クラッシックカー・ラリー2

さて、日曜日の19日。あいにく小雨がぱらつく天気ですが、カサをさすほどではありません。
ラリー開始の市庁舎広場に行きますと、もう大変な騒ぎ。
b0064411_025988.jpg

とても近寄れないので、広場から出る車の通り道フェラン通りで待ちました。
そこにはすでに、こ~んなのや
b0064411_09274.jpg

b0064411_06599.jpg

金色のクライスラーも
b0064411_055364.jpg


さて、11時。いよいよしずしずと車が出てきました。ラリーといったって、スピードを競争するわけではありません。たかだか40キロ離れたシッチェスまで、2時間半をかけて行くのですから、途中に整備の時間も含まれているんでしょう。実際、出発して10メートルくらいで、調子が悪くなった車もありました。
さて、車のお通りです。
b0064411_0152729.jpg

ちょっとみにくいけれど、運転している紳士はシルクハットに燕尾服。このラリーで楽しいのは、乗っているほとんどの人がその車の時代の衣装を着けていることです。
b0064411_017921.jpg

オーこの人も。アルセーヌ・ルパンみたい。
b0064411_0182270.jpg

これはルノーですね。
b0064411_0194352.jpg

いかにもレーサー風。
b0064411_0203233.jpg

衣装も車も素敵だったので拍手が沸き起こりました。
b0064411_0212275.jpg

これも当時のレーシングカー
b0064411_0215567.jpg

ほんと、グレートレースの映画みたいです。
b0064411_023976.jpg

b0064411_0234542.jpg

楽しそうですね。
b0064411_024115.jpg

b0064411_0251015.jpg

一家おそろいで
b0064411_025343.jpg

まだぞくぞく続きます。
b0064411_0264746.jpg

これはちょっとマフィア一家みたいでした。
b0064411_0275969.jpg
b0064411_028174.jpg
b0064411_0283490.jpg

楽しい~
b0064411_0292425.jpg

フォード!
b0064411_030610.jpg

b0064411_03027100.jpg

盛んに拍手を浴びていた車。アールデコの衣装を付けた女性のたくましい腕が...
b0064411_0311278.jpg

グレート・ギャツビーみたいな
b0064411_0314550.jpg

b0064411_0322277.jpg

グレートレースだったら、悪者の博士が乗っていたみたいな車。
b0064411_033122.jpg

これはまた派手な。
b0064411_0341028.jpg
b0064411_0343291.jpg

美人が乗っているっていうのも絶対的要素かも。
b0064411_0345018.jpg

b0064411_036927.jpg

チキチキバンバンみたいですねぇ。
b0064411_0374448.jpg

いつも角度が同じですみません。
b0064411_0382913.jpg

この後に続くのは...もう写真が載せられません。この次ね。

↓クリックしていただけると励みになります。


Commented by raindropsonroses at 2006-03-20 10:35
gyuさんへ。
本当に沢山のクラッシク・カー!車も手入れされて嬉しそうだけど、何よりも楽しそうなのは、車に合わせて扮装している持ち主達ですね(笑)
アール・デコの衣装の女性、後ろの席の女性と較べると足並みの逞しさ(笑)この手の車は結構、需要があると思いますよ。時代物の映画を撮る時には必需品ですものね。
それにしても、木を曲げたり彫刻したり、金属も一つ一つ手作りの素晴しい意匠、今の時代では全く無理な話しになってしまいました。大事に手入れして長持ちさせて欲しいですね。

ブノワ。
Commented by amikajpn at 2006-03-20 11:23
楽しいイベントですね。市の企画? それとも自動車会社とか??
前のコメントに頂いたお返事に関連してですが、こういうのも日本じゃ考えられませんよね。先ず場所がない! クラシック・カーは、あるところにはあるものを持ってる方たちがどっかにしまって持ってる可能性もあるけど…いや、日本じゃそういう人たちは、クラシック・カーは買わないでしょう…そして何より、こういう企画を生み出す発想が、公の機関にも企業にも乏しい? か皆無!(苦笑)
でも gyu さんの仰る「生活の豊かさ」を普通の日本人に説明すること、「日本は負けてる」「日本は遅れてる」って分かってもらうこと、至難の業なんですよ…
Commented by gyuopera at 2006-03-20 16:15
ブノワさん、毎年参加する車は100台を越えます。こういう時代物の車を持っている人たちが、自分も本当に楽しみ、周りの人も楽しませてくれるっていうのがいいでしょう?
車にあまり興味の無い私でも、このラリーだけは必ず見に行きます。
車が一つ一つ手づくり、といった感じがして楽しいです。
こういう衣装もちゃんとこの日のためにしまってあるんですね。ここはカーニバルもあるし、アンティックの衣装もまだまだ使い道があるようです。
Commented by gyuopera at 2006-03-20 16:29
amikajpnさん、このラリーはアウディがスポンサーです。毎年100台を超える車が参加していますが、車を持っている人も、見る人も双方が楽しめるのがいいですね。
こういう車は完全に趣味のためでしょうし、メンテナンスが相当大変だと思いますから、かなりのお金持ちでないともてないでしょうね。

生活の豊かさは、生活様式によってかなり違うかもしれませんが、たとえば、バルセロナに家を持っている人の半数近くが別荘を持っているという事実からも伺えますね。
日本に帰って残念に思うのは、町の、建物の汚さ。プラスチックのプランターやベランダに翻る洗濯物は貧しさを感じますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-03-20 00:40 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera