思います。 アパートというのは、一つの建物が何軒かに区切られていて別の家になっていることを指すわけですから、高級であれ安アパートであれ、同じです。

バルセロナのアイシャンプル地区は、およそ100年ほど前にきちんと碁盤の目に区画整理して、そこに装飾たっぷりの美しい建物を競って建てました。その後、年とともに車の量が増えるにつれて、排気ガスをかぶった建物はみんなどす黒く見る影も無かったのですが、オリンピック前後から、一つ一つの建物に足場を組んできれいに洗い、市でも補助金を出して修復がすすみましたから、この15年で町は見違えるほどきれいになりました。と同時に、周辺都市も次々きれいになり、活気を帯びてきました。

バルセロナを歩いて一番目に付くのは建物の美しさだと思います。パリのような華やかさは無いのですが、よく保存されている建物が目立ちます。

今日はほんの一部ですが、扉に目を向けてみました。アパートの正面玄関です。

どっしりした木の扉。立派な彫刻が施されています。
b0064411_159851.jpg

b0064411_1595143.jpg

木にアイアンを組み合わせたものが多いですね。
b0064411_202546.jpg

b0064411_21744.jpg

b0064411_214733.jpg
b0064411_22376.jpg
b0064411_221838.jpg
b0064411_223461.jpg

こんな風にアイアンの門が付いている家もたくさんあります。
b0064411_225744.jpg

100年くらいのアパートは正面玄関の扉がとても大きいのですが、馬車に乗ったまま入ることが出来たのでしょうね。

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by raindropsonroses at 2006-03-30 03:09
gyuさんへ。
こんばんは。こんな時間ですが、ニスを塗って乾かしています(笑)
そちらの扉&門って物凄く重たいですよね。大の男の僕(体格いい)でも動かない時がありますもん(笑)扉の木彫までしっかりアール・ヌーボーですね!いつか、アイアンの門がある一軒家に住みたい……それから、玄関に小さなガラスの屋根(廂)がある家(笑)まるで夢ですね……。

ブノワ。
Commented by gyuopera at 2006-03-30 05:44
ブノワさん、額をつくっていらっしゃるんですか? 夜遅くまでご苦労様です。明日は会社ないんですか?普通のお勤めじゃないんでしょうか。
大きな扉は、いつも全部開けないで、くぐり戸みたいな部分だけあけてあるとか、半分だけあけてあることが多いですね。もう今は馬車が入ることは無いんですものね。
ブノワさんは将来どこにお住まいになりたいのでしょう?外国だったらそんな夢がかなうかもしれませんよ。ピーター・メイルじゃないけれど、執筆や写真なんかで余生を過ごせたらいいですね… 
Commented by amikajpn at 2006-03-30 11:50 x
うふふ…私、いつかスペインの「玄関」について書きたいと思ってたんです。といっても、建物の portal ではなくて1戸1戸の玄関扉ついてなんだけど。
貫禄のある魅力的な portal の写真が並んでるので、その時はトラックバックさせていただきたいと思います。書くのが遅いので、いつになるか分かりませんが。
前記事の反射ゾーンの話、本当に興味深いです。先日丁度、奥歯の詰め物が取れてしまっているのに気づいて…痛くはないんだけど…今晩お風呂で足の指を見てみます。
Commented at 2006-03-30 12:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyuopera at 2006-03-30 18:46
amikajpnさん、とてもたくさんのスペイン関係のことを書いていらっしゃるんですね。リンクをたどっていくととても楽しいのであとでまたゆっくり見せていただきますね。
同じスペインでも、バルセロナとマドリッドとでは食生活もかなり違うので、(魚の名前も違うことがありますし)、懐かしいチューロはなかなかお目にかかりませんが、サンタンデールニ行ったときはカフェにチューロがあったので、マドリッドにいたときはあまり食べなかったのですが、chulo con chocolateをいただきました。 
扉は本当に工芸品のようなものがたくさんあって、見ていて飽きないです。よく一軒一軒あんなに違う物を作ったなぁと感心してしまいます。
Commented by gyuopera at 2006-03-30 18:56
ヴァイオリン弾きさんこんにちは。
スペイン語命ですと、Gasparになりますが、その名前の村や町は検索に引っかかりません。Gaspar Sanz というギタースペシャリストがいますが、17Cですからもっと後ですね。
彼の本名 Da Saloは、Salo村の出身ですね。Bresciaにあるそうです。
スペインの出身地について、もう少し検索してみます。
Commented by ヴァイオリン弾き at 2006-03-30 20:34 x
宜しくお願いします。
お手隙の時で結構ですよ。
Commented by amikajpn at 2006-04-24 13:24 x
gyu さん、トラックバックが何度やってもエラーになります。のでコメントでお知らせします。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/amikajpn/view/20060424/1145851801
Commented by gyuopera at 2006-04-24 15:12
amikajpnさん、トラックバックありがとうございます。そちらのブログで、ドアは内側に開く、というの、目からウロコでした。日本は外側に開くのでしたっけ!?
私、ベルリンのホテルで、ドアが確か反対になっていて、それに気が付かないでたっぷり15分も格闘していたことがあります。通りかかった人が教えてくれました。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-03-30 02:16 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(9)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera