カタルニァ歴史博物館

カタルニァ歴史博物館は、19世紀末、倉庫として使われていた建物の内部をすっかりモダンに改造して、ミュージアムにしたものです。今、ちょうど私の大好きなRamon Casasのポスター展をやっているので行って見ました。

b0064411_153458.jpg

この地区はバルセロネタといって、海鮮レストランが軒並み並んでいます。お昼が近いので、良いにおいが漂っていました。
b0064411_155962.jpg

入ってすぐのホールが吹き抜けになっていて、上から光が差し込んでいます。19世紀の面影が残っているのは天井くらいです。

エスカレーターとエレベーター、階段のほかに、車椅子でもOKのゆるいスロープの廊下があります。
b0064411_158496.jpg

ミュージアムの2階は石器時代から古代ギリシァ・ローマ時代、そして中世から18世紀まで。3階が近代。展示してあるものはどれもとても面白かったので、全部ゆっくり見て歩きました。今回2回目ですが、一人で来たので、興味があるところはゆっくり見れました。でもこのことはあまりにも長くなるので、この次に書きましょう。

今日のお目当ての展覧会は、20世紀初頭に活躍したラモン・カサスのポスター展です。
b0064411_283880.jpgb0064411_285392.jpg
b0064411_2102971.jpg


b0064411_2111178.jpg
b0064411_2113651.jpg

b0064411_2115152.jpg



ラモン・カサスの人物画は本当に素敵で、たくさんの素晴らしい作品を残していますが、当時のポスターや雑誌の表紙絵などでも活躍した人でした。

ちょっとカリカチュアのようなものも描いていますが、このタンデムは、クワトロ・ガッツという芸術家の集まるレストランの壁画として今も残されています。もちろん本物は美術館にあります。
b0064411_2164967.jpg

この展覧会に出ていたわけではありませんが、私の特に好きな2点の油絵はの二つ。
b0064411_2225224.jpg

「入浴の前」
b0064411_2233721.jpg

"Interior aire libre"
下の絵は、ラモン・カサスの家です。グラシア大通りにあるビンソンという大きな雑貨屋さんがその家なのですが、2階に大変広いテラスがあり、その場所です。今でもここに行くことが出来ますが、この雰囲気がたまらなく好きで、このお店にいってテラスに上がるたび、この絵を思い出すのです。

ミュージアムの4階はレストランとバールがあって、テラスにでると、バルセロナのヨットハーバーが目の前でした。
b0064411_2285795.jpg

向こうに見える山のようなところがモンジュイックの丘。
お昼時間でしたからレストランはかなり一杯。でも息子も家にいることだし、やっぱり家に帰りました。

↓クリックしていただけると励みになります。

Commented by darklady at 2006-02-12 16:22
はじめまして~♪
ブノワ。さんのBlogからきました 町並み 美術 音楽 フルートを勉強されているのかしら  とてもきれいなBlogなので またときどき訪問させてくださいね
Commented by gyu at 2006-02-12 18:05 x
darkladyさんこんにちは。書き込みをどうもありがとうございます。私は本職がテラピストで、後は全部趣味です。バルセロナのことをいろいろ知ってほしくて写真たくさんのブログにしています。西洋アンティックのWebショップもやっています(右のサイドバーから入れます)。
またぜひおいでくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-02-12 02:34 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera