リセウ劇場でオペラ「リゴレット」を鑑賞

今回リゴレットは、アボノに入っていたけれど、なかなかいく気がしませんでした。
まず第一に、私はヴェルディがあまり好きでないこと、音楽的に興味がわかないこと、一般にヴェルディを歌う歌手は目立つことばかり考える人が多くて、閉口してしまうことなどなど。でも写真を見ると、ちょっと面白そうなステージングなので、まあ、行ってみようか、つまらなければ半分で帰ってくればいいし、と思って出かけました。

b0064411_05545120.jpg

b0064411_06023870.jpg

この日の配役は

Duc de AMantua Antonino Siragusa
Rigoletto Angel Odena
Gilda Maria Jose Moreno
Sparafucile Enrico Iori
Maddalena Ana Ibarra
Giovanna Gemma Coma^Alabert

指揮       Riccardo Frizza
演出       Monique Wagemakers
衣装       Sandy Powell

写真はすべてリセウ劇場のFBからお借りしています。

幕が上がると、マントゥーヴァ公のお城の広間。 ステージに大きな四角に区切ったところが広間の設定。ごちゃごちゃしているよりすっきりしてなかなかいい。
b0064411_05310635.jpg

b0064411_05553742.jpg

b0064411_05553711.jpg


道化役のリゴレットは、公を笑わすのが仕事。
b0064411_06231109.jpg


好色のマントゥーヴァ公は、その日気に入った婦人たちと戯れ。
b0064411_05553858.jpg


マントゥーヴァ公役のSiragusa氏は毛が無いので、初めどれがリゴレットでどれがマントゥーヴァ公かわからなくて。どうしてかつらつけないんでしょ?
b0064411_05553856.jpg

b0064411_05553861.jpg

b0064411_05553744.jpg

b0064411_06231119.jpg

リゴレットの家は、真ん中に長い階段があって、部屋らしくはないけれど、面白いと思った。

b0064411_06023942.jpg





b0064411_06023790.jpg

b0064411_06023972.jpg

使用人ジォヴァンナの手引きで侵入したマントゥーヴァ公の甘い言葉に、リゴレットの娘ジルダはすっかり恋に落ちてしまう。

b0064411_06023791.jpg


そして、彼が去った後も、「なんて素敵な名前」と彼を思う。このアリアはなかなか熱唱でした。
b0064411_06023888.jpg

b0064411_06023893.jpg

この後、ジルダはマントゥーヴァ公の取り巻きたちにさらわれてお城に連れていかれる。

ジルダのことが気になる公。でも取り巻きがジルダをさらって来てくれたので大喜び。
b0064411_06231317.jpg


b0064411_06231313.jpg

   
b0064411_06023728.jpg


それを知ったリゴレットは、公に復讐を誓い、殺し屋に依頼。
b0064411_06023880.jpg


b0064411_06231125.jpg

公を忘れられないジルダに、彼がほかの女性を口説いている現場を見せるが、やっぱりジルダの心は変わらない。公暗殺の殺し屋の兄妹の話を聞いて、自分が身代わりになることを決意。


殺し屋に礼金を払って死体を確認すると娘のジルダだったことを発見して絶望するリゴレット。
b0064411_06231263.jpg

とくに有名な歌手は出なかったけれど(一日、レオ・ヌッチが出演)、みんな上手だったし、大音響で勝負‼的な歌手もいなくてよかった。
b0064411_06335859.jpg

このステージ、こんな風になっているそうです。
この四角の部分が上がったり下がったり、斜めになったりする
b0064411_06231216.jpg

リハーサルの様子
b0064411_06231226.jpg

おひげもいろいろ取り揃えてあるようで
b0064411_06231286.jpg


これは歌手たちの額屋。結構立派ですね。まあ、新しいですからね。
b0064411_06391304.jpg
あちこちの額屋を見たけれど、マドリッドのテアトロレアルも一部屋ずつシャワーが付いていてきれいでしたね。
ひどかったのはザグレブ。鉄のベッドが一つあって、監獄みたいでした。ベルリン州立オペラも狭くかなり古かったですね。チューリッヒやミュンヘンはまあ広かったけれど、シャワーなんかは無論なし。古いところが多いですからね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
Commented by ぐらっぱ亭 at 2017-04-05 10:10 x
随分斬新な舞台ですね。現代に置き換える演出って、珍しくないですが、こんなスタイリッシュな舞台なら見てみたいです。それにしても、gyuさんがヴェルディ嫌いとは!私はワグナーは苦手ですが、ヴェルディ、プッチーニは大好きです。ところで、文中マントヴァ公爵のOdena氏とありますが、公爵はアントニーノ・シラグーサが演じたのでは?
Commented by gyuopera at 2017-04-07 03:20
♪ぐらっぱ亭さん、コメントありがとうございます。
そうでした!名前を間違えてました。訂正いたしました。ありがとうございます。
昔からヴェルディはあまり好きじゃなかったんですが、今は一層・・・でも、今回はステージングがなかなか斬新で面白かったし、歌手たちもよかったので、かなり楽しめました。とにかく大音響で歌う、という歌手だと、逃げ出したくなってしまいます。
ワーグナーは好きです(全部とは言わないけれど)。モーツァルト、ロッシーニも。ドニゼッティはもういいです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2017-04-01 07:24 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera