暖房の管の水漏れ

昨日の夕方、下に住む方が来て、

「お宅で水が出ていませんか? 家のクローゼットの中に水漏れがしているんです」

我が家は今のところ、どこにも水は漏れていないといって、一応見てもらうと、下の家に行きました。廊下のクローゼットの天井から、ぼたぼた水が垂れています。これは大変、すぐ管理人さんに言わなくては。

ほどなくして、建物の管理をしているサンティがやって来ました。
一見水漏れはどこもないように見えたのですが、壁が湿気ではがれているのを発見。

「たぶん、クローゼットの中の壁を壊さなければいけないでしょう。明日来ます」

と言って出て行きました。

クローゼットの中身を全部出してみますと、壁から水がしみ出して少し湿っています。
やがて、シューという音とともに、かなり出て来る水の量が増えました。
慌ててバケツとモップで水を取り、床板の上にビニールを敷き、タオルを当てて水を吸わせました。
出て来る水はかなりの量でしたから、夜中じゅう起きて10分ごとに水を取る作業をしました。

翌日またサンティが来て、どんどん出ている場所を見て、やがて建物の保険会社の人が来て、クローゼットの木の壁を切り取りました。

b0064411_21542853.jpg
水はシューっと音を立てて出ています。ちょうど壁の向こうにあるラジエーターの継ぎ目のところから出ていて、保険会社の作業員は、

「私にはこれはリペアできない」

と言って出て行きました。これだけ水が出ていれば、5分おきにモップで拭かなければなりません。
アルミの缶を置いて、出て来る水を受け止めることを思いつきました。全部はダメですが、ある程度はこれで受け止めてくれます。

b0064411_21542834.jpg

b0064411_21542988.jpg

やがてまた別のランピスタ(水道・電気工事を請け負う人)が来て、

「この向こうのラジエーターを使わなくすれば工事は割と簡単です」

といいます。廊下のラジエーターはそんなに必要ではありませんでしたから、すぐOKしました。
建物の集中暖房を止め、ランピスタは材料を取りに行って帰ってくると、案外早く修理してくれたのです。

b0064411_21542900.jpg

こんな風に、上からガッチリ金具で留めています。
水はもれなくなりました。

b0064411_21542734.jpg

しかし向こう側のクローゼットの壁部分はもう黒くなって、ひどい状態。
水は止まったけれど、またクローゼットの中を直すのに時間がかかりそう。

b0064411_21542872.jpg

今回は先に下の家に水漏れが起こったので、我が家としては水を取る作業ができたのでまだよかったのですが、知らずに寝ていたら、朝になったら家じゅう水浸しで、床板も全滅になっていたことでしょう。まあ、不幸中の幸い、だったかもしれません。この建物はもうすぐ築50年ですから、配管などいつまた壊れるかもわかりません。集中暖房は快適ですが、こうなると大変~。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2017-01-25 21:53 | 日々のこと cotidiana | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera