Torre de les AiguesとPermanyer小路

バルセロナのアイシャンプル地区は、きちんと碁盤の目に整然と作られた町並みがとてもきれいですが、その1ブロックの建物の内部空間は、そのブロックによって異なりますが、一箇所、昔から外部の人が入れる公園になっているところがあります。(最近はもっと増えたらしい)

b0064411_21553968.jpgそれはTorre de les Aigueという、水道の棟がある公園で、Roger de LluriaとDiptacion、Consejo de cientoの通りに囲まれたブロックの中にあります。


b0064411_2153180.jpg

そこにアクセスする道はRoger de Luria通りにある、こんなふうな真っ暗なトンネルを通ってゆかねばなりません。電気も無くてちょっといやな感じ。

b0064411_21281627.jpgトンネルを抜けて明かりの中に出ると、目の前にど~~んと、こんな高い塔が。
小鳥がさえずり、水の音がしています。あたりは静か~。


塔は水の中に立っています。
b0064411_21314983.jpg

池の側に立つと、ぼこぼこ水が噴出しています。
この塔は1867年にJosep Prool Mestresの設計で当時の貯水池として建てられたものです。
見たところ、そんなに古いものには見えないんですが、すでに140年前のものなんですね。
アイシャンプル地区は、立派な建物が並ぶ地区で、道を歩いていれば、こんな空間が中にあるなんて想像も付かないので、ちょっと面白いと思いました。

この塔のある道を挟んで反対側にある私道Permanyer小路は、今までも2度ご紹介したことがありますが、1階建ての低い優雅な建物がずっと連なった、1864年に作られたとても素敵な通りで、ここを通りかかるたび、ついつい写真を撮ってしまうんです。今はほとんどあちこちの家の改装工事も終わってきれいになっています。
b0064411_2142560.jpg

レモンが生っています。
b0064411_2142448.jpg
b0064411_21432258.jpg

プルーンが咲き始めていました。
b0064411_21454772.jpg

b0064411_21462630.jpg

b0064411_21471785.jpg

また、ブーゲンビリアの咲く頃はとてもきれいなので、その頃また通ってみようと思っています。

↓クリックしていただけると励みになります。

Commented by raindropsonroses at 2006-03-03 10:26
gyuさんへ。
ブーゲンビリアにレモン……バルセロナの温暖な気候が分かりますね。
ブーゲンビリアは何色なんでしょうね……あれも不思議な花です。
それから、門に付いている門灯!これワザと向きが逆なんですよね?初めて見る感じで素敵です。それから玄関脇に置いてある月桂樹らしきスタンダード仕立ての鉢植え……こう言うの好きなんですよねぇ。こう、上の方で丸くなっているのをシンメトリーで置くのって(笑)

ブノワ。
Commented by gyuopera at 2006-03-03 15:23
ブノワさん、おはようございます。
この一番下の家の門は、ブーゲンビリアが咲くときはとても見事なんですよ。以前撮った写真とリンクしてみましたのでご覧ください。
この小路を通るたびに、とても幸せな気分になってしまいます。
スタンダード仕立ての鉢植えを置いてある家やお店は多いですね。ベランダにきっちり等間隔で置いてある家も...私もルリマツリで挑戦したけれど失敗でした(笑)。 ベンジャミンでもやったんだけれど、なかなか丸く切るのって難しい...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-03-02 21:48 | バルセロナ案内 Barcelona | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera