アウディトリでサバドゥスとケルン・コンツェルトのコンサートを聴く

昨夜はアウディトリで、「ファリネッリ」と題する、若きカウンターテナーValer Sabadusと、ケルン・コンツェルトのコンサートを聴きました。

早めに行ったら、ティオルバ奏者たちが音合わせをしていました。
かなり派手な色のチェンバロが。
b0064411_06354990.jpg


バロックアンサンブルのコンツェルト・ケルンは、当然オリジナル楽器使用。
b0064411_06354940.jpg

バロックは楽器を見ているだけで楽しい。
b0064411_06354961.jpg

サバドゥスはバルセロナで初演奏。上のほうはみんな空いていたけれど、平土間はまずまずの入り。
b0064411_06354988.jpg

プログラムを見ると、あまりなじみのない17,18世紀の作曲家たち、まあ、Hasse や Porporaくらいは知っているけれど、の作品が並んでいる。
あれ、サバドゥス君が歌うのはたった4曲。それはないなあ…

まずケルン・コンツェルトの演奏で、Conforto作曲 ”L'Endimione, Minuet i Fandango". なかなか上品な音を出すが、ヴァイオリンが何度か音が合わないのが気になった。
続く Hasseの Sinfonia en Sol menor no.6 op.5は良かったんだけれど、単調で少し眠くなる。
3曲目のNebra BlascoのSeguidilla は、スペインでのコンサートだから選んだのだろうか、華やかなカスタネットの音が入る。ところが、ホールの音響のせいか、拍手のように聞こえてしまうのね。
アンサンブルのコンチェルティーノは、Midori Seilerさん。日本の血が入っているのかしら。第一ヴァイオリンの中には日本の女性もいて、なんだかうれしくなる。でも残念ながら一度もにこりともしない・・・(?)。

さて、それからやっとサバドゥス君登場。
若くすらりとした彼、慌てて出てきたのか、シャツの第一・第二ボタンをはずしているのはいいけれど、襟が片方ジャケットの中に入ってますよ。カフスも両方全部出ているのが気になる。
Giacomelliの "Adriano in Siria"から、”Quell usignolo che innamorato". 本当にウグイスのような歌唱でテクニックを駆使したアリアだけれど、長いカデンツァが3回も出てきて、そのたび、終わるかと思うとまた続く、少しまとまりに欠けるようなアリア。彼のイタリア語のディクションもちょっと気になった。
続く "Amor dover rispetto"も、やっぱり激しく上がり下がりするテクニックを要するアリアで、モーツァルトのコシ・ファン・トゥッテの「岩のように」のアリアを思い出してしまった。
彼のテクニックは素晴らしいけれど、2曲ともテクニックだけ披露する感じの曲で、印象が薄くなってしまうのね。

休憩後、またアンサンブルの演奏が3曲、でも後半はとても生き生きした演奏で楽しかった。前半のかったるい雰囲気は吹き飛んでしまった。
それからサバドゥス君登場、今度はちゃんと襟を直して出てきた。
歌ったのがジャルスキーでおなじみの "Alto giove", Nicola Porporaの ”Il Polifemo"からのアリア。長い曲だけれど、他のがみんな長かったから、これはかえって短く感じたくらい。美しく歌われて、とてもきれいなオーナメントを付けていて素敵だった。ジャルスキーは、詩の内容をはっきりと伝えようという意思が聞きとれ、わりと重い感じに歌うのだけれど、サバドゥス君はもっと軽やかに美しく歌うことに徹しているように思えた。
続いてBroschiの、長いレチタティーヴォの付くアリア、”In van ti chiamo, in van ti cerco"。レチタティーヴォはディクションがよくないとやや迫力に欠けるかも。これもテクニックを駆使してのアリア。で、歌った4局中3曲がこういう感じだったので、印象が薄れてしまって残念。彼はゆったりしたテンポの曲をとても美しく歌うのに。


b0064411_06355748.jpg

b0064411_06355772.jpg

b0064411_06354875.jpg


アンコールにこたえて歌ったアリア(名前はわかりません)がとても素敵で、ドラマチックに歌われて、それが一番よかったかも。
b0064411_06354888.jpg

アンコールは一曲のみで退場、あとはアンサンブルの演奏。

ということで、みんな思わず立ち上がって拍手喝采、というジャルスキーの時のような湧き上がるような感動が無かったのは仕方がないかも…。でも思ったより楽しめました。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2016-04-02 06:33 | オペラ、コンサート musica | Comments(0)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera