カタルーニャ音楽堂でバッハのロ短調ミサを聴く

音楽続きですが、今夜はカタルーニャ音楽堂で、バッハの「ロ短調ミサ」を聴きました。

b0064411_07074382.jpg

今回、4列目の真ん中に席を取ったら、ここの平土間って、1,2列が無くて、3列から始まるんですね。4列目ということは2列目。それも1列目は、ステージにほぼくっつくくらい近くて、前を人が通れないくらい。
ですから、2列目でも前過ぎて、もう少し後ろに取ればよかったと思いました。

b0064411_07074342.jpg

b0064411_07074402.jpg


b0064411_07074492.jpg


b0064411_07074493.jpg


b0064411_07074471.jpg


ステージの壁から乗り出している音楽の精(?)達ですが
b0064411_07074448.jpg


このフルート、逆なんですよね。
b0064411_07074537.jpg


このチェンバロ、立派な足がついています。
b0064411_07074345.jpg

指揮はバロックの大御所、ウィリアム・クリスティ。彼はアメリカ生まれで、なんとハーバード大学を出ているのですね。1971年からフランスに住んで音楽活動をしています。
オーケストラは、クリスティの Les Arts Florissants(レザール・フロリサン)
今回の第一ヴァイオリンは、ヒロ・クロサキ氏! にこやかで、クリスティとPJとチッチの録音風景の動画の時と全然変わっていません。

プログラムのソリストを見たら、ソプラノにキャサリン・ワトソンが入っていてびっくりしました。私は彼女のヘンデルのオラトリオ、テオドーラをパリで聞いています。この時もクリスティ指揮でした。

ソプラノ  Katherine Watson
カウンターテナー  Tim Mead
テノール   Reinoud Van Mechelen
バス     Andre Morsch

男性3人は、プログラムの写真はみんなあごひげが無いのに、ステージに出てきたら、3人ともあごひげをはやしていてだいぶ雰囲気が違いました。

クリスティがさっそうとステージに出てきました。
Youtubeなどで見ていると、とてもお爺さんに見えるけれど、まだ72歳で、ステージに立つとやたらとかっこいいんです。そして、びしっとしたモーニングに黒い靴、真っ赤な靴下をはいているんです。

b0064411_07074340.jpg

演奏が始まった途端、ああ、バッハだ! と体に旋律が走ります。
ホント、もう少し後ろの席にすべきでした。
ソリストたちはコーラスの中に入っていて、一緒に歌っています。そして独唱の時だけ前に出てきます。

ワトソンさん、控えめだしキンキンする声ではないので、ミサ曲にはぴったり。カウンターテナーはカウンターアルトのパートですが、クリスティはカウンターテナーがお好きのようです。テノールもよかったけれど、バスが明るい声のバスで、素敵でした。

中で一番有名な Agnus Dei 、静かで大変美しい曲で、カウンターテナーが歌いました。

この曲、きっとお聞きになったことがあると思います。



盛り上がるところは盛大に盛り上がって、素晴らしい演奏でした。
b0064411_07292718.jpg


b0064411_07292658.jpg


b0064411_07292742.jpg


b0064411_07292774.jpg


b0064411_07292703.jpg



b0064411_07292784.jpg


ヒロ・クロサキ氏。拍手していたら、目が合ってしまいました。そしたら、にっこりしてくれました。
b0064411_07292860.jpg


b0064411_07292606.jpg


クリスティ氏の赤い靴下。とても目立ちます。
b0064411_07292642.jpg

b0064411_07385176.jpg


b0064411_07385087.jpg


いいコンサートでした。

外に出ると、プレンサの彫刻がライトアップされていました。
b0064411_07385106.jpg

↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
Commented by yokodak at 2016-06-18 23:27 x
クリスティの真っ赤な靴下、チャーミングですね。
ヒロ・クロサキさんのヴァイオリンは好きです。彼の弾くモーツァルトのソナタも良いですよ。
本当、清澄なワトソンの声は宗教曲にぴったりですよね。コンサートレポートを読んで、久々にロ短調ミサが聴きたくなりました。
Commented by gyuopera at 2016-06-19 01:15
♪ yokodakさん、いつもコメントをありがとうございます。
クリスティ、手の動き、指の動きがきれいで、ステージ姿はとても素敵です。
コンサートが終わると、オーケストラのみんなを変わりばんこにねぎらっていました。
ヒロ・クロサキ氏は、出て来る時は、「俺はコンチェルティーノ」って感じではなくて、なんだかみんなより遅れちゃってすいません、て感じだったのでおかしかったです。クリスティがステージに登場して彼にあいさつすると、ウィンクなんかしていました。好感度100%!
ワトソン、クリスティとはずいぶん共演していますね。マドリッドのPJのポッペアの時も出演(希望、だったかしら)していたんですね。彼女のテオドーラもとても素敵でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2016-06-17 06:49 | オペラ、コンサート musica | Comments(2)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera