リセウ劇場でMozartの「魔笛」を聴く

今期リセウ劇場の初めのオペラは モーツアルトの「魔笛」

b0064411_07274976.jpg

演出は(演出というのか)ベルリンのコミッシェオパー、全面的にアニメーションを使った舞台。
これじゃ見る気しない、と思ったのですが、アボノに入っているし、音楽を聴くだけだっていいと思って出かけました。
「魔笛」は、特に曲に関しては正直私の一番好きなオペラかもしれない。今まで本当にいろんなところでさまざまな演出で見たけれど、なかなかいい演出のものが無いんですね。はしゃぎすぎるパパゲーノや、ビブラートかけまくりのパミーナなんて、げっそり…

今回のは、舞台は別として、音楽だけはかなり良かったと思います。

今期のアボノは、かなりケチって5階席(笑)。
かなり横のほうだけれど、このくらい舞台が見えれば上等!
b0064411_07274947.jpg

天井がよく見える(笑)。
b0064411_07274967.jpg


b0064411_07274970.jpg


b0064411_07274911.jpg


b0064411_07274939.jpg

こうしてみると、みんなもう普段の服装ですね。
b0064411_07274979.jpg


b0064411_07274929.jpg

ドレスアップしている人なんかほとんどいない。
でも帰るとき、地下鉄に乗ったら、周りは、あ、オペラ帰り、といったちょっとドレスアップした人がたくさんいましたけれどね。

さて、その「魔笛」です。
写真はLiceuのHPからお借りしています。

舞台は白い壁で、そこに映し出すアニメーションに合わせて歌手も動く。
壁の真ん中あたりの高いところにくるりと回る小さな台があって、歌手たちがそこで歌うようになっています。

長めの序曲(ああ、でも大好き!)が終わると、まずタミーノが大蛇に追いかけられている場面ですが、タミーノの足の部分はアニメで、必至になって走っている様子がおかしい。



このトレーラーを見れば大体わかりますね。

大蛇をやっつけた3人のdamaたち
b0064411_08065556.jpg

3人とも素敵なタミーノ王子に恋してしまう
b0064411_08054818.jpg


パパゲーノの登場
b0064411_08065612.jpg

夜の女王は大蜘蛛!

b0064411_08072678.jpg

魔笛箱のティンカーベルのような妖精
b0064411_08065542.jpg


b0064411_08065663.jpg

モノスタトに追いかけられるパミーナ
b0064411_08065518.jpg

パパゲーノ対モノスタト
b0064411_08054885.jpg

先にパパゲーノとパミーナが会います。
b0064411_08065552.jpg

ザラストロ。クルト・モルを思い出す。
b0064411_08072604.jpg

これから試練を受けなければならない3人
b0064411_08054844.jpg


僧侶たちはシルクハットとスモーキングといういで立ち
b0064411_08054995.jpg

元気を出すパパゲーノ
b0064411_08065516.jpg

沈黙を守る試練の時でもおしゃべりをやめないパパゲーノ
b0064411_08065519.jpg

3人の少年たちがごちそうを運んできてくれる
b0064411_08065578.jpg

火と水の試練に向かうタミーノは、エレベーターでずーっと地下に下りてゆく
b0064411_08054884.jpg

火の試練
b0064411_08054890.jpg

やっと会えたパパゲーノとパパゲーナ
b0064411_08065686.jpg

夜の女王と3人のdama、モノスタトの最後
b0064411_08054899.jpg

大団円
b0064411_08243228.jpg
ステージには不満が残るものの、音楽はとても良かった。生で聞くとやっぱりCD聞いているのとは違いますから…
タミーのは、この役で一躍有名になったアライサの声にとてもよく似ていて、凛とした声が素敵でした。クルト・モルを思い出すザラストロもよかった。
夜の女王はサングラスをかけ白いかつらをかぶっているので、本当に蜘蛛の頭のようだったけれど、歌はヒステリックな感じで良かった。パミーナはビブラートかけすぎでちょっと。パパゲーノはアニメではふざけていたけれど、本人はきちんと歌っていて、初めは硬かったけれど、なかなか良かったです。
全体的に男性歌手がよかったですね。

指揮 Antonello Manacorda

配役
Sarastro Dimitry Ivashchenko

Tamino Jussi Myllys

夜の女王 Olga Pudova

Pamina Maureen McKay

dama1 Mirka Wagner

dama 2 Karolina Gumos

dama 3 Nadine Weissmann

Papagena Talya Lieberman

Papageno Richard Sveda

Monostatos Johannes Dunz

久しぶりの生の「魔笛」、楽しみました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

Commented by yokodak at 2016-09-16 23:46 x
一時期魔笛をやたらと観に行っていましたが(いずれも日本でですが)、最近観てないな〜と、楽しく読ませていただきました。
魔笛は1920年代のサイレント映画のような演出…私は結構好きかもです(笑)。トレーラー、思わず繰り返して観てしまいました。でも、リセウのような劇場で観るなら違う演出の方が良いかな。
何より歌手陣が素晴らしいのが一番ですね!
Commented by gyuopera at 2016-09-19 07:33
♪ yokodakさん、コメントありがとうございました。
魔笛は私の一番好きなオペラなんです。でもいい演出って、案外少ない。
今回のは、サイレント映画っぽく、セリフは歌手が言うのではなく、要約して字で映し出されるのです。ですから、感動するようなことはありませんでした。どちらかと言えば、お子様向きで、かなりがっかり。まあ、コミッシェ・オパーの演出ですからね。
アライサが歌ったときのバイエルンの魔笛、歌手も演出も、今でも一番よかったと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2016-09-16 07:11 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera