Ramon Moscardon

昨日の新聞に、Pares画廊で、私の好きなバルセロナの画家、ラモン・モスカルドンの展覧会が始まったとでていたので、これは絶対に見たい!と思って今日早速出かけました。

Pares画廊はバルセロナの老舗画廊で、ここの売れ行きで絵の動向がわかる、とも言われているほどです。ランブラス通りからちょっと入ったPetrixol通りにあるので、ボケリア市場や、雑貨屋さんに行くときいつもこの画廊に入って、何の展覧会をやっているかチェックします。

画廊のショーウィンドーに飾ってあるのは夕方のカダケスの風景。
b0064411_6215291.jpg

彼は好んでカダケスの風景を描きます。これもそうです。こちらは朝ですね。
b0064411_6223298.jpg

彼はバルセロナの町の中もたくさん描いていて、いつも彼独特の人物を一杯入れるのです。よくバールの風景を描いていますが、喧騒がこちらまで伝わってくる、楽しい絵が多く、絵からおしゃべりが聞こえてきそうです。
b0064411_6252290.jpg


b0064411_650314.jpg


モスカルドンは(訳すと大バエですが...)1953年生まれ。双子の弟ジョセップ・モスカルドンも画家で、こちらはほとんど風景画。とても素敵な絵が多くて、私も10年ばかり前、貯金を全部はたいて一枚買って持っています。

b0064411_18455275.jpg



Pares画廊のあるPetrixol通りには、壁にさまざまなタイルが張られています。今日はこんなのを見つけました。
b0064411_632496.jpg
 

ちょっとアップして見ましょうか。


b0064411_6331626.jpg

「Joan Magrina Sanroma, ダンサー、振付師。1936年に、この通りの1番地に彼のスタジオを作る」


b0064411_6414368.jpg

この通りは、は一階にちょっと素敵なお店や画廊、そして昔ながらのカフェなどが立ち並んで、なかなか魅力的な通りですが、上を見上げると、歴史のありそうな建物ばかり。内部がどんな風になっているのか、興味しんしんです。

帰りに、大きな文房具屋さんに寄って、治療用ベッドの上に敷くペーパーのシーツのロールを買いました。ふっと見上げると、怖い顔が並んでいます。
b0064411_646333.jpg

もうすぐカーニバル。扮装に使うのかしら。ちょっとぞっとしますね。
ついでに近くのボケリア市場にも寄り、大荷物で帰宅となりました。しっかり主婦!

↓クリックしていただけると励みになります。

Commented by usaginosiratama at 2006-02-08 19:25
初めて知った画家ですが、なんだかステキな絵ですね。今にも動き出しそうな、ふんわりとした躍動感が、おもしろいですね~。
来月の旅行の際には、こういった通りもゆっくり見てみたいです。
↓カフェオレボール、かわいいです☆☆
Commented by raindropsonroses at 2006-02-09 00:27
gyuさんへ。
こんばんは。僕は風景画が大好き!写真、油絵、水彩画……技法がなんであれ目が行ってしまいます。お気に入りを自分の物にする喜びはひとしおですね。
欧米の建物って、日本のそれに較べると圧倒的に長寿じゃないですか。こう言うタイルって、建物に対する愛着や、自分が成し遂げた事に対する誇りが感じられて素敵ですね。その裏には、建物は永遠に残るって言う暗黙の了解があるように思えてなりません。自分は死んでも名声と業績は建物とともに永遠に残るみたいな……ちょっとロマンです。

ブノワ。
Commented by gyuopera at 2006-02-09 02:23
usaginosiratamaさん、この画家の絵はとてもバルセロナらしさを出しているので好きなんです。今ここでとても人気の画家です。町のキオスコなどでもポスターを売っているくらいです。
この通りはランブラスから一本入ったとおりで、Portaferrisa と共に、とても楽しいです。この付近を散策なさると、面白いお店が一杯ありますよ。旅行楽しんでくださいね。
Commented by gyuopera at 2006-02-09 02:31
ブノワさん今晩は。以前、素敵な絵を見つけたんです。桜の木の下の緑の草の上に椅子が置いてあって、その上にヴァイオリンがおいてあり、花びらがひらひら散りかかっていました。とても欲しかったんだけれど、貯金全部を下ろしても、どうしてもお金が足りなかったんですよ。あきらめたけれど、まもなく売れてしまいました。今持っている絵は同じ画家の絵ですが、あのヴァイオリンと桜の絵、まだ思い出しては、欲しかったな~って思うんですよ。縁がなかったんでしょうね。
もう一つは、手前に4本の遺跡の白い柱が立っていて、向こうは真っ青な海、それも素敵でした。画集に載っていない絵でも好きでたまらない絵って、買うしかないんでしょうか?
Commented by raindropsonroses at 2006-02-09 07:59
gyuさんへ。
僕は以前、ジャン・ジャンセンの版画を一度諦めて、幸運にも再会。迷わず買いました。自分で額縁を作り大切にしています。給料2ヶ月分!でしたが、今では想い出とともに僕の生涯の宝物です。他にも、有名無名、ロベール・ドアノー、ブルース・ウェバー、ハーブ・リッツ、藤田嗣治……今となっては手が出ないものまで(価格が2〜4倍!)……無理して手に入れて良かったと思っていますよ。今の僕があるのはこれらの作品のお陰と言っても過言ではありません。毎日素晴しい作品に触れて心が豊かになりましたもん。
お答えになりましたでしょうか(笑)

ブノワ。
Commented by gyu at 2006-02-09 21:34 x
ブノワさん、藤田嗣治までお持ちですか! もしかして、猫百体の一枚とか?私の姉もその一枚を持っていますが、いいですね!秋田の美術館で、作品をたくさん見て、とても感激しました。ランスの聖堂も行きましたよ。今となっては 藤田は手が出ないなぁ...良い絵を毎日見ていられるって本当に幸せですものね。いつか、お写真見せてくださいね。コメント2回もどうもありがとう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2006-02-08 06:49 | 展覧会、展示会 exposition | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera