ピ教会でリコーダーとチェロのコンサートを聞く

日曜日の夜、ピ教会(ピ、とはカタラン語で松の木のことです)で、リコーダーとチェロのコンサートがありました。

b0064411_05422638.jpg
ピ教会は1306~1391年に、以前あったロマネスク教会を壊して建てられたものですが、今回のコンサートは、入り口を入って右側にある、小さな方の礼拝堂で行われました。

そちらの礼拝堂は、1486年に建てられたもの。

b0064411_05422555.jpg

早く着いたので、入ってみると、二人がリハーサル中。
b0064411_05422682.jpg

b0064411_05422533.jpg

b0064411_05422671.jpg


b0064411_05422597.jpg


リコーダー奏者は、私が今度入会したリコーダーのグループの指揮者でもあります。
入っていくと、すぐ見つけて手を振ってくれました。
b0064411_05422525.jpg


リコーダーは、アルト、テノール、ソプラノの3種類を使って演奏。
b0064411_05422574.jpg


b0064411_05411041.jpg

聖ホセ・オリオルの像。この礼拝堂で、奇跡的な治癒をしたそうです。
b0064411_05422559.jpg

こちらは1936年の内戦時に焼かれてしまったので、レプリカ。
b0064411_05570862.jpg

b0064411_05570800.jpg

天使がたくさんいます。

b0064411_05570725.jpg


b0064411_05570789.jpg

b0064411_06013867.jpg

15世紀の石の壁
b0064411_05570846.jpg


b0064411_05570868.jpg


b0064411_05570853.jpg


b0064411_05570827.jpg

プログラムは
 Johann Sebastian Bach(1685-1750) Sonata en Fa Major BWV1035

Giuseppe maria Dall'abaco(1710-1805) Capriccio 1 en do menor

Thomas Mancinus(1550-1612) Bicina sobre "Anchor che col partire"

Girolamo Frescobaldi(1583-1643) Canzona per canto solo sopra la Bernandina
Domenico Gabrielli(1640-1690) Ricercare No.3 en Re Major

Jacob van Eyck(1590-1657) Onse Vader in Hemelryck

Benedetto Marcello(1686-1739) Sonata II

初期のバロック音楽ですが、この教会は、作曲された時代よりさらに古いわけですね。ついつい石壁に見とれてしまいました。

b0064411_06013827.jpg


勿論とても素敵な演奏で、このくらいのサイズの礼拝堂では良く響き、とても良かったです。
b0064411_06013829.jpg
アンコールに吹いてくれた曲が、テレマンの12曲のファンタジーのうちの一つだったのです。これは昔フルートで吹いたことがあるので、懐かしくうれしかったです。
テレマンの時代は、現代フルートは無かったのですから、リコーダーやトラヴェルソで吹いたわけですものね。


↓クリックしていただけると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。
ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへジモモ バルセロナ

Commented by otebox at 2015-10-08 08:37
gyuさん、石造りの教会の響きはさぞかし素敵だったろうと推察いたします。いいなあ。チェロとリコーダーの相性もばっちりですもんね。
私のグループにもチェロ奏者がアルトで加わってくれております。音のずれやテンポの間違いを鋭く聞き分ける能力は、私には備わっていないのでとてもありがたい監督のような存在です。
Commented by たま at 2015-10-08 16:00 x
リコーダー。懐かしいです。学校ではソプラノとアルトを授業で使いましたが部活ではテノールを吹いてました。もううん十年前ですけども。リコーダー演奏を耳にすると立ち止まって聞いてしまいますよ
Commented by yokodak at 2015-10-09 00:11 x
テレマンの12曲のファンタジー、大好きです!トラヴェルソ版はよくリコーダーで演奏されますね。あの曲集をリコーダーの素朴な音で聴くと、なぜか森の中を散歩している気分になるのです。テレマンの無伴奏ヴァイオリンのためのファンタジーもとても素敵な曲集です♪
Commented by gyuopera at 2015-10-09 00:40
♪oteboxさん、こんばんは。
リコーダーは、習い始めると思ったよりずっと奥が深くて、びっくりしております。演奏をしている人を見るといかにも簡単そうに吹いているけれど、とんでもないんですねえ。毎日頑張って練習しております。
チェロを弾く方がリコーダーも演奏なさるのですね。チェロやヴァイオリンは、自分で音を作っていくわけですから、音感も優れているわけですね。生まれ変わったら、やってみたいです。
Commented by gyuopera at 2015-10-09 00:43
♪たまさん、こんばんは。
学校でそんなにいろいろのリコーダーを習われたんですか。すご~い。
私の時代は、プラスチックのソプラノのリコーダーしかなかったですよ。あの頃のことを思って、すぐ拭けるようになると思ったら大間違いでした(笑)。
もう、頑張るしかないです。
Commented by gyuopera at 2015-10-09 00:49
♪yokodakさん、こんばんは。いよいよ明日出発ですね。
テレマンの12曲のファンタジー、フルートで吹いているときは、そんなに面白くなかったのですが、こうして聞くと、なかなかいいものですね。無伴奏ヴァイオリンのためのファンタジーは練習してらっしゃいますか?なかなかいいですね。
旅行楽しんできてください!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by gyuopera | 2015-10-08 05:40 | オペラ、コンサート musica | Comments(6)

私と一緒にバルセロナを散歩しましょう Vamos a pasear conmigo en Barcelona!


by gyuopera