ある学校

最近、家に変えるのに、かなり遠くてもバスを使わず全部歩いてしまうことがあります。
方向さえ定めれば、ひたすら歩けば家に着く。いつもはバス通りの両サイドしか見れなくても、足で歩くと片っ端から知らない通りに入ることが出来るので、新たな発見も一杯!

この間は通りかかったレンガの建物に入ってみました。
b0064411_1342370.jpg
並木の木は葉が全部おちていますが、メリアという木で、もうすぐ紫の美しい花が咲き、
その後葉が生い茂ってきます。今は黄色っぽい実がたくさん付いていました。


b0064411_1363522.jpg

建物の下はトンネルになっています。そこを抜けると
b0064411_13864.jpg

若い人たちで一杯。学校だったんですね。
b0064411_1394819.jpg

こちらの庭の木は若い葉を茂らせています。ジャカランダかしら?
b0064411_1411190.jpg

知らん顔して別の出口から出ました。
門はいつも開けっ放しで外部の人が入っても平気みたいでした。ほんとによかったのかな?
b0064411_1421011.jpg

学校の建物は大体が古いものが多いので、中に入ったらきっと面白いだろうな、と思いましたけれど、さすがそこまでは...ね。
イギリスやドイツ、アメリカでも、外部の人が学校に入って銃を乱射した痛ましい事件がおきましたが、ここはそんなこと関係なし、という感じでした。平和なのかな。

↓クリックしていただけると励みになります。

Commented by 言葉の旋律 at 2006-03-08 16:39 x
写真に感情がこもっています。
このままお続け下さい。
[言葉の旋律]より、、。
Commented by gyu at 2006-03-08 17:11 x
小笠原様、コメントありがとうございます。
いつもあまりじっくり構えて撮らないものですから駄作ばかりですが、それでも見に来てくださる方がいるのはうれしい限りです。
メルマガいつも拝読しています。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-09 20:09
gyuさんへ。
こんばんは。日本人に絶対に出来ないのが、建物のこの暖かいピンクの使い方です。建物の様式と紫の花に黄色い実!よく考えられていますよね。花が満開の頃の写真も見たいなぁ……と、おねだりしてみます(笑)
さて数年前の冬、パリ郊外のシャンティイを散策していて道に迷い、薔薇に釣られて迷い込んだ所がどうやら学校のようでした。小さい男の子が2人、走って校庭を突っ切って違う建物に……やがて、先生らしき人が出て来て行方を目で追っています。僕は目が合ったので、ジェスチャーで隠れている方を指差すと、先生もジェスチャーで「メルシ!」……今思うと、なかなかほのぼのとした平和なエピソード。日本じゃ校内には入れませんものね……このエピソード、今度ブログにアップしようかしら(笑)

ブノワ。
Commented by gyu at 2006-03-09 20:18 x
ブノワさんこんばんは。こちらではこの手のピンクを使った建物をよく見かけますね。庭の木と建物の設計は同じ人がするのか、paisajistaに任せるのかわかりませんが、そういうのは昔から進んでいますね。

楽しいエピソードありがとうございます。たくさんご旅行なさっているから、きっと数え切れないくらいいろいろなエピソードがおありなのでしょうね。書き記してみると、また思い出が新たになっていいものですね。ぜひアップしてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-03-08 01:43 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(4)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera