L'AuditoriでJean Rondeauのチェンバロを聴く

11月29日に、L'Auditoriの小ホールで、Jean Rondeauのチェンバロコンサートに行きました。

b0064411_08461181.jpg

Rondeauはまだ25歳!21歳の時にブルージュの国際チェンバロコンクールで優勝、 l’EUBO Development Trust賞受賞、プラハ国際ハープシコードコンテストで2位、フランスのヴィクトワール賞受賞etc.

b0064411_08461154.jpg

コンサート前に、その日に使われた楽器の説明会がありました。
b0064411_08461110.jpg

会場はバロックを聴くにはちょうどいいくらいの大きさ。
b0064411_08461227.jpg

今回はRondeauのバルセロナで初の演奏会。ステージには2台のチェンバロが置いてあり、一つは1737年にハンブルグで作られた Crhistian Zell。バッハの時代に作られたチェンバロです。シノワーズ柄。
b0064411_08461203.jpg


b0064411_08461291.jpg

Rondeauが登場。白いワイシャツに腕まくり、ゆったりしたパンツに音のしないスニーカー。演奏者としては異例のスタイル。写真で見るより髪が伸びて、イエス・キリスト風。

曲目は、バッハとスカルラッティ。この二人、同年に生まれ、同じ時代に活躍したのですね。

1. Johann-Sebastian Bach(1685-1750)
Preludi(Fantasia) en Do menor, BWV997
Fantasia en Do menor, BWV906

2. Domenico Scarlatti(1685-1757)
Sonates: K.213 en Re menor-Andante
K.119 en Re major-Allegro

3. Johann-Sebastian Bach
Suite fransaise num.2 en Do menor, BWV81
Allemande-Courante-Sarabande-Air-Menuet-Gigue

4. Domenico Scarlatti
Sonates: K.208 en La major-adagio
K.175 en La menor-allegro
K.30 en Sol menor-cantabile
K.426 en Sol menor-allegro

5. Johann-Sebastian Bach
Xacona en Re menor(de la Partita per a violin Num.2, transcripcion Johannes Brahms)

初めはバッハのPrelude. 月の光の滴のような音に心を奪われます。現代チェンバロよりも音が典雅でやさしく秘めやかな音がします。それにしてもこの和音、この音の組み合わせ、バッハってなんてすごいのでしょう。

b0064411_08460995.jpg


b0064411_08461000.jpg



b0064411_08461043.jpg


b0064411_08461065.jpg


この18世紀のチェンバロがかなり気に入ったようで、チェンバロに拍手し、なでなでしていました。
b0064411_09032349.jpg


b0064411_09032393.jpg


b0064411_09032485.jpg


そしてアンコールにこたえて3曲も演奏してくれました。
b0064411_09032429.jpg


b0064411_09032581.jpg


b0064411_09032492.jpg


終わった後、チェンバロを反対側に回って見て見ました。
b0064411_09032525.jpg


b0064411_09032551.jpg


b0064411_09032251.jpg


b0064411_09032390.jpg

鍵盤の上にこんなに装飾がついています。
b0064411_09043295.jpg


b0064411_09043382.jpg


会場を出たら、サイン会をやっていたので、私もCDを一枚買って(初めのCDはもう持っていたので、新しく出た Vertigoというのを買いました)並びました。

b0064411_09111845.jpg

b0064411_09043376.jpg


向こうに立っているのはボーイフレンドかな
b0064411_09043428.jpg


b0064411_09043155.jpg


照れ屋さんなのかも。
b0064411_09043273.jpg
彼の演奏を、バッハの時代のチェンバロで聞くことができたのは本当にラッキーだったと思います。

Youtubeで、この時演奏したBachがお聞きになれます。


演奏した曲の一つ、シャコンヌ。
私はヴァイオリンのほうがずっと好きで、チェンバロの演奏は嫌いだったけれど、彼のシャコンヌは納得。聞かせました。


彼はヘアブラシなんて持っていないんだろうなぁ…
買ったCD Vertigo, とても気に入りました。おすすめ。
b0064411_09111845.jpg



↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

Commented by yokodak at 2016-12-03 00:34 x
長髪&長髭で一瞬誰かと思いました!ジャン・ロンドー君、4月にはゴルトベルクで日本デビューしますよ。18世紀のチェンバロを生で聞く機会はなかなか無いですよね。エイジングによって響きもやさしくまろやかになっていくのでしょうか。見ているだけでも典雅な音が聴こえてきそうです。
Commented by gyuopera at 2016-12-03 07:47
♪yokodakさん、コメントをありがとうございます。
日本でもコンサートの予定があるのですね。25歳でもう世界中演奏旅行なんてすごいですね。
18世紀のチェンバロは、キンキンした金属音が少ないように思いました。小さいホールでしたし、演奏の評も載らなかったのですが、とても素敵なリサイタルでした。チェンバロ演奏だけで感動することって今までなかったのですが、彼のは心を揺さぶられましたね。
日本ではどんなチェンバロを使うのでしょうか。楽しみですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2016-12-02 07:39 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera